« お花見シーズン到来(花に嵐も) | Main | 草木の芽吹く »

2006.04.03

桜三昧

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。しかし、また風が強いです。
春は風が強いもんですが、今年は特にすごい日が多い気がします。
でもね、すっかり暖かくなりましたね。
昨日も夜はすごい雨でしたが、そんなに寒くなかった。
しかし、あまり暖かくなられると・・・・今編んでいる和田くんのベストが間に合わなくなってしまう!
この週末まったく編み物ができなかったので、ますます季節がずれ込んできています。
この週末、大勢の方たちがそうだったと思いますが、私も・・
お花見をしていました。
特に土曜日、東京は絶好のお花見日和でした。


先週は、寒い日もありましたが、そのせいもあってか、お花見によい日がけっこう続いていたような気がします。
私は、先日もかいた、区役所前の公園から始まって。
30日には、職場で千鳥ヶ淵へ。
Hanami330
(お堀の水とのバランスが幻想的でステキな千鳥ヶ淵の桜です)

土曜日は、
怪談のお友達と一緒に菅刈公園でお花見でした。
Hanami401
(もっと明るいうちに撮っておけばよかった。近くの目黒川の桜がめっちゃくちゃすごい!一見の価値有)

お酒とおつまみの持ち寄りで。
この集まりはみんな舌が肥えているので、お酒もお料理も贅沢です。
よく行く居酒屋のマスターが、隣の西郷山公園で、偶然お花見をしていて、ちょっと寄って下さったのですが、
「ハイソな呑み」と言われておりました。
夕方からは、もつ鍋の「蟻月」へ。
1度行きたいと思っていたのですが、予約もなかなか取れない人気のお店で、今回は、美棒さんのご尽力で行くことができました。
やっぱおいしいです。あまり有名なお店って、どーなのかな~って思う所もあるのですが、評判どおりで嬉しかったです。お店の雰囲気もよかったし(以前恵比寿の方へ行った人の話で、店員が高ビーだったとゆー証言があったので)。
そして、3次会はカラオケ。
4次会もカラオケ。
オールですよ。オールでカラオケ。
しかし、今回途中からさすがに眠くて、歌いたい歌もなくなってきて、オールでカラオケは辛い年か!?と思ってしまったですよ。


日曜日の朝7時に帰ってきて、こっそり居間で寝ていたのですが、家族が起きてきたので、寝室で寝直しました。
って最初から寝室で寝ろって感じですけど・・・・。
お昼に目が覚めたら、台所の換気扇が回って、テーブルの上には使った皿とコップが出しっぱなしで、階段の電気が点いていた。・・・・けど家族がいない。
マリー・セレスト?
この日もお花見の予定だったので、出かける用意をしていたら帰ってきた。
近所で遊んでるのかと思ってたら、駅前の公園まで行っていたと。
電気くらい消して行け。


お花見は地元戸越公園です。
Hanami402

この公園は、たま~に来ると、その度にきれいになってるなぁ。
桜も本数は多くはないけれど、かなり立派。
この日は、昨日菅刈公園に寄って下さった、居酒屋のマスターが幹事で、お酒はお店からで、おつまみ等は持ち寄りで。
持ち寄りって気軽でよいですね。
昨日は予報もあまりよい天気ではなかったのですが、2時過ぎ頃ポツポツ雨が降り出してきたので、参加していたおネエさんがやっているお店へ移動。
このお店も何度か行っていますが、カクテルの飲める、60sっぽいかわいいお店です。
この日、うちの小娘はどーゆーわけか、めちゃくちゃ興奮してしまって大騒ぎでした。
けっこう皆さん
「子供好きだから~」とかなり相手をして下さったのですが、マジですか!?って感じ。大恐縮です。
和田くんはその後、みなさんと別のお店へ行っていましたが、私は昨日の疲れもあり、眠くて眠くて、だったので、小娘を連れて帰りましたヨ。
家に帰ったらもう起きていられなくて、ソファーに横になって、気が付いたら夜中でありました。
しかも娘に、「眠いよ~」と言って起こされる母。たまにのことなので・・許してください。


土曜日に着ていた着物
Hanamikimono

この時期、桜の帯はもう締められないので、どーしよーかなーと悩んで、「桜の木の下には」って感じで、ちょっと怪しめにしようと思い、地獄柄の帯をまずチョイス。
「桜の森の満開の下」で、羽織裏を般若とか野晒しにするのもよいかも・・・。って持ってないけど。あっ骸骨長襦袢は持ってる。それでもいいなぁ。来年はそーしよーかな。
お着物の方は、明るめにやっぱ「花」って感じにしたかったので・・・って、そのまんまですけど・・
桜柄の小紋です。
想像している時は、どーかな~と思っていたのですが、実際に合わせてみたら思っていたよりよかったです。
画像では色がうまく出ていませんが、帯揚げはうっすーーーい黄緑。帯締めは、芥子色とどっちにしようか悩んだ結果、ベージュに決定。
帯のせいなのか、なんとなく寂しい感じがしたので、えとっふさんで買った薄ピンクの帯留を付けてみました。


★★★今日読んでいる本★★★
「あなたの話はなぜ「通じない」のか」山田ズーニー/筑摩書房

|

« お花見シーズン到来(花に嵐も) | Main | 草木の芽吹く »

Comments

をを!!
帯のアップありがとうございます。
かっこいい!
やはり着物は小物使いですね。
年期が違うな。がんばろーっと。

また飲みにいきましょーね。

Posted by: ちゃる | 2006.04.03 at 16:06

土曜日はお疲れ様でした。
翌日、赤羽の伯母のところで着物を頂いてきました。茶系の紬で、羽織の裏に、伯母の手描きの友禅。伯父の見た夢を、伯母がデザインして仕上げたと言うもので、伯父は、未だであってない場所なんだけどね。と。
 水車に、川に、松の木にお屋敷。
 着物で飲み会も良いですな。

Posted by: 尚休 | 2006.04.04 at 15:03

どちらさまも、
土曜日のお花見お疲れ様でした!
私も疲れました。でも楽しかったです。また遊びに行きましょうネ。是非!

>ちゃるさん
うむ、小物は難しいですね。
最近は、かなり帯を中心にまとめています。しかし、なんとな~く、地味目になりつつあるのはやっぱ年?などと思ったり・・・。
ちゃるさんのように、ビビッドにも挑戦してみたいです。
でないと、死蔵品になりつつある帯とかもあるのです!チャレンジです。

>尚休さん
うわ~・・贅沢ですね~。
昔の方は、帯に自分で絵を描いたりとかもよくしたようですね。よいな~そうゆーの。
着物メインで飲み会ってゆーのも、なかなかよいですね(^^)。やりたいですね。

Posted by: じゅんこ | 2006.04.04 at 17:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/9409264

Listed below are links to weblogs that reference 桜三昧:

« お花見シーズン到来(花に嵐も) | Main | 草木の芽吹く »