« 亀を買いました | Main | さっぱりわからん »

2006.04.10

命名 コレオ

みなさんこんにちは。
今日のお天気は曇りです。天気予報の降水確率は40%。しかもけっこう寒いです。
しかし、昨日やっと和田くんのベストが編み上がり、なんとか寒いうちに間に合った、とゆー感じでちょっと嬉しいです。
しかし、初心者・・棒針編みはほぼ初めてとはいえ、なんとなく「ボロッ」って感じです。
よくマンガで、不器用なヒロインが好きな人のためにセーター編んで・・・その効果音ってゆーのかが
「ボロッ」ってのがあるけど、まさにあんな感じ。あれは真実だったのだな~。と実感しましたよ。
でもすごく喜んでくれて、私も嬉しい。
来年はもう少し上手くなってると思うから。んで、もう少し早く編み始めるからねっ。


さて、突然やってきました。
亀。
夫が突然突飛な物を購入してしまうとゆーのは、我が家では割とよくあることで、我が家的に社会問題になっております(最近かなり改善された)。そして思い出されるのは、数年前に起きた「2頭の象」事件。未だにあれ程開いた口が塞がらなかった事はありません。
しかし、話せば長くなるし、今の話と関係ないので、また別の機会に譲りましょう。


実のところ、予備知識をインプットされた私は、すでにちょっと引いていました。
まず、リクガメは日本の亀じゃないから、もともとの生息地の環境に合わせてやらなければならない。そのために絶対にしなければいけないのは、気温を調整してあげること。
具体的には、暖かい所の生き物なので、室温を上げる。どーするかと言うと、ケージに保温機を取り付ける。そしてトーゼンのことながら、取り付けるだけではなく、それを稼働させる。稼働させるためには電気がいる。電気料金がかかる。24時間365日。
ぐはっ。
たびたびこのブログでも書いているように、我が家の電気代、めちゃくちゃ高いです!亀いなくても!すでに!
さらに、リクガメは大きくなります。かなり。
さっき書いた環境のためには、必然的にケージが置けるのはリビングになります。ただでさえ狭い我が家のリビングに、デカイ亀。
勘弁してください。
そして、亀は長生き。初心者向けのでも、きちんと育てれば20年くらいは生きる。
初心者で20年。娘のために飼って、へたすりゃその娘がお嫁に行ってもまだ生きてる亀。もしかしたら、孫ができてもまだ生きている亀!そんなに育て続けられるのか?動物苦手なのに!?


しかし、すっかり飼う気になっている夫や娘に、今更そんな・・なんかどーでもいいような理由で、イヤだとは言えない。って言ったけど。ちなみに、わたし的に一番のネックになったのは、20年生きるってトコ。
電気代は、夫が計算して、月およそ1500円くらいのアップ(ショップの人の話で、暑い季節には保温は必要ないとのこと。考えてみればトーゼンですね)。
選んだ種類は、20cmくらいにしかならないので、ケージも最初に揃えた60cm×35cmの物がずっと使える。
そして、何年生きるかは・・・まぁ飼ってみないとわからないしね(って、一番のネック、全然解決されてません!)。
生き物を飼うってゆーのは、なんにせよ、なにかしら苦労が伴うのよね。そしてその手間暇が飼い育てるとゆーことなのね。
んで、子供が一人増えることを考えれば、やっぱお手軽だわ。つかやっぱ亀はかなり楽みたいです。
なので、それはもう覚悟の上で、決めましたよ。
でも、最初決めていたのと違う種類になっちゃった。
とにかく、育てやすく、価格も安いのって思っていたのだけれど、価格は最初考えてたのの3倍以上でした。で、ミドリ亀とは、桁がふたつ違ったよ。
でもかなり育て易いようです。
やっぱね、いくら保温機使うリクガメでも、寒さにもある程度強いのが安心です。
選んだのは「ヒガシヘルマンリクガメ」とゆー種類のオス。CBってやつ・・・日本で繁殖させた物ってことだそーです。日本生まれ日本育ちの地中海リクガメ。
ショップの人が餌を食べてる所を見せてくれて、もうこの辺りから、
夫の「今日買う」モード、かなり入ってきました。でも私は一応言ったのよ。「感じがわかったってことで、帰りますか」と。しかし、もうどれか連れ帰らないことには動かないって感じでしたよ。って実際生返事だったし。
何匹かいる中から、きちんと餌を食べていて、よく動いてて、甲羅の形と色がよいのを選びました。お店にいたのはだいたいよく食べてよく動いていたので、甲羅の形と色。それと、好奇心が強そうなのが気に入った。


そして今、我が家にいるのであった。
Leo1

名前は「コレオ」に、割と簡単に決定。
夫が、なぜだか、春らしい名前にこだわった。
「小さいレオ」で「コレオ」です。


★★★今日読んでいる本★★★
「比較文化論の試み」山本七平/講談社学術文庫

|

« 亀を買いました | Main | さっぱりわからん »

Comments

うわ~亀さんだ!!
コレオくんというのですね。
リクガメはとても正しい選択です。

子供はなぜか亀が好き。ウチの娘は小さい時、異常に亀が好きで。。保育園のお友だちが飼いきれなくなったミドリ亀を貰ったりして、、一時期はミドリ亀王国だったことも。。
ミドリ亀 けっこうくさいし、凶暴だし。
頭悪い。でも娘が気に入っているし、生き物なので勝手に処分できない。
引き取り手を求め右往左往した。
当時の思い出が蘇ります。

リクガメはいいな。画像も可愛い感じです。

Posted by: ちゃる | 2006.04.11 at 10:19

 子供でなくても、亀、好きです。
 数年前、我が家でも、飼って居りました。
 銭亀、と言うから小さいままかと思ったら、草亀の幼生で、一尺を楽に越えてしまい、脱走を繰り返し猫に襲われそうになり、仕方なく、神社にお神酒と神饌料を付けて池に奉納させていただきました。

Posted by: 尚休 | 2006.04.11 at 15:37

>ちゃるさん
娘さん、異常にお好きでしたか(^^;)。
ミドリ亀は、今も昔も子供に一番馴染みのある亀かもしれませんね。
私は、昭和ガメラを映画館で見た世代ですが、また新作ガメラもやってるし、亀人気意外と歴史があります。

私が子供の頃は、兄がクサガメのよーな亀を筆頭に何匹か飼っていましたが、どうやって育てていたのかは全然覚えてなかったりします。

コレオも早くなついてくれるといいな~。

Posted by: じゅんこ | 2006.04.11 at 16:13

>尚休さん
そーなんですよね。
クサガメは、雌の方が大きくなるそーですね。
子供の頃は、家に小さな池があったので、そこで飼っていて、一応死ぬまでいました。
いわゆるヌマ亀も、愛好家は多いようですが、やっぱ水質管理ってかなり大変そう。つか、金魚の水さえ大変と言っている私にはとうてい無理ですね(^^;)。

もっと暖かくなったら、コレオも散歩に連れて行こうと思っているのですが、ネコ対策は要検討なのです。

Posted by: じゅんこ | 2006.04.11 at 16:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/9518897

Listed below are links to weblogs that reference 命名 コレオ:

» 爬虫類ペット [ブログで情報収集!Blog-Headline/happy]
「爬虫類ペット」に関連するブログ記事からハッピーコンシャスなものを選んでみました。いろいろ読み比べて、あなたの理想のHappy!を見つけてください。 =200... [Read More]

Tracked on 2006.04.21 at 11:56

« 亀を買いました | Main | さっぱりわからん »