« いまどきのお子さま・・を育てている(2) | Main | だらだらスキー旅行 »

2006.03.03

いまどきのお子さま・・を育てている(3)

みなさんこんにちは。
また寒い日が続いていますね。
今日は朝から雨・・・と思って出たら、歩いている途中で晴れてきおって・・・。
また洗濯物乾燥機にかけちゃったよ!とか、今朝は直行で、自転車で行けば楽チンな所だったのに!とか、朝からちょっと調子っぱずれです。
先週末・・・ちょっと頭痛があって、大した痛さでもないのに、なんだか、そこからずるずると気持ちが落ち込んできて、日曜日はほとんど寝て過ごしてしまいました。
しかし夫は仕事で、幼児は「遊んで~」と、ベッドの上にゲームボードを広げ、とほほな気分のまま月曜日を迎えてしまいました。


柄にもない「育児論」を繰り広げてしまって、
笑止千万。片腹痛い。と思っていたら盲腸炎だった(「すすめ!パイレーツ」)。
って感じで、かなり飽きてきてますけど、まぁたまには、少し考えてみることも必要だと思うので、もうちょっと書いてみます。


昨今の基礎学力低下、学力格差の広がり、とゆー話を聞くと、トーマス・エジソンの母には程遠い我が身としましては、学校教育の問題とゆーのは大変気になるところです。
しかし実際のところ、それがどれくらい深刻なのかとゆーのは、まだ肌で感じるような位置にいないので、ピンとこないのです。
具体的にわかるのは「OECD(経済協力開発機構)」の調査で出てきた数字くらい。
このOECDの学力テストで、何がわかって、何が問題になっているのかと言いますと、どうやら高校生の「数学的応用力」と「読解力」の順位が、ガクーーーーッと下がっているとゆーことらしいです。つまり文章を読んで、その内容を理解したり、数学の知識を生かすとゆーのが苦手な高校生が増えているということです。
これから益々日本人も国際社会へ出て、何かせねばならないのに、これはまずいじゃないかってことらしいですね。
これについては、トーゼンのように、「ゆとり教育」が悪いんじゃないか?とかゆー意見があったり、
イヤ、「ゆとり教育」の影響はない、とか、それぞれに、聞けば「なるほど」と思うような意見が色々出ていて、おもしろいんだけど、まぁ難しくもあって、ここではとても語りきれない。ので、この話はこれで終わり。


で、単なる噂かもしれないけれど、学校で教える内容がどんどんレベルダウンしているとか、通り一遍の授業しかしないので、勉強に興味が持てないとか・・そーゆー話を聞くようになって久しい。
そーゆーのを、「困ったな~」と思って、じゃぁ学校以外の所で勉強させよう、と考えるのはトーゼンだと思うのです。
余談だけれど、私の従姉妹は2歳の子供を塾へやっていて、「ええっ!?」と驚いたら、幼稚園に入れるまでは、そーでもしないと一緒に遊ぶ子供がいないと言う。山間の町。
でも、塾に通うにはお金がかかるのです。
先日、娘と一緒に近所のデパートのキッズコーナーへ行ったら、小学校3年生くらいの男の子を連れたグループがいて、その中のどの子だかが塾に入ったとゆー話をしていました。
入学金10万円、月謝2万円。で、その時は「へ~・・そうなんだ」と思っただけなのだけれど、後でたまたま読んだ新聞の記事に、今時は小学生でも塾代に年間100万円くらいはフツーで、しかも学年が上がると授業料も上がって、その間には模試の受験料とか別に取られて・・とゆー話が載っていて、ひっくり返りそうになりました。


さて、ここまで書いて、私はこーゆー問題を論じるには、あまりに器が小さくて、あ~も~肩こった~・・って感じでして。結論として、
我が子を育てるだけでいっぱいいっぱいだしィ。いまンとこ、我が家のご近所は、子供育てやすい環境って言われてるしィ。もうそれでいいよって気になっています。


最後に、
労働災害の資料を調べている時に見つけた記事で、その年の自殺遺児の高校への奨学金申請が申請者の13.7%で、3年前の1998年の2.2%から7倍近くになったというものがありました。
2001年の物だったので古い話題なのですが、最近でも毎日のように「人身事故」で電車が止まっているのを見ると、どうなっているんだろう?と気にかかるのです。
それと、今年のお正月の新聞記事で、最近小学校の教材費が払えない家庭が急増中とゆーのがありました。
鉛筆さえ持ってこられない子供が増えているのだそうです。
そーゆー話をしたら、東京近県で中学教師をしているとゆー人が、それは本当の話で・・とゆー話をしていました。
少し前に話題になって、訴訟にもなった、某S区の給食費を払わないってゆーのとは全然違う話で、払いたくても払えないのだけれど、一方で、子供の教材費を親がパチンコでスッちゃう、とゆーこともあるそーなのです。


子供を残して自殺しちゃう親も、子供の教育費をパチンコで使っちゃう親も、
「バッカな奴だね~」だけど、そこにはバッカな親を持つ子供たちがいる。
とゆーことをせめて、心に留めておくだけ。


★★★今日読んでいる本★★★
「きものが欲しい!」群ようこ/世界文化社

|

« いまどきのお子さま・・を育てている(2) | Main | だらだらスキー旅行 »

Comments

体調良くなりましたか?この時期は気候が不安定だから、お大事にね。
なんだかこの時節は、座標が定まらないというか、いろんな悪さするものが風に乗ってふわふわしているような心持です。

日曜日はウチのダンナも何故か、頭が重いと一日寝てました。

自殺する親もパチンコでスル親も困った親だというか、覚悟がないのかいな。と思いますが、とりあえず子供を大人にするまでは。と歯を食いしばる親の方が今日び少なくなっているのかもしれません。
なんか変だよ、最近の日本。

この話題については、いろいろ話したいこともあるのですが、BBSではなんなので、お目にかかる折まで、とっておきますね
(あ。でも頭の痛い こ難しい話しではないです)

Posted by: ちゃる | 2006.03.07 at 16:02

>ちゃるさん
コメント毎度ありがとうございますm(_ _)m。
うむ、デリケートな話題ゆえ、やはり掲示板上では伝えることに限りがありますね。
ってゆーか、記事書きながら、とてもここでは書ききれない!と痛感しましたです。
ぜひお会いした時に語りあいたいです!

そう・・なんだか、ここのところ、妙にふわふわと浮き足立っているような変な気分です。やはり春はそーゆー季節なのですね。
やはり花見ですね。花鎮めですね。

予定を確認後、某所にて、お花見の都合レスいたします。

Posted by: じゅんこ | 2006.03.07 at 16:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/8858667

Listed below are links to weblogs that reference いまどきのお子さま・・を育てている(3):

« いまどきのお子さま・・を育てている(2) | Main | だらだらスキー旅行 »