« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.29

お花見シーズン到来(花に嵐も)

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
見ればわかるんですけど、このブログは、「ココログ」を使っているのですが、最近メンテ多すぎで、かなり不満でございます。
基本的に私は、昼間しかネットをしませんので、記事の書き込みも昼間しているのですが、メンテはだいたい昼間で、しかもここんところ、それが日中ずっと、とゆー状態なので、そーゆー日はつまり書き込みができないとゆーことになるのです。
しかも昨日は、いきなりコメントの投稿の仕方が変わっていて、結局独力では投稿ができず、家に帰ってから和田くんに口述筆記をしてもらいました。
な、わけなので、今日自分の書き込みを見たら、主に漢字使いが自分と違っていてとても不自然で笑っちゃいました。
ちなみに、なんで同じ家にいて、自分のパソコンもあるのに、和田くんに口述筆記をしてもらったかと言いますと、家に帰った時、私は、
ベロンベロンに酔っぱらっておりまして、起きあがることもできない有様であったとのことよ。とほほ。


夜中に、バラバラと何かが降る音で目が覚めました。
アラレでも降っていたのかも。
でもその時は「アラレ」とは思いつかず、「雹」だと思い、車とか鉢植えが気になって、なんとなく外を見たりしながらウロウロしてしまいました。
朝になってから、その話をしていたら、娘が、
「ヒョウってなに?」と聞くので
「アフリカとかにいる、ネコに似てる動物だよ」と教えたら
「なんでヒョウが降ってくるの?」と聞くので、色々教えてあげました。
夫には「嘘を教えるな」と怒られました。
いいじゃんねぇ。私は、無数の小さな豹がバラバラと落ちてきて、そのまま闇に走り去る姿を想像すると嬉しいよ。
Runwith
今頃その豹たちは、草の陰や家と家の隙間とかにひっそりと隠れているのだよ。


昨日、なぜそんなにベロンベロンに酔っぱらっていたかといいますと、
久々に仕事の外出で九段下へ行ったら、お堀の桜がかなりいい感じで、暖かかったので、仕事帰りに急遽家族でお花見をしたからなのでした。
行ったのは区役所前の公園だけどね。
去年は娘と二人で行ったのだけれど、今年は夫も一緒に行くことができました。
今年のお花見の予定は色々入っているのだけれど、家族だけで行く予定がなかったので、なんとなく
「行かねば!」とゆー気になってしまったのです。


駅前で、お弁当・おつまみ・ビールを購入し、公園へ。
桜は、まだ5分咲くらいでしたが、街灯に照らされて、星が散っているようできれいです。
桜の木も、去年より育って大きくなっていて、満開の時にはかなりの迫力だろうなぁと想像できました。
夜になり、風が出てきて寒くなったので、場所を行きつけの居酒屋へ移しました。
甘い物が欲しくなっていたので、梅酒を頂いて、鍋を頼んで、ホコホコになって
で、ベロンベロンになって、帰ったのでした。
酔った勢いで、娘と追いかけっこをしたのも効いたかも・・・。とほ~。


★★★今日読んでいる本★★★
「目に見えないもの」湯川秀樹/講談社学術文庫

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.03.27

怪力乱神を語らず

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
日に日に春めいてくる~って感じで、楽しいです。
しかし、私の周りは体調を崩している人がけっこういて、まぁそーゆーのも「春」の風物かもしれない。
とゆー私は、特別に体調不良とゆーことはないのですが、先週末から今朝も、すっごく眠かった~。
「春眠暁を覚えず」とゆーわけではなく、いかにも「疲れから来る眠気」とゆー感じでした。
で、土曜日は予定が色々あったのでやっとこさ起き出して、外出も含め忙しく歩き回っていたりしたのですが、昨日の日曜日は、仕事へ行く和田くんを送り出してから、午前中はほとんど居間で横になっていました。
ほんとーは、TOCの「得の市」へも行きたかったし、近所の商店街に「ふれあい動物園」が来ているとゆーので、子供を連れて行ったりしたかったのだけれど、出かける元気ナシ。で午後も夕飯の買い物以外は家にいました。
ってまぁ、元気がなかったのも本当だけれど、片付けなければならない用事も山積みだったので、どっちにしてもバーゲンへ行く余裕はなかったのです。まぁ行けば無駄遣いしかしないのはわかっているので、よかったかも。


さて、土曜日は、返さなければいけない本もあったので、図書館へ行ってきました。
行っても借りるのはいつも子供の本。自分で読みたい本を借りても、たいていはその時期読んでいる他の本があるし、3週間で読み切れるかわからないから。
でも、子供のコーナーにもけっこう興味深い本があったりする。
土曜日は、名画に描かれた聖書・・・みたいな本が目について、前から、西洋画を見るときに、聖書の話がわかっているともっとおもしろいだろうなぁと思うことがたびたびだったので、借りてみた。
絵の解説とゆーよりは、聖書物語の挿絵に名画を持ってきたとゆー感じの編集だったので、当てが外れたのだけれど、単なる聖書物語とゆーよりは、もっとざっくりと書いてあるので、入門的でお手軽でよいかも。
この本を、夜寝る前に子供に読んで聞かせている。
ひとつひとつの話は短いし、自分も興味があるので、寝物語に聞かせるには都合がいいのである。
ところで、幼児というのは、質問をする生き物である。
脊椎反射で「どうして?」と発声してしまうようである。
で、この本にも幼児の脊椎反射を喚起する言葉は満載で。
「神様はどーして、知恵の木の実を食べちゃいけないと言ったの?」
そして親は、わかってなくても、なんらかの回答をしなければいけないのである。
「いろんな事がわかって、神様と同じ事ができるようになると、神様が困るから」
「どーして、カインからの贈り物は受け取らなかったの?」
「エホバは狩猟民族の神様だから、穀物をもらっても嬉しくないから」
「どーして、バベルの塔を壊しちゃったの?」
「みんなが仲良くしてるのがおもしろくなかったから」
・・・・・・
「神様はそんな意地悪をしちゃダメだよね~」
いっいかん!
いや、別に悪くはないけど、いきなり、なぜ私は、よそんちの大将を否定するようなことばかりすり込んでいるのだ!?って別に意図してやっているわけじゃないんだけど、説明するとそーなっちゃうんだよなぁ!
これじゃぁ文句ばっか言ってるヤな奴って感じジャン?
なんでもっとこう穏やかな事が言えないのだ?たとえばさぁ
「善悪を知り悪い事を覚えることを心配したからよ」とか
「何をされても、謙虚に神様の心に従わなければいけないのよ」とか・・・
・・・・・心にもないことだけどナ。
そして、今夜もまたこの本の続きを読むのです。
そして、子供はきっとまた何やら質問してくるのでしょう。
そして、私はまたいい加減・・ではないのだけれど、怪しい回答をするのでありましょう。
神様ごめんなさい。


★★★今日読んでいる本★★★
「目に見えないもの」湯川秀樹/講談社学術文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.23

いい物を買いに

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかし、また今日は少し寒くなりました。春とはいえ、いつもこんなに寒暖の差が激しかったか知らん?
体も気持ちも落ち着きません。
みなさんも、こうゆー季節、体調にはくれぐれもご注意下さい。
ってゆーのも、うちでは和田くんが首の筋を違えて苦しんでおります。聞くところによると、春にはそーゆー所を傷める人も多いのだそうです。
私も去年の頸椎症があるので、気をつけたいと思います。なんでも、股関節を広げるストレッチをするとよいとか。


夕べからの雨で、今日は少し寒くなりましたが、気が付いたらいきなり桜がけっこう咲いていて「あらあら?」とゆー感じです。
昨日は、夜上野へ行ったのですが、公園の桜は、場所によってはもう充分お花見できるくらいでした。
上野へは、「十三や」さんというお店が目的で行きました。
つげ櫛屋さんです。
先日NHKの番組で紹介されているのを和田くんが見て、子供用に買ってやりたくなったのだそうです。
で、夜の時間が少し空いていた昨日、雨の中家族で行ってきました。
1736年創業とゆー、店構えも老舗らしい落ち着いたステキな造りです。
いくつか商品を見せて頂いて、蘊蓄を聞かせて頂いて、目の粗い大きめな物をひとつ選びました。
選んだ物は髪梳き用で、本当はこれ以外にも髪をまとめるための物とか、用途によって使い分けた方がよいのだそうです。が、選んだ物だけでも、実のところ「子供になんつー贅沢!」と思うほど高価だったのですよ。まぁよい物は一生物だというし・・・大事に長く使えるならば、少し贅沢なくらいでもよいのかも・・・。そして、折りに触れて少しずつ揃えてあげるのもよいかも。
手触りが柔らかくて心地よいです。
他に、和田くんが耳掻きを買っていました。選んだ物をその場で当たりを見て、使いいいように削り直してもらいます。和田くんも、何度か使い勝手をみて、よい感じに仕上げてもらったようです。
で、私は、全然購入予定はなかったのだけれど、せっかくなので・・・って・・ついつい髪留めを買ってしまいました。バレッタとどっちにしようか悩んだのですが、やっぱここは簪ってことで・・。使いこなせないのに・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「目に見えないもの」湯川秀樹/講談社学術文庫
まだ読み始めですが、
戦時中に書かれたとゆーのが嘘のようです。感動的です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.22

開いた口に蝿

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
桜、とうとう開花しちゃいましたね!早いとは予想されていましたが、去年より10日も早いそーで。
私も「今週末くらいかな?」と思っていたので、
sakurablue「桜の着物を着るなら今日しかない!」と思い、昨日は桜の帯を締めました。
桜柄は、いちおー1年中オッケーなのだそうですが、リアルな物に限っては季節限定がよろしい、と言われているのです。
貧乏性な上にナマケモノな私は、季節限定ものは実のところ苦手なのですが、去年と今年続けて、1月の骨董ジャンボリーで、刺繍が見事でしかも格安な桜の帯を見つけて、見過ごせず購入してしまい、リアル桜の帯を2本持っているのでした。しかし、2回も季節限定帯を締められる程には着物も着ないので、今年はこの帯を締めるだけで終わりです。


昨日もとても暖かくてよいお天気でしたね。
しかし、桜の開花宣言が出たことなど露知らず、我が家は、夕方から映画を観に出かけておりました。
っつても子供映画ね。
行かないつもりでギリギリまで無視していたのだけれど、子供のしつこさに負けて行ってしまいましたよ。
「超劇場版ケロロ軍曹」
昨日は夕方からしか動けず、時間はタイトだったのだけれど、予定を見たら、家族で出かけられる日が、昨日を逃したら、もうしばらくないのでした。
映画の感想は、まぁ・・・子供向けっつーことで。同時上映の「怪傑ゾロリ」が、意外と遊んだ作りでおもしろかった。とゆーのと、「ケロロ」はちょっと話に無理があるな~とゆーのを取りあえず述べておきます。


ここしばらくの節制が功を奏し、今月の出費はかなり抑えられていたのですが、なんでだか・・この1週間、外食が突然増えてしまっています。とほ~。
で、昨日も久々に家族で出かけたので、外食してしまいました。ってゆっても、よく行く近所の居酒屋さん。
マスターが一人でがんばっている小さなお店なのですが、焼酎とお料理がおいしいのです。
繁華街から少し外れているせいか、心配になるほど流行っていなかったのが、最近雑誌に載ったりして、新しいお客さんも入るようになったそーで、昨日も休日なのに、私たちが入っていっぱいいっぱいとゆー感じでした。
お料理を待っている間に、隣のテーブルが空いて、すぐに別のグループが入ってきて、
「忙しそうでよかったね~」なんて話をしていたのは、最初のこと。
そのグループが・・・すでに出来上がってるのか?とゆーくらい、いきなりテンションが高い!つか、はっきり言ってうるさい!
お店はマスターが一人でやっている、小さなお店で・・・。10人くらいでいっぱいになっちゃうくらいで・・。
私たち家族3人の他には、カウンターで呑んでる人が一人(この人は途中で出てった)。
で、そのグループ。
うるさい。
でもまぁ居酒屋だしねぇ・・・。居酒屋だけどね~・・・一人でゆっくり呑んでいる人もいるし・・・。
で、そのグループ全員が、うちらの隣のテーブルでタバコを吸ってて。いいんだけどさぁ。お酒呑む所だし。いいんだけど、そのうちどーゆーわけだか、相変わらずの大声で、タバコが健康に悪いと言っている人達が、どんなに
「世論に惑わされているアホー」か
とゆー話を始めるんだな。これが!
愛煙家でもいいんですよ。別に。私だって吸うし。吸いたい気持ちわかるし。
ここだって、レストランじゃないくて居酒屋だし。いいんだよ吸ったって。
でもさぁ。狭い店内で、隣には全く吸ってないグループがいるんだよ?ケンカ売ってるのか?
けっこうしつこくそーゆー話をしているんで、怒りがこみ上げてきたけど、馴染みの店ってこともあるんで、
「健康がどーこー以前に臭いっ!」と言うだけに抑えた。
しかし、その後もそのグループは大声で話し続け、私らは、注文した物が揃うのを待ちわびて、口数も少なく店を後にしたのでした。
でもね、大声でべらべらとしゃべってくれるので、彼らがなんて会社のどの部署の誰で上司は誰で、取引先の誰それさんのことまでわかってしまった。
嫌煙家に不特定にケンカ売れる程愛社精神旺盛なら、もう少しその辺考えてしゃべった方がいいんじゃない?
それとも実は、○○社員のフリをして、タバコのイメージダウンを謀る工作員だったのか?
だったら大成功。少なくとも○○のイメージはかなり悪くなったよ。


★★★今日読んでいる本★★★
「目に見えないもの」湯川秀樹/講談社学術文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.20

編み目は続くよどこまでも

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。しかし、ここ2~3日・・ってゆーか、今日も入れたら、最低でも4日間は強風な日が続いている計算になります。
強風が吹くと、我が家は揺れます。揺れるたびに心の中で
「おうち、ボロだから壊れちゃうよ」とつぶやいています。ところが、先日和田くんが
「家、揺れるよね。平気なのかな~」と言ったことで、自分だけの心配じゃなくなってしまいました。
ダメだよ~・・口に出しちゃったら。
仕方がないので、
「え~、平気に決まってるジャン」と言っておきました。


先日、花粉症かも・・とゆー話を書きましたが、やっぱり風邪だったようです。
日に日に回復しております。どーやら先週の頭に娘がひいていた鼻風邪がうつったようです。
で、我が家では、この週末、今シーズン最後のスキーへ行く予定でいたのですが、私の体調が悪かったので行けませんでした。あ~・・締めでもう1度くらい滑りたかったのに。娘にも、せっかく調子が出てきたところで、もう1度スキーをやらせたかったのに。もう1度くらいやっておけば、来シーズン始める時にかなり楽だったんじゃないかな~と思うので。また次やるときに、今年のパターンを繰り返すのかな~と思うと・・・ちょっとうんざり。


で、予定のなくなった週末に何をしていたかと言いますと、
子供たちは和田くんの実家へ遊びに行って、私は少し家で休んでから追いかける、とゆーことにして、一人でいる間、ず~っと編み物をしていたのでした。
和田くんにも、
「始めると猿のようにやり続ける」と言われているのですが、ほんっと、私は気持ちの切り替えが下手で、ひとつの事を始めると途中で止める、とゆーのがめちゃくちゃ苦手なのです。
で、昨日も、出かける時間までご飯も食べずに編み続けてしまったのでした。
これで、一人暮らしをしていた時って、よく体を壊していたんだよなぁ・・・・。
ちなみに、今編んでいるのは、和田くんのベスト。
自分の物ばかり作っていたので、少しくらいは・・・。
ところが、私がやりたいのは、かぎ針編みなのですけど、男物って、棒針編みばかりなんですね。どーゆーわけか。たぶん、かぎ針編みだと柔らかい雰囲気になってしまうからだと思う。
なのですが、棒針編みは、小娘の倣いに従って過去やってみたところ、マフラーすらまともに出来なかったとゆー実績もあるし、針の動きもうざいので、やりたくなかったのです。
でもね、そーゆーわけでとうとう棒針編みにもチャレンジですヨ。
しかし、そんな棒針編みでも、やり始めてみたらけっこうおもしろいのです。腐っても猿。繰り返しの作業が好きなのであった。
いちおー模様編みも入れたりしちゃってますよ。
しかし・・・かぎ針編みでもそうだったのだけれど、目を拾うのが苦手で、けっこう飛ばしたり数え違えたりして、やり直ししまくってます。他の人もこんなにやり直しするのだろうか・・・。しないんだろうな~・・・。
この冬編み物を始めてから、かぎ針編みで、自分のセーターを2着編んだのだけれど、両方とも、ほとんど出来上がってから失敗に気付き、ほぼ始めからやり直してます。すごい時間のロス!
「練習だから」とは思うけれど、ちょっと虚しい。


★★★今日読んでいる本★★★
「ヴォイニッチ写本の謎」ゲリー ケネディ、ロブ チャーチル/青土社

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.03.16

春の風

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
しかし、夜は雨降りの予報です。朝、和田くんが、どれくらいの強さで降るのか知りたくて調べていたのですが、降水確率80%としかわからなくて・・・確かに、降ることは確実でも、雨の強さによって心構えや装備が違ってくるもんなぁ。


昨日、娘を保育園へ迎えに行ったら、同じクラスのおかあさんが、目の縁を赤くして
「今日、花粉たくさん飛んだのかな~」と言っていました。
が、私は幸いなことに花粉の飛散を我が身で認知できないのでした。
が、実は、もしかして今年はやばい?と思ってもいるのです。
とゆーのは、昨日から鼻の調子がなんか変。
馴染みのある風邪ひきの感じとは違う苦しさが・・・・。
うちは、和田くんが数年前に発症。
私の方がお年寄りなんで、なんとなく自分はならないような気がしていたのですが、そーゆーわけにもいかないよな。って、事務所の先輩もなってるし、根拠ナシ。
なのですが、今の所、家にいる時や外に出ている時は全然気にならないので、もしかしたら、職場の空気が限定的に悪いのかも。
私は、2年くらい前から禁煙をして、年に3回くらい、飲み会の時に吸う程度になったのですが、職場のトップ2が競ってタバコを吸っている。所長はかなりのヘビースモーカー。
で、もう一人も、時々「禁煙する」とゆーのだけれど、成功した試しなし。んで、「本数を減らす」に変わって、自分の机では吸わない、とゆーことにして事務員も頻繁に出入りする給湯室で吸っているのだけれど、結局本数は減っていない。で、煙を拡散させているだけなのであった。
さらに、職場は小さなビルに入っているのだけれど、他の階に入っている会社の社長がタバコを吸わない人で、社内禁煙しているのだけれど、他の社員が全員(!)吸う人たちで、その人たちは、共用スペースである玄関ロビーで吸っているのであった。
なので、ビルに入るとすでに煙たくて、最近はエレベーターの中まで煙たい。


これって、かつてJRの駅が終日禁煙を実施した後、路上喫煙者が目に見えて増えた状況に似ているかも。
禁煙場所を作ると、喫煙場所が広がるのだな~。
いいんだか悪いんだか・・・・って、今まで決まった場所で吸っていた人達が野放しになったよーなものだから、悪いんじゃないか!?


などとゆーことに思いをはせながら、この私の症状は、これからさらに進行するのだろうか?カフェインを控えた方がいいのだろうか?泡盛をもっと呑んだ方がいいのだろうか?
などと考えているのでした。


★★★今日読んでいる本★★★
「ヴォイニッチ写本の謎」ゲリー ケネディ、ロブ チャーチル/青土社

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.14

普段着物生活(?)

みなさんこにちは。
今日もよいお天気ですね。
さっき昼食を食べたら、今激烈に眠いです。
実は、昨日は仕事を休んでいました。娘が熱を出したからです。
そー言えば、先週はずっと鼻をグズグズさせていて、やばいかな~と思ったりしつつも、忙しさにすっかり忘れていましたので、土曜日があーで、日曜日も従姉妹と遊びまくって、ここへきてとうとうダウンって感じですかね。
しかし、正直なところ、私自身もかなり疲れていたので、娘にかこつけて、休むことができてすごく助かってしまいました。昨日の昼過ぎなんて、娘が一人で遊んでいる横でウトウトどころか、グーグー眠ってしまい、気付いたら2時間くらい経っていましたよ。


休みの日はできるだけ着物で過ごしたいのですが、ここ半月程は何かバタバタしていて、あまり着る機会がありませんでした。
それが、この週末は、ずっと家にいて、ついでに昨日も家にいたので、3日連続で着物生活でした。
と言っても、ウールの単衣。
土曜日は、既に書いたようにバーベキューをしたので、どうでもいいような・・と言うと語弊がありますが、まったくの普段着として愛用している絣風の黄緑のウールに、アンティークの桜の昼夜帯。って、「アンティーク」と言えば聞こえはいいですけど、まぁ・・ちょっと汚れても気にならないくらい古い帯。しかも、無理矢理「桜」を持ってきたら、色味が着物とビミョーにバッティングしてしまったのでした。帯の地色は黒だったので、「いいかな~」と思っていたら、模様の緑色が意外と幅をきかせていたのでした。
日曜日は、同じウールの着物に、深紅に近い赤に銀色で、竹と椿(?)が織り込んである半幅帯。
で、昨日の月曜日は、黒に赤い絣模様の入ったウール。
これは、例の悉皆屋コレクション。そこの奥様がご自分で縫って気に入っていたとゆー物なので、普段着ではあるのだけれど、私もあまり汚れ仕事がある時には着られないのであった。って、子供の看病とゆーのはビミョーではありますが、静かに過ごすにはいい感じです。
その着物に、やはりいただいた、山吹色に麻の葉模様がうっすらと入った半幅帯です。山吹色がすごくきれいで気持ちがよかったです。


しかしなぁ・・・もう少し「おしゃれ~」な着物も着たいな~。とちょびっと欲が出ております。


まぁ「着物でゆったり」では全然ないのですが、普段着着物をいっぱい着られた3日間は、これはこれで満足なのでした。


※※※あっ書こうと思ってすっかり忘れていたので、この辺追加です。
そー言えば、「PSEマーク」問題。音楽愛好家などの強い反発により、規制緩和って、坂本龍一さんとかがやってた署名運動の効果ってことですよね?
私も「PSE法」は、製品の安全性とゆーのはともかく、なんかおかしいと思っているのでどーにかしてほしいのだけれど。
しかし、いわゆる「ビンテージもの」とゆー希少価値の高い中古機材を取り扱いに慣れたマニアに販売する場合は、マークがなくてもいい・・・って、なんかいい加減っぽくない?あいまい過ぎない?私がわかってないだけ?
その扱い慣れたマニアってどーゆーふーに判断するの?
なんかあまりにいい加減に法律作ってる感じがして、めちゃくちゃ気持ち悪いんだけど!


★★★今日読んでいる本★★★
「ヴォイニッチ写本の謎」ゲリー ケネディ、ロブ チャーチル/青土社

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.11

なんで、こんなBBQ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
なんだかすっかり「春!」って感じです。
んで、我が家も「春」って感じです。脳内がナ。


今日はとっても忙しい日でした。
午前中、娘の保育園の卒園式。
実は、私「卒園式」とゆー認識が全然なくて、「年長さんを送る会」としかわかっていなくて、送る側の我が子にどーゆーかっこうをさせたらいいか、深く考えず(ちょっとだけ考えた。普段は登園しない日だからね)、いつもと同じ服装をさせたのです。
そーしたら、けっこう皆さんめかしこんでいたってネ。ごめん我が子ヨ。なんか、卒園者からの贈り物を受け取る役だったそーなのに、みすぼらしくて。
で、その後、近所の小学校のお餅つき大会。
お兄ちゃんがその小学校に通うお友達のお母さんに誘われて、うちは別の小学校へ入れる予定なのだけれど、付き合いのよい私は子供を行かせたサ。他のお友達も何人か来ていて、とても楽しそうであったよ。
しかし我が子は、30分ばかり遊んだ後、音楽教室へ。
で、その後、またその小学校へ行って、お友達のおうちへ遊びに行って〜。
なのでした。
さて、お友達のおうちへ娘が遊びに行っている間に、実は我が家にも来客があったのでした。
和田くんのお友達がご夫婦で・・・なななんと、ジンギスカンをやりにいらっしゃったのでした。
って、結局ジンギスカンは食材が揃わずしなかったのだけれど、代わりにバーベキューをしましたよ。どこでって、住宅街のど真ん中にある、我が家の車庫でだよ!まさか本気でやるとは思っていなかったよ私は!でもやっちゃったよ!
いちおー、近所のお宅に洗濯物がかかっていないことを確認。
両隣のおうちは外出中を確認。正面のお宅は、まぁお互い様ってカンジ?で、まっいいか〜でした。サラリーマン家庭だっつーに、なんか頭悪そー。
しかし、お友達が買ってきてくれた肉とチーズ、我が家提供のワインで、肉・ワイン・チーズ。肉・ワイン・チーズ。とゆー、ステキな一時を過ごしたのでした。わはははは!
んで、夕方、すっかり酔っぱらいで娘を迎えに行って、帰り道で、娘に、
「おかーさんたちサ〜、実は車庫でバーベキューしちゃってるんだ〜」と話したら
「ゲッ。近所迷惑」
と言われてしまった。とほ〜。
で、家に帰り着いたら、幼児を二人連れた私の妹家族が来ていた。
ここは都会の住宅街。とてもよい所です。
順次帰宅してきたご近所さんも笑ってくれてたし〜。
って、呆れたのか!?
でもいちおー午後7時過ぎには家の中に入ったのよ。
いえ、大変申し訳ないです。でもまたやるかもしれません。ごめんなさい。


とゆーふーに、大変ご近所迷惑だったかもしれないし、そーじゃないかもしれない1日でしたけど、私はほんとにほんとに忙しくてクタクタだけど、とても楽しい1日だったのでした。
すんげー酔っぱらいだしね。


★★★今日読んだ本★★★
トーゼン本を読んでいるヒマはなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.08

あれもこれも

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
今日はすっかり春の陽気で、夜の用心をして、厚いコートを着てきたら、かなり暑いです。
先週くらいから、花粉症の症状が出てきている人が、私も周りにはチラホラと。体調を崩している方も多いようで、陽気はなんだか楽しげなのに、体の方は辛かったりで、変な季節ですね。


すっかり編み物にはまっていて、毛糸に飽きたらず、コットンニットの本を買ってきました。
ちょうどよいクッションカバーがなかなか手に入らないので、次はそれを編んでみようと思っています。
なのですが、今編んでいる春用セーター・・本のとおりに毛糸を揃えておいたのに、袖の分が足りなくなってしまい、慌てて買い足しに行ったのですが、あと4玉・・せめて3玉欲しかったところが、2玉しかお店に在庫がなくて、毛糸もそろそろシーズンを外れるので、在庫補充もあやしくて・・・どーしよー!!
と思っていたら、他のお店に1個だけ残っているのを入手できました。ちょっと心細いけど、なんとかなるでしょう。なんとかしよう。


もともと、ぼ~っとしたくて始めた編み物ですが、最近また、ぼ~っとするだけにも飽きてきて、先日から絵が描きたくてしかたないのですが、時間が取れません。
取れませんってゆーか、取ろうと思えば取れるのだけれど、子供がいる所で描いていようものなら、ジャマされまくって、道具取られまくって、とても落ち着いて描いてなどいられないのです。
でもまぁ、一番の理由は・・なんだかんだ言っても、そーゆーのも含めて、
「めんどーくさい」ってゆーのはあるんだろうなぁ。
子供がいて、好きなことに思う存分打ち込めない。
と思う時、いつも思い出すのが、永野のりこのこと。
ビミョーにマイナーなので、補足しておくと、漫画家です。
子育てしながら漫画を描いている女性漫画家はいっぱいいるけれど、なんで彼女に限定して思い出すかとゆーと、子供が生まれた時、永野さんはまだデビューしてなかったのですね。で、産まれたばかりの娘さんを背負って、出版社への持ち込み(作品を持って行って、出版社の人に見てもらうこと。平たく言えば、売り込みってやつ?)をしていたとゆー。
しかもだんなさんは、どーゆーわけだか詳しくは知らないけど、当時求職活動中だったとゆー。
常識的に考えれば、商売になるかどーかもわからない漫画描いてる場合じゃないだろっ!
ってカンジですけど、
「やりたいけど、できな~い」と甘ちゃんなことを思う時、本当に好きなことをやるってゆーのはこーゆーことなんだな~と、思い出すのです。
実のところ、彼女のストーリー漫画はあまり好きじゃないんですケド・・。なのですが、エッセイとか、時々すごく読み返したくなる。


子育てのことも書いてて、「かなり」うっとおしいのだれど、内田春菊や西原理恵子の話より、実はすごくためになっている。ためになっているとゆーのは、ちょっと違うかもしれないけど・・・
子供がいることについてグダグダ悩んでいる時に読むと、自分を見直せる気がするのです。
話はかなりめちゃくちゃだけど。
何がそんなにいいのかな~と考えると、こっ恥ずかしいけど、
「愛」・・・・・?
かな~と思うのです。なんつーか、好きな事、好きな物に対する愛が、半端じゃないって感じなんですよね。しかもかなり一方的な片思いだったりする。(あっこの辺、彼女の作品そのままかも)


好みはかなり分かれると思うので、あまり自信を持って「お奨め!」とは言えないのだけれど、
私には「元気の出るマンガ」なのです。


★★★今日読んでいる本★★★
「怪 Vol.20」カドカワムック
京極夏彦の「前巷説百物語」を読んでいたら、
産まれたばかりの赤ん坊なんて、虫みたいなもんだろうとゆー記述あり。
京極夏彦に子供がいるか知らないけど、やっぱそー思うんだねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.07

だらだらスキー旅行

みなさんこんにちは。
今日もまた曇りです。なにやら天気がぱっとしません。
しかし、昨日の啓蟄には春一番が吹いたそうで。
「そうで・・」とゆーのは、昨日は東京にいなかったから。
新潟の山の中には春一番は吹いてませんでした。
越後湯沢へスキーに行っておりました。


実のところ、今回のスキーは、あまり乗り気じゃなかったのです。
なんかここんところやけに忙しくて、疲れているし、ビンボーだし・・・。なんで行くことになっちゃったのかな~と思ったら、和田くんが先月保険組合で行ったスキーツアーの宿がすごくよかったので、家族でその宿へ行ってみたいとゆー、わがままなんだかよいおとーさんなんだかわからん理由からでした。
んで、宿はたいへんよろしかったです。
どことは言いませんが・・・・保険組合、金あるなーーーーっ!
東京からはちょっと遠いのが難ですが、夏には蛍も見られるってことで・・・
去年もなんかそーゆーことを、別の宿で言われたけど、忙しくなってしまって結局行けなかったのだけれど・・・・蛍見たいな~。
で、乗り気じゃなかったのだけれど、
娘っこはこの冬2度目のスキーだったので、前回と比べるとかなり上手になっていて、私たちもそれなりには楽しめたのでした。
スキー場は、1日目は舞子。
一時期けっこう宣伝を見ていたのですが、意外と小さなスキー場で・・ゲレンデを選べばもう少し充実していたのかもしれませんが、子供連れにはかなり寂しい施設の規模。
まぁでも、子供が滑るにはちょうどよい感じの斜面だったようです。おかげで娘も一人でかなりスイスイ滑っていました。
2日目。
気温もかなり上がってきて、朝起きると、雨が降っていました。
スキー場は、少し標高の高い「みつまた」を和田くんが選びました。
午前中は、天気もよい感じで、ゲレンデもよい感じで、子供もやる気満々で、かなりガンガン滑りました(子供レベルでね)。
しかし、最後の最後の手前で、
天気が悪くなってきたので、じゃぁあと1本滑って終わり、とゆー時に、しっこをもらしおって、とほほ~なのでした。
そして、こーゆー時、我ながら
「そんなに怒らなくていいじゃないか」ってゆーくらい激怒してしまう、わたし。
猛省しつつも、どーしよーもなく・・困ったもんなのでした。とほほ。
そして、これでスキーが嫌いにならなけりゃいいけど・・と、勝手なことを思ってしまうのであった。
日帰りでいいから、もう一度くらいスキーへ行けたらな~と、だらだらしつつ思ったりもする。


★★★今日読んでいる本★★★
「怪 Vol.20」カドカワムック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.03

いまどきのお子さま・・を育てている(3)

みなさんこんにちは。
また寒い日が続いていますね。
今日は朝から雨・・・と思って出たら、歩いている途中で晴れてきおって・・・。
また洗濯物乾燥機にかけちゃったよ!とか、今朝は直行で、自転車で行けば楽チンな所だったのに!とか、朝からちょっと調子っぱずれです。
先週末・・・ちょっと頭痛があって、大した痛さでもないのに、なんだか、そこからずるずると気持ちが落ち込んできて、日曜日はほとんど寝て過ごしてしまいました。
しかし夫は仕事で、幼児は「遊んで~」と、ベッドの上にゲームボードを広げ、とほほな気分のまま月曜日を迎えてしまいました。


柄にもない「育児論」を繰り広げてしまって、
笑止千万。片腹痛い。と思っていたら盲腸炎だった(「すすめ!パイレーツ」)。
って感じで、かなり飽きてきてますけど、まぁたまには、少し考えてみることも必要だと思うので、もうちょっと書いてみます。


昨今の基礎学力低下、学力格差の広がり、とゆー話を聞くと、トーマス・エジソンの母には程遠い我が身としましては、学校教育の問題とゆーのは大変気になるところです。
しかし実際のところ、それがどれくらい深刻なのかとゆーのは、まだ肌で感じるような位置にいないので、ピンとこないのです。
具体的にわかるのは「OECD(経済協力開発機構)」の調査で出てきた数字くらい。
このOECDの学力テストで、何がわかって、何が問題になっているのかと言いますと、どうやら高校生の「数学的応用力」と「読解力」の順位が、ガクーーーーッと下がっているとゆーことらしいです。つまり文章を読んで、その内容を理解したり、数学の知識を生かすとゆーのが苦手な高校生が増えているということです。
これから益々日本人も国際社会へ出て、何かせねばならないのに、これはまずいじゃないかってことらしいですね。
これについては、トーゼンのように、「ゆとり教育」が悪いんじゃないか?とかゆー意見があったり、
イヤ、「ゆとり教育」の影響はない、とか、それぞれに、聞けば「なるほど」と思うような意見が色々出ていて、おもしろいんだけど、まぁ難しくもあって、ここではとても語りきれない。ので、この話はこれで終わり。


で、単なる噂かもしれないけれど、学校で教える内容がどんどんレベルダウンしているとか、通り一遍の授業しかしないので、勉強に興味が持てないとか・・そーゆー話を聞くようになって久しい。
そーゆーのを、「困ったな~」と思って、じゃぁ学校以外の所で勉強させよう、と考えるのはトーゼンだと思うのです。
余談だけれど、私の従姉妹は2歳の子供を塾へやっていて、「ええっ!?」と驚いたら、幼稚園に入れるまでは、そーでもしないと一緒に遊ぶ子供がいないと言う。山間の町。
でも、塾に通うにはお金がかかるのです。
先日、娘と一緒に近所のデパートのキッズコーナーへ行ったら、小学校3年生くらいの男の子を連れたグループがいて、その中のどの子だかが塾に入ったとゆー話をしていました。
入学金10万円、月謝2万円。で、その時は「へ~・・そうなんだ」と思っただけなのだけれど、後でたまたま読んだ新聞の記事に、今時は小学生でも塾代に年間100万円くらいはフツーで、しかも学年が上がると授業料も上がって、その間には模試の受験料とか別に取られて・・とゆー話が載っていて、ひっくり返りそうになりました。


さて、ここまで書いて、私はこーゆー問題を論じるには、あまりに器が小さくて、あ~も~肩こった~・・って感じでして。結論として、
我が子を育てるだけでいっぱいいっぱいだしィ。いまンとこ、我が家のご近所は、子供育てやすい環境って言われてるしィ。もうそれでいいよって気になっています。


最後に、
労働災害の資料を調べている時に見つけた記事で、その年の自殺遺児の高校への奨学金申請が申請者の13.7%で、3年前の1998年の2.2%から7倍近くになったというものがありました。
2001年の物だったので古い話題なのですが、最近でも毎日のように「人身事故」で電車が止まっているのを見ると、どうなっているんだろう?と気にかかるのです。
それと、今年のお正月の新聞記事で、最近小学校の教材費が払えない家庭が急増中とゆーのがありました。
鉛筆さえ持ってこられない子供が増えているのだそうです。
そーゆー話をしたら、東京近県で中学教師をしているとゆー人が、それは本当の話で・・とゆー話をしていました。
少し前に話題になって、訴訟にもなった、某S区の給食費を払わないってゆーのとは全然違う話で、払いたくても払えないのだけれど、一方で、子供の教材費を親がパチンコでスッちゃう、とゆーこともあるそーなのです。


子供を残して自殺しちゃう親も、子供の教育費をパチンコで使っちゃう親も、
「バッカな奴だね~」だけど、そこにはバッカな親を持つ子供たちがいる。
とゆーことをせめて、心に留めておくだけ。


★★★今日読んでいる本★★★
「きものが欲しい!」群ようこ/世界文化社

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »