« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.30

宝川温泉スキー旅行2日目

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。しかもけっこう暖かいです。


さて、旅行2日目。
外を見ると、雪がかなり降ってきています。
和田くんは起きてすぐに、まだ暗い中露天風呂へ。寒そーーーっ。でもけっこう入っている人いたって。みんな好きだね~。
私もチェックアウトまでにもう1度入りたかったので、荷物の整理を済ませて、7時半から始まる朝食を待ちわびました。
昨日も書きましたけど、この旅館、朝食もかなり豪華でした。
朝食後、家族そろって露天風呂へ。
お風呂へ行く道が、こんなでした。
yukiyuki


チェックアウト後は宝台樹スキー場へ。このスキー場は、緩斜面が多く、ファミリー向け。上級者コースはあるようですが、中級者向けのコースがないそうです。
娘は、またまた調子よく
「お父さんよりスキーうまいくなったよ~」
ちなみに和田くんは、体力と筋力の衰えを抜きにすれば、けっこううまいです。
昨日のスクールがあったので、私たちも真に受けていたら、
またもやゲレンデの上に着いたとたんビビリまくり。
子供もそうなんだろうけど、大人たちもすっごくイヤな気分になり、怒りまくる。って昨日と同じじゃん!
lessonしかし、気を取り直し、お昼を食べたりしてから違うコース(ちなみにこっちのコースの方が斜度がきつかった)へ行ったら、さっきまでのビビリが嘘のように、すいすい滑ってやんの。
へたれな私は数回滑って、寒いし疲れたので、後は子供と一緒にキッズスペースでソリをしたり、滑り台をして過ごしたのでした。
しかし、子供を怒ったイヤな気分のままで終わらなくてよかったよ。
リフト1日券の元は取れなかったけどネ。


スキーの後は、やっぱ温泉で暖まりたいね~ってことで、スキー場にチラシのあった
水上ゆびそ温泉の「ホテル湯の陣」へ連絡を入れると、立ち寄り湯は午後6時までだけれど入れてくれるとのこと。
スキー場からはちょっと遠かったのですが、ここを選んだのは、
旅館や民宿の立ち寄り湯だと、お風呂から出た後ゆっくりできない所が多い、とゆー今までの経験から。
で、「湯の陣」はどーだったかと言いますと。
かなり、よかったのです。
今度は泊まりに行ってみたい!と思うくらいよかったです。(ちなみに、後で調べたら、けっこう上等なホテルでした)


子供がいるので、夕食を早めに済ませたかったのですが、適当なお店が見つからず、結局サービスエリアでの夕食。
車酔いしやすい娘を心配する余裕もなく、車が走り出したとたん、私は爆睡。
当の娘は、そこから東京まで、アニソンのCDをかけてもらって、それに合わせて歌い続けていたそーです。


★★★今日読んでいる本★★★
「暦と占いの科学」永田久/新潮選書

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.01.29

宝川温泉スキー旅行

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
先週は、人手が足りないのに、めんどくさいワープロの打ち込みがあったり、自分も週末休暇を取っちゃったってゆーのに、職場のハードディスクがクラッシュしやがりまして、ぐはっ!だったり。
まったくもって、予定が狂いまくって大変でありました。
あっクラッシュしたハードディスクは、半身不随になりながらも死力を振り絞り、なんとか生きております。・・・・トーゼン引退はさせましたけど、必要なデータのサルベージもなんとかできました。


で、週末の金土で、温泉&スキー旅行へ行ってきました。
先シーズンは、結婚以来初めてスキーに1度も行かない冬でしたので、本当に久し振りのスキーだったのです。
でも、もともと、すっごくスキーが好きなわけでもないので、今回は温泉重視で、スキーはボチボチできればいいや~でした。
場所は、群馬県水上。宝台樹スキー場。
一昨年の冬、スクールに入って、ボーゲンができるようになった娘は、
「スキーうまいもんね~」とやる気満々で、キッズスペースを尻目に早速レンタルスキーを履いて、リフトに乗ったのはよかったのですが、コースの上に着くや斜面にビビッて
「もう帰る~~・・・」と泣きべそ。
はっきり言って、こーゆー奴、すげー嫌い!テメーがここまで来るって行ったんだろうぐわぁ!
lesson2脅したりなだめたりで、やっと下りて、渋るのを半ば強制的に半日スクールへぶち込んだのでした。
他人に教えてもらうと、甘えも出ず泣きも入らず、嘘のようにがんばる娘でありました。
おかげで、2時間のレッスンでボーゲン復活。


しかし、このレッスンで時間を取られ、さっさと温泉に行く予定が、結局いつも通りって感じ。
温泉は、宝川温泉「汪泉閣」
評判を聞いて和田くんが選んで、雪を見ながら、広い露天風呂に入れるというので、かなり楽しみにしていました。
roten

turibasi

温泉へは、この雪の中、吊り橋を渡って、川沿いの道を行くのです。川は雪の壁でまったく見えません。
東京でもニュースで伝えられているように、今年の水上の積雪はかなりすごいです。リフトが雪に埋まってしまったスキー場があったり、この旅館の温泉も山沿いのひとつが、雪崩に埋まってしまいました。
しかし、無責任な旅行者には、これも風情だったりね。
roten2部屋の前に下がったツララも、2m程もあり、そんなことにも感動してしまったりするのです。


少し旅館の紹介をしますと、
「汪泉閣」、かなりお勧めです!
露天風呂は、女性専用もかなり広いのですが、湯温が低く場所が遠いので、この季節ちょっと辛い。
混浴露天風呂も、タオル可なので、気にならなければよい感じです。
今回一泊だったのですが、せめて二泊して、中1日は温泉三昧ってゆーのもやりたくなりました。
謎の熊園や散策道もあるので、暖かい季節なら、そーゆー所をぶらぶらして過ごすのもよさそう。
ちなみに、熊園は本当に謎でした。熊・・5頭くらいいるんだけどね。って熊はいいんだけどね。謎な空間でした。
お料理もおいしかった。朝ご飯まで豪華でした。
しかし、いつも思うのだけれど、旅館の食事って、どうゆー人を対象に構成されているのだろう?ぜったい食べきれない。毎回めちゃくちゃもったいない。


長くなったので、続きは明日。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.01.22

降るふる

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
yukidarumaしかし昨日、東京はすごい雪でした。
東京の雪に対する弱さっぷりに、悪口めいたこともちょっと聞きますけれど、東京以外で暮らしたことのない私には、やっぱりこれくらいでも「大雪」に思えました。
子供は大喜びで、雪だるまを作ったり、雪を投げて遊んでいましたが、私はお昼にちょこっと外へ出ただけで、ずーーーーーっと家に籠もっておりました。
でもお仕事の人とかもいたのですよね。ご苦労様です。


家に籠もって、部屋の片付け(ちょっと)と、編み物をしておりました。
先日書いたカーディガンが・・・この休日で出来上がる予定・・・・だったのですよ。
しかし、今目の前にあるのはカーディガン1着分の毛糸玉。
ンとね、パーツがひと通りできて、体に合わせてみたら、どーーーう見ても大きすぎるんですよ。最初にゲージをきちんと取らなかったし。って取り方よくわからないし。
で、ちょっと悩んだけれど、編み直すことにしました。
って、実は毛糸がどうも太いようなのですよね。一応本に書いてあるように「並太」なのだけれど・・・・。どうもこの本の並太よりかなり太いらしい。不思議だ。
なので、編み目を減らします。減らす計算がちょっとめんどくさい。でもちょっとコツがわかってきたので、まぁこれも「練習」ってことで。


あっあと、やっと「茄子 アンダルシアの夏」を観ましたよ。
原作はかなり前に読んでいたのですが、映画は観る機会がありませんでした。
なかなかおもしろかったです。画面もきれいだし、よくできてるな~と思います。
けど、自転車が好きな人以外にアピールできたのかな~。よくも悪くも自転車の話。自転車に興味がないと、観る所ないんじゃないかな~。ってくらい自転車の話。


雪の休日って、ほんとに「休日」って感じ。
薄暗くて静かで、なんだか落ち着く。
静かによい感じ。


★★★今日読んでいる本★★★
ナシ。休みの日って、本が読めない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.20

なぜ東欧!?

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。そしてやっぱり寒いです。
この天候で、干し芋も順調に乾燥してきています。でもまだ今ひとつスカッとしてくれない。やっぱ難しいですなぁ。


この冬、私は編み物にはまっています。
前にもちらりと書きましたけれど(http://junko-diary.cocolog-nifty.com/diary/2005/12/post_dc53_2.html#comments)、かぎ針で、無心にできるところがよいのです。
仕事の昼休みに編んだりもします。
そーしたら、なんか、最近喫茶店とか公園とか・・とにかく他の人がいる所で編むのが流行っているんだってねと言われました。
へ~・・・それって単に編み物が流行っているって話ではなくて?って、編み物ってちょっとの隙間時間に、ちょこちょこっとやりたくなっちゃうんだよね。そして編み物が流行っているってゆーのは、
・・・・冬・・だから?
編み物を始めたばかりの頃に買った、「スラヴ」とゆー毛糸がありました。
すっごくかわいいの。モコモコしてて。色もパステルカラーできれいで。買うときは自分の帽子でも編もうかな~と思ったのです。
が、編み始めてみたら、これがすっごく編みづらい!
ので、帽子は止めてショールにしようかな~と思ったら、ひと玉でちょっとしか編めない。
そして結局、毛糸玉のまま放置していたのでした。
その後他の毛糸で、けっこういろんな物を編みましたヨ。
今は自分のカーディガンを編んでいるのですが、いろんな編み残しの毛糸もたまってきました。余った糸がけっこうジャマになってきました。
そんな中に、あのかわいいスラヴが手つかずで放ってあるのは、なんとももったいない。
とゆーわけで、娘の帽子をもうひとつ編みました。
編みづらい糸ではありますが、サクサク編めてしまった。
買ったばかりの頃に比べれば、私も少しは上手に編めるようになったのです。
しかし、目の数が本とまったく違う!ってゆーか本の通りに編むの不可能。
しかし、いい加減に編んでも、モコモコなので、ぜ~んぜんわからない。
すご~い。
モコモコでふわふわでかわいいスラヴ。


余程のことがない限り、もう買わないけどネ。


★★★今日読んでいる本★★★
「暦と占いの科学」永田久/新潮選書

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.19

だってバカなんだもん

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。しかしめちゃくちゃ寒いです。
自分的には、この冬一番の寒さです。


職場の後輩が、今回の電気代の請求がとんでもなく高かったとゆー話をしています。
少し覚悟はしていましたが、うちも今回はさらにすごいです。
試しに後輩の電気代を聞いたら、生活している人数や部屋数とか考えると、うちとそんなに変わらないかな~って感じだったので、この冬はもう電気代がめちゃくちゃかかる冬なんだ、と、思うことにしました。
今年は色々、生活のお試し期間って感じだし、最近やっと、
ここの電気を点けたらここを消す。とか、これを頻繁に使うと電気代が大変、とか少しずつわかってもきたので、次回はもう少し節電できるんじゃないかな~。たぶん・・・。
とゆー所で、これは置いておいて、
その後輩に、
「駐車場代がかからないとか言っても、結局そーゆー所で高くついちゃうんですね~」
と、何か引っかかる言われ方をして、ちょっとカチンと来たのだけれど、
別に車を中心に生活しているわけではないし、電気代だけでメリットデメリットを測るわけではないし
なので、この発言は、やっかみだったと思っておくことにした。


昨日、ポストの鍵をなくしていることに気付いた。
週末に使った手提げに入っていると思っていたら、入っていなかった。
一応、今週使ったカバンを一通り見て、子供のカバンまで見たのだけれど、見つからなかった。
大した鍵でもないので、作ってもらおうと思って職場近くの鍵屋さんへ行ったら、同じ番号の物がないのでできないと言われた。
ちょっとイヤ~な気がしつつ・・自宅近所の、もうちょっと大きな鍵屋さんへ行ったら、
番号がないので、似た物から作ると言われて。少し時間がかかるので待って。と言われた。
大丈夫かな~と思いながら、言われた時間の少し前に戻ったら、やっぱり合う物がないのでできない。と言われた。
がーーーーん。
ほんとなんてことない小さな鍵なのに~。業者に連絡しないとダメかな~。めんどくさ~い。
まぁ・・まだ予備があるので、とりあえずこれでしのぐか・・・。
ちょっとショック。
訪問先で、子供のマフラーとか帽子を突っ込んでいたので、外でそーゆーのを取り出した時に、引っかけて落としたのかも・・・。
小さな子供がいると、そーゆー注意力ってかなり落ちる。
よくないと思いながらも、時間も変な所で喰うので慌てる事も多くなるし・・ってゆーか、今回まさに、慌てて家を出て、いい加減に鍵を手提げに突っ込んだのが元々の原因とも言える。
とほほです。
しかし、わかっていても、これからも、慌てて駆け出す生活は改まらないのだろうな~。そして注意力もこのままなのだろうな~。
蛇足でゆーなら、子供が小さな間は、物にこだわっているとストレスがさらに大きくなる。
はい。たかが郵便ポストもこだわって選びました。おかげで鍵の替えさえなかなか手に入りません。
いえ・・鍵をなくしたことを子供のせいにしているわけではなく・・・家具とか内装とか、思いがけない汚し方してくれますから。
・・・・しかし、こだわり生活もなかなか譲れなかったりするのだな~・・・とほ~。
なんつー生活だ。と思いつつも、それがなんだとも思い、業の深さに畏れ入谷の鬼子母神


★★★今日読んでいる本★★★
「暦と占いの科学」永田久/新潮選書

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.17

危うきには近寄らず

みなさんこんにちは。
今日はちょっとだけよい天気ですね。
朝、風が強かったので、洗濯物が飛んでいないか少し心配。
昨日休日だった和田くんは夕飯を作っていてくれました。
和田くんの料理は、基本的に
ビーフシチューかホワイトシチューかカレーです。
で、昨日はカレーでした。
美容院が済んで、家に電話をかけたら、突然電話口で
「ああああーーーーっ!!」とゆー叫び声。
何かと思ったら、ご飯を炊くのを忘れたって。
     ケロロ軍曹かっ!お前は!


で、トートツですが、
今日は、ヒューザー小嶋社長の証人喚問でしたね。
耐震強度偽装問題は、私もちょっとばかり身につまされる事もあるので、気になっているのですが、
時々覗いている某ブログで、前々からこの件に関する某議員の関与についてかなり強く書かれていて、
昨日もその議員が深く関係しているとゆー某建築会社の話題が出ていたのですが、
その建築会社の名前を、こーゆー事に疎い私も知っていたので、ちょっとドキドキしてしまったのです。
とゆーのは、
まだこの問題が出るずっと前、我が家のポストに入れられたチラシ。
よくある売りマンションの広告なのですけど、そのマンションの施工業者が、この会社だったのです。
で、なんでそんな事を未だに覚えていたのかと言いますと、そのマンションには、多々投げ込まれる広告の、他のマンションにはない、ちょっとした特徴があったのですね。
とゆーのは、新築で、
この立地で、この設備で、この広さで、
けっこう安い!のでした。
で、当時施工業者なんてほとんど興味のなかった私も、つい業者チェックをしてしまったのでした。
別に、その会社がどーしたとか、そのマンションが実際どーとかってのは知りませんけど、
つい業者を見て記憶に残してしまい、「土壌汚染とか隠して、安く買った土地に建ててるんじゃないのーーー?」などと、ブラックな冗談をつい言ってしまう、
くらい、には、印象的だったのでした。


で、自分が初見でそーゆー印象を持った物件が、今どきになって、なんかグレーな話に関わっているよーな関わっていないよーな、で、これからどーなるのかな~と、思ったり思わなかったり~。


★★★今日読んでいる本★★★
「暦と占いの科学」永田久/新潮選書
この本読むの、ブログを初めてからも、既に数度目です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.01.16

ちょっとだけ怪談

みなさんこんにちは。
今日は朝から曇りです。降水確率午後から20%。
先週から干し芋を作っていて、作り始めたら雨がパラパラと続いていて、ちょっと困っています。
干し芋は、風通しのよい日陰に蒸かしたサツマイモを1週間くらい置きます。
なので、私は、北側にある物干しにサツマイモを入れた網を掛けてあるのですが、雨が降ってきた、雨が降りそう、というたびに、納戸部屋に入れるのです。しかし、風通しがどうかな~という感じなので、カビないかと、ちょっと心配。まぁ乾燥はしているかな?
今日は、仕事の後、久々にパーマ屋なんぞへ行こうと思っているので、本日休日の和田くんに、もしもの時のことを頼んできているのだけれど、忘れないでいてくれるかな?


去年末、前から取り替えようと思っていた、寝室の電灯を替えました。最初から掛かっていたランプがあったのだけれど、私がしたい部屋のイメージと違ったので、別の物をやっと近所の雑貨屋さんで買ってきたのです。
ところが、雑貨屋さんのランプは、天井から吊すコードがかなり短くて、見た目のバランスも悪いし、なにより、このままでは、天井の窓が開けられないので、長いコードを買ってきて、昨日それに付け替えました。
なかなかよい感じです。
で、外したコード等々を片付けていると、和田くんがやってきて
「天井の窓に、手の跡が付いてる」
とゆーのです。
どーゆーこと??と思って見に行くと、
「こっちから見てもわからないヨ」
確かに、寝室から見ても特に何も見えません。
一応その窓を開けてみても、まだわかりません。
「もっと開けないとダメだよ」
と言って・・その窓は、回転式で、90度くらいに開くのですが、いっぱいいっぱいに和田くんが開くと・・・
ありました。
窓ふきは暖かくなってから、と年末の大掃除の時もまったく手を触れなかった、その窓の外側に、かなり厚く埃が積もっていて、その埃の汚れが、5本指の手のひらに、そこだけきれいになっているのでした。
なんで?泥棒?
でも、こんな所に登っただけ?それはそれで怖いけど。どうやって?
それに、本当言うと、ネコだってここに足跡を付けるのはかなり難しいと思う。
ええ~?カラス?って思いたかったのですけど、カラスの足跡にはやっぱり見えない。
部屋の中からそこに手を着くにも、大人でもかなり高い脚立を持ってこないと無理で、うちにある脚立では絶対無理で、掃除するときは、脚立に乗って、モップを延ばすしかないね~と話していたのでした。
気になって、子供部屋の窓を見ると、ちょうど廊下を挟んで線対称になるような形で、やっぱり手の跡が付いているのでした。
前に見た時には全然気が付かなかったのに・・
「なんだろうね~」
と、ちょっとだけ不気味になりました。


とゆーお話。


★★★今日読んでいる本★★★
特になし

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.01.13

知らないから強い

みなさんこんにちは。
今日は朝から曇り。週末は暖かくなるという予報ですが、今日はめっちゃ寒いです。
特別書く事はないな~と思いつつ、せっかく久しぶりの「13日の金曜日」なので、アクセスしてみました。


さっき、トートツにひらめいた事。
私ってゆーのは、実は弱い人間だったのだな~。とゆーこと。
前にも書いたかもしれないけれど、
私は和田くんに対する依存心が強い。
私と和田くんが結婚した時、私はもうかなり「いい年」でした。
それまで、私はかなり気ままに、好きな人たちと好きな事ばかりやっていて、仕事も楽しかったし、すっごく好きな人もいたし、で、このまま一人でやっていくんだろうな~と思って、そーゆーつもりで自分の人生を考えていました。
女一人で、なんの福利厚生もない小さな事務所で働きながら、特別な才能もなくたらたら生きていくのだから、何か突然な不幸なことがあっても、それは自分でなんとかしていかなければな~、とゆー
その頃は、それは「覚悟」だと思っていたのですけど、そーゆーのも一応ありました。
自分の問題は自分で始末付けるってゆースタンスで、実際そーしてきたので、それでまったくオッケーだったのです。
それがですね。結婚してからの私ときたら、我ながらどーしちゃったの!?ってくらい、自分だけで何かをするとゆーのができなくなってしまったのです。
おっかしいな~?って感じですよ。
で、私はさっきのさっきまで、
やっぱ私にとって、家族ってゆーのは、足かせなのだな~と思っていたのですよ。
私がしたい事を邪魔する、邪魔モンですよ。
いや、やっぱり邪魔モンかもしれないけど。


まぁそれはいいのだけれど、
「覚悟」のできている自分は「強い」と、思っていたわけです。
それが、全然ダメになっちゃって、けっこう悔しかったりしたのですけど、
さっきふと、
一人でも平気、とゆーのは、「逃げ」だったかな?
と思ったのです。
そりゃそうだよなぁ。自分にしか責任を負わなくていいんだから。困ったことがあっても、自分だけが諦めればいいんなら、どーとでもなるよなぁ。


とゆーわけで、これからは、
もー少ししっかりと物事を捉えるようにしなければなぁ、と思ったのでありました。
なんつーか、せめて自分の周りの事を、しっかり見て考えなければ、何も得る物がないな~と思ったのであります。
なんか、ビミョーに書いている事がそれてきている気がするけれど、
自分の中ではわかっているので、
これでいいのだ。


★★★今日読んでいる本★★★
「「しつけ」の上手い親下手な親―わが子の素質を正しく伸ばす秘訣」
田中澄江/PHP文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.11

寂しいもステキなこと

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日に比べると、今日は少し寒さが和らいでいる気がします。
それでも寒いですけどね。
ゆうべ、布団に入ってから、やけに足先が冷えて、寝付かれなくて・・・と思って、今朝起きたら気管支が変。
ちょうど昨日のニュースで、湯たんぽがすごく売れている、という話をしていて、私も湯たんぽがあるといいな~とこの冬何度か思ったのだけれど、同じことを考えた人はたくさんいたのだな~。
でも私は買っていない。実は去年捨てたばかりなのであった。
だって、もらい物だったのだけれど、ず~っと使ってなくて、場所も取るし、こんなに寒くなると思ってなかったんだもんなぁ。
今晩は、靴下をはいて寝る。とりあえず。


娘は、ちょっとばかり神経質なのか、寝付きが悪い。
一緒に横になっても、あーだ、こーだ言って、なかなか寝ない。
色々考える事もあるようだ。
ここ数日は、
「何か足りないような気がして眠れない」
と言う。
そんな事を言われると、なんだかせつなくなってしまう。
鈴木志保の「船を建てる」とゆーマンガに、アメリカへ渡ってきた中国人(?)夫婦のお話があって。故郷を離れて何年も経って、二人ともすっかり老いているのだけれど、お互いを思い遣っていて
「寒いのやお腹が空いたのはどうにかしてあげられるけれど、寂しいのはどうしたらいいかわからない」とゆーよーなセリフがあって。
何年も前に読んだ当時も心に響いたけれど、今でもよいセリフだな~と思う。
まだ「寂しい」とゆーのがどういうものなか、よくわからないだろう幼児にも、寂しさはあって、それが何かわからなくて、どうしたらいいかわからなくて眠れないと言う。
私にもそれをどうしたらいいのかはわからない。
みんなそれは持っていて、寂しくても大丈夫なんだよ。
と教えてあげたいけれど、教える言葉も方法も持っていない。
いつか自分で、きちんとわかるしかないんだね。
でもね、きっときちんとわかるから。
恐がらないで、心配しないで、寂しさから逃げないでね。


★★★今日読んでいる本★★★
「「しつけ」の上手い親下手な親―わが子の素質を正しく伸ばす秘訣」
田中澄江/PHP文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.10

何をしているんだか・・

みなさんこんにちは。
今日もとても寒いですね。
12月は、日本全国で戦後一番の冷え込みを記録したそうですね。で、各地で積雪量など記録更新中のようです。
雪国の苦労はまったく未経験なので、大変さは想像するだけ。
年末に家族で街をぶらぶらしていた時に、
「なんだか懐かしい寒さだね」とゆー話をしていて、それは住まいや街の雰囲気のせいなのかとも思ったのですが、本当に昔経験したような寒さだったようです。
しかし、これもまた地球温暖化の影響ってゆーんだから、自然とゆーのは大変なものです。


・・・と書いているうちに、1月もすでに中旬。
仕事も段々本調子になってきました。
年始からイヤになるようなニュースが多くて、気分はちょい沈みがちだったのですが、仕事をしているとけっこう落ち着きます。やっぱ、ずっと家にいて、家族とテレビぐらいしか相手をしてくれないと、考えも沈滞するのですね。
まぁ風通しをよくしたからって、現実が変わるわけではないのだけれど、考えても仕方のない事なら、深くは考えない方がよいのかも。
下手な考え休むに似たり


いろいろ書きたい事はたくさんあったのですが、先週はなにかとバタバタしていて、ゆっくりブログを書く時間がありませんでした。
書きたい事とバタバタな事は、同じ事っちゃぁ同じ事なわけですけど、
正月休みの最終日には、「アンティークモール銀座」へ行ってきたり(大谷さらささんの銀座店が12月にオープンしたので、早いうちに行っておきたかったのです)。でも、骨董ジャンボリーが控えていたので、よい物を見つけても、結局悩んだ末買えなかったり。
で、その骨董ジャンボリーへは、8日(日)に行きました。最近着物自体にはそれ程目が行かなくて、どちらかといえば、小物へと興味は移っていて、今年は帯を充実させようなどとも考えたりしているわけですが、やっぱりビンボー続行中なので、すっごく気に入った物には手が出なくて、お値打ち品の帯を買うにとどまったとか。
その一方で、欲しい物をちょっとくらいがまんしていても、借金は減らんな~と空しくなってみたりね。とほほ~。
blytheとかなんとか言いつつ、今回西洋骨董にまで目が行ってしまい・・・着物へ目が行かなくなっても全然ダメじゃん!と自分に突っ込んでみたり。
あっでも今回の収穫は、さっき書いた帯と、このミニブライスちゃんだけでありました。
ブライスは、娘用。
どっかのおもちゃ屋の倒産放出品とか、そんなところでありましょう。何種類か置いてあるブースがあって、娘はバレリーナスタイルの物と、このモンロースタイル(右目の泣きぼくろがポイント。「7年目の浮気」のあの衣装を着ていたのです)のどちらを買うか、もっっっのすごく悩んで、最後は選びきれずに泣き出した程でありました。
で、この衣装は、家に帰ってから、私が縫ったのよ。
バレリーナの方を諦めさせるために、ピンクのヒラヒラのドレスを縫ってあげるから、と約束したのですよ。
ちなみに、この衣装は、すべてアンティークレースでできているのであった。
   こーゆー人形にはまる人の気持ちが少しわかったよ。


時間は前後しますが、7日(土)は、友人宅にておでんの会。
楽しい時間を過ごさせていただきました。
で、最近こうやって集まる事が続いているのですが、なんと言いますか、
さらけ出しております。
別に今まで故意に隠してわけではないのですけど、やっぱ自宅を行き来する、とゆーのは、何か一線越えるよーな所があるようです。
私だけか?


★★★今日読んでいる本★★★
「「しつけ」の上手い親下手な親―わが子の素質を正しく伸ばす秘訣」
田中澄江/PHP文庫
確か妊娠中に買って、途中で辟易して止めたのであった。
でも今読むとけっこう納得できる。
子育てって、ある程度経験してみないと、人の言葉に頷けないのだねぇ。でもそうゆー時には書かれている時期は過ぎているのだねぇ。とほほ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.04

正月ぼけぼけ

みなさんこんにちは。
今日も朝からめちゃくちゃ寒いですね。
今日からお仕事始めの方も多いかと思います。
今年のお正月は、体調を崩していた方も多いようですね。
私の周りでも、寝込んだ人が何人もいました。
一方で私自身は、年末は毎年のように寝込んでいたのですが、今回は元気に年越しができました。しかし、この年末年始、例年にない忙しさで、そろそろ疲れが出てくるのではないかと、ちょっと心配です。胃がまた痛くなっているし・・・。
出かけたのは、夫と私の、それぞれの実家へだけだったのですが、子供はみょーにはしゃぎまくって、今日から保育園だったのですが、起こすのも大変でした。子供もぶっ倒れないか心配です。


3days夫が大晦日も元旦も仕事だったので、あまり「正月」とゆー感じでもなかったので、よけい落ち着かなかったかも。
それでも、私は三が日ずっとお着物で過ごしました。
今年は控えめに・・・色無地です。まぁ、もういい歳なんで・・派手は止めです。
実家の近所でお茶をやっていた方からいただいた物です。写真ではわかりにくいですが、ステンドグラスのような地模様にピンクのぼかしが入っていて、ちょっとおもしろい色合いで、「どーかなー?」と思ったのですが、着てみたらなかなか春らしくてよい感じでした。
帯は、以前から何度か書いている、近所の悉皆屋さんからいただいた物。悉皆屋さん・・・まだ全然建て直し始まっていません。うう・・このままフェイドアウトしてしまうのかな〜・・・。


最近、あまり着付けに気合いが入らない話は先日書きましたが・・まぁ三が日はかなりきちっと着ていて、我ながらけっこうきちんと着られていたとも思うのですが、
日々、楽なウールで過ごすことも多くて、それはそれでオッケーなのですが、
なんつーか、ここにきて、きちんと着付けも習ってみたいな〜と思ったりし始めています。
えらそーですが、普段着の着方はもうそろそろいいかな?と思ったり。次は、上手く決められない所とか、わからない部分をきちんと直してみたいな〜と思うのです。
ってゆっても、すぐに教室に通うってわけではありませんけど。
お着物に対して、最近そー思っているとゆーお話です。
ああっもう少し締まった抱負を立てたいものですが、
今年はなんか、うだうだと始まってしまったのでした。


★★★今日読んでいる本★★★
ああっ今日も何も読んでいない!
三が日も何も読んでいません。文字離れの日々。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.01.01

明けましておめでとうございます

nenga06

本年もよろしくお願いします。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »