« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.30

小人閑居して・・・

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
「寒くなる」と言っていますが、今日もまだ、けっこう暖かです。
でも、私はまだ風邪ひきです。
なんか・・・月曜辺りはけっこう調子がよくて、そこからまた下り坂な体調です。
起きてから少し活動すれば、かなりいいのですが、寝ている時、喉がめちゃくちゃ痛いのです。不思議なくらい・・起きてからは平気なのですけど。
寝ている間のマスクを止めたからかな?もう少し続けてみようかな。


結婚してからは結婚したことを、
子供が産まれてからは子供がいることを、
いろんな事ができない言い訳にしています。
確かに・・色々たいへんです。体調が悪い時のこじらせぶりを見ても、疲れているんだな~と思います。
もともと、一人で行動することが多かったので、都合を合わせなければいけない誰かがいるというのが、やりづらいのです。調子狂いっぱなしで、ストレスも溜まります。
そー思いながら生活を続けていたら、そー思うことが当たり前になってしまったようです。
でもそれは、言い訳なんです。
結局器が小さいンで、自分のことでいっぱいいっぱいで、他人を入れる余裕がなくて、いろんな事が大変になってしまうのだな~。
大変な事が多いからいっぱいいっぱいなのと、状態は似ているけれど、やっぱり全然違う。
昔、占いで
「大器晩成」
と言われたことがあって、占いとか、そんなに信じているわけではないのだけれど、時々思い出す。
それは、今の自分の器があまりに小さいので、こんな小さな器もいつか大きくなるのかな~、という疑わしさ半分の期待と、いつか大きくなりたいな~という希望があるから。
あんまりいっぱいいっぱいになっていると、大きく成る前に壊れちゃうんじゃないかと思うこともあるけれど、それならそれで、小さいながらも、せめて丈夫に大事にしていかなければな~とも思う。
しかしね、もういい加減余裕のないことばかりでも困るな~と・・・つくづく思ったりするのです。
もっと、家族のこととか、友達のこととか、自分のこととか、
ゆったりと受け止められるようになりたいな~と・・・
きりきりするばかりじゃ辛いしね。


★★★今日読んでいる本★★★
「博士の愛した数式」小川洋子/新潮文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.29

大人にならなきゃ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
先週末から暖かい日が続いていますが、今夜からまた寒くなるようです。
私の風邪も、治りそうで治らないです。う~む・・・・。
昨日はずいぶんいい感じだったのですが、今朝はまた、後頭部がずっしりと重いです。何か乗っかってるのか!?首の付け根の辺りを暖めると気持ちいいです。
職場でも風邪が流行っています。


先週末・・・土曜日は、お友達のおうちでワインの会が開かれました。
しかし、私は風邪っぴき。
今考えると、体調はかなりひどかったんだよね。たぶん。
楽しみにしていたし、そんなに無理をしている気もなかったのだけれど、4杯ほどグラスを空けたら、けっこうクラクラ来た~。
で、首の回りを暖めてもらったり、悪い物を体の外に出すツボを押してもらったりしていたら、ゲボゲボ来てしまった。
うは~~でした。なんつーか・・いい年してってのはあるけれど、こんなにゲボゲボしたのはかなり久しぶりですよ。
で、これは風邪の悪さも追い出してるからなのか?1度で済まないのでした。なんかねぇ・・・何やってるんだわたしーーーっ!です。
ぐたーーーとして、背中さすってもらって、しばらくするとゲホゲホ。を3回くらい繰り返してました。
ほんとに、何しに行ったんだ、ってくらいグダグダしていて、一時は「帰れるのか?」という不安が胸を掠めるほどだったのです。
が、グダグダするだけさせてもらったら、けっこうすっきりしてしまいました。わはは。


とゆーわけで、なんだか、とっても傍迷惑な飲みをしてしまったのでした。
反省。みんなゴメン!
これから数回ある予定の忘年会には、体調を整えて、楽しく飲みたいものです。


★★★今日読んでいる本★★★
「人生の黄金時間」大岡信/角川文庫
何か軽く読める物を・・と、以前買った物を引っ張り出しました。
集中できないせいか、今いちしっくりこない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.25

がんばれ がんばれ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
じゅんこ@風邪ひきです。
昨日は仕事をお休みしました。
休む時の基準って、けっこう悩みます。
仕事しようと思えばまったくもってできない事はないけれど、ここで無理したら絶対長引く、と思ったので、昨日は休みました。


子供も保育園へ預けて。
昼ご飯も食べずに、我ながらよく眠れるってくらい眠りました。
やっぱ寝ることは大切ですね。こんなことで、疲れを実感してしまいましたよ。もうね、しみじみ
「あ~疲れてたんだなぁ」と思いました。
それとね、働くお母さんたちの話で、
「どんなに疲れていても、子供の笑顔を見ると元気になる」
ってあるじゃないですか?
全然ダメ。私の場合、体力吸い取られてます。
昨日も、夕方子供を迎えに行って、保育園に足を踏み入れたら、もうシュワシュワ何かが体から抜けてく感じですよ。
もちろん、それで「がんばろー」って気になることもあるのだけれど、しょせん一時のこと。
どんなにおとなしいよい子でも、やっぱ側にいられると、ゆっくり休めない。


出産直後も思ったのですが、
虫って、卵産むと死んじゃったり、交尾の後雄を食べちゃったりするじゃないですか。
あれって、理に適っているなぁ・・と。
猫とかも自分の胎盤食べちゃったりね。
人間は、効率よく栄養補給する方法が、ある程度わかっているから、そこまで極端ではないけれど、ちょっと昔なら「産後の肥立ちが悪くて・・・」なんてのは珍しい話でもなかったわけで。
なんと言いますか、生きとし生けるもの、後の世代に生命を奪われていくってゆー決まり事。
それも何か、と思いますが、「そーゆーものだ」とゆー覚悟はあってもいいかもしれない。


ああしかし、もう少し体力が欲しい。


★★★今日読んでいる本★★★
「僕らは星のかけら」マーカス・チャウン/SB文庫
しつこいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.22

風邪は早めに治しましょう

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。しかしやっぱり寒いです。
寒気もします。やばいです。
先週の金曜日のパターンか!?
せっかくちょっとよくなったと思ったのに・・・。う~む・・・やっぱ日曜日の外出がよくなかったか?


明日は、いよいよ「北斎展」へ行くつもりでいるのですが、大丈夫かな~。
先輩に
「具合悪かったら、帰っていいよ」と言われた時に、帰ってればよかったわ。とほほ。
言われた時はまだ仕事がちょっとあったし、「どーしよーかな~」って感じで・・
そうこうしているうちに、帰るタイミングを失ってしまった。バカだな~。
今更だったら、勤務時間いっぱいいても、大した違いはないね。
どうも、部屋をぐるーーーーっと廻ってきた風邪が感染ったようで、斜め後の席の人が先々週から苦しんでいる症状と同じ。みんな休めないから、治らないんだよネェ・・・。
なんか今ちょっと、「そーゆーのって、迷惑」とちらりと思ったよ。
でも私は休むよ。サッサと治すよ。っつかみんなもサッサと治してくれ。


あう~・・・今日は、実家からもらった家庭菜園産の里芋でコロッケ作る予定なのだが・・。
作るのはいいのだけど、里芋は外で洗いたいのだ・・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「百器徒然袋-雨-」京極夏彦/講談社文庫
昼休みに読み切るつもりだったのに、「耐震構造計算書」偽造の話題で盛り上がってしまい、読めなかった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.21

電気のふるさとじまん市

みなさんこんにちは。
今日も寒いです。ほんとに、すっかり真冬のようです。
でも、時期的になんだかまだ真冬って気分でもなくて、コートとか着る気になれません。
が、金曜日、「ちょっと熱っぽい」とか書いて、帰る頃には、節々の痛みと寒気がひどくて、家に帰って熱を計ったら、38度超えていました。
熱は翌日には下がったのですが、喉が腫れている傷みと、ちょっとだるかったり、腰が痛かったり・・・で、土曜日は家でダラダラしていました。


日曜日は、上野で開催されている「北斎展」へ行くつもりでいたのですが、先週「電気のふるさとじまん市」というイベントの案内が来て・・・そっちへ行ってしまいました。いわゆる電源地域(発電所がある地域のことですね)を紹介するイベントです。
「北斎展」も、あまり会期終了間近だとさらに混みそうなので、なるべく早く行きたいとは思っているのですが、「じまん市」はこの週末だけだし・・・。

jimaniti2jpg
(終了間近に撮ったのでちょっと淋しいですが、時間中はかなり混んでいました)

案内を下さったのは、佐世保の三川内陶磁器卸団地内にある、「龍弘堂」さん。
2年前に九州旅行をした時、三川内焼の小皿を購入させていただいたお店です。
三川内焼は、唐子の絵が有名ですが、東京ではあまり手に入らないのでした(最近はどうだか知りませんが、2年間には扱っているお店はありませんでした)。
それが、佐世保市の代表として今回出店なさっていたのです。
今回購入したのは、今年から作り始めたという、蕎麦猪口と薬味皿のセット。
焼酎ボトルやボンボンポットもめちゃくちゃかわいかったのですが、普段使う物をと思い選びました。

karako

相変わらず、貧乏続行中なので、これでほぼすっからかんだったのですが、現金持ってなくてかえってよかったかも。お金があると、際限なく色々買ってしまいそう。
遠くから来てもらってると思うと、余計に色々欲しくなってしまったりするんだよねぇ。
和田くんは、買い食いを楽しんでいましたが、最終日午後からだったので、売り切れも多くて、ちょっと残念でした。
おいしい物だけではなく、郷土芸能のステージや、体験工房などもあって、なかなか盛りだくさんです。
DMの登録もしてきたので、次回は、せめて2日目には行って、各地の名産を堪能したいです。

namahage
(「偽物じゃん」と言いながら引きつっています)


★★★今日読んでいる本★★★
「百器徒然袋-雨-」京極夏彦/講談社文庫

| | TrackBack (0)

2005.11.18

ちょっと待って

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。でもやっぱり寒いです。
とうとう、私もちょっと喉が痛くなってきてしまいました。お昼過ぎは、ちょっと熱っぽい感じもあります。困ったな~。
ずっとどうしようかと考えていた家の暖房ですが、昨日はとうとうエアコンを入れました。
やっぱりこれがいいのかな~。でもまた電気代がかかるのかな~?
でも、今年は灯油も高くなっているから、石油ファンヒーターとそんなに変わらないのかな?
なんかしょっちゅう電気代の心配をしてるな~・・・・。でもやっぱ、普段の「倍」はすごかったですよ・・・。
ちなみに、先月分はまたフツー(と言っても、超電化住宅になってからのフツー)にもどりました。
やっぱり乾燥機は電気をかなり喰うようです。


職場の後輩が、結婚に失敗した友人の話をしていて、
その人はあまりのショックで、ちょっと今おかしくなっちゃってるみたいなのだけれど、話している後輩のだんなさんも、今ちょっと変で、少し悩んでいるような話を先日聞いたばかりだったのでした。
「変」というのは、もともとちょっとオカルト気味なだんなさんなのだけれど、最近仕事の疲れからか、そーゆー方面への興味が強くなりつつあって・・・私の後輩もそーゆーのにまったく理解がないわけではなく、むしろ理解はある方なのだけれど、生活に支障の出るようなはまり方はして欲しくない・・・と、まぁ当然な心配をしているわけです。
私としては、ちょっとおもしろいので、今後に期待・・・だったりするのですが。
で、後輩が唐突に、
「もしかして、風水じゃないかと思うんです」とゆーんです。
「今のマンションに越してきてから、夫婦仲もおかしくなった気がするんです」
って、自分たちのことです。
私は風水には疎いし、そーゆー事は考えない方なのだけれど、まぁまったく信じないとゆーわけでもないし、彼女のだんなさんがなんかおかしいってゆーのは知っているので、
「えー本当にそーゆー事ってあるの?」とちょっと心配になったりしました。
が、よくよく考えてみると、
あんたら、結婚した当初からそこに住んでるじゃん。
それ、そこに住んでるからってゆーより、もっと直接的な原因を考えた方がいいんじゃないの?
ってゆーか、「家族で食事会」と言いながら、「あっだんなに教えるの忘れてた」とか、
そーゆーの止めたらいいんじゃない?
・・・・・と、思ったりする。


★★★今日読んでいる本★★★
「百器徒然袋-雨-」京極夏彦/講談社文庫

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.11.17

読みたい本がたくさんあるの!

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。しかし今週は急にひどく寒くなって、防寒の準備がたいへん。
今日はボジョレーヌーボーの解禁日でした。私の職場でも何人か買ってきている人がいましたよ。
今年は当たり年だそうなので、よいですね。と言いつつ、そんなには興味がないので、私は買っていません。


先日書いた「下手な文章」の小説は・・・まだ読んでいません。
やっぱそんな下手な小説を読むのはちょっと気が引けるのでした。1日で読めちゃうくらいな字数みたいですけど、貴重な時間を使うのだからなぁ・・・・。
で、今読んでいるのは、京極夏彦の「百器徒然袋」。
9月に出た文庫本なのだけれど、読んでみたら、前に出てたのの新装版じゃん!
しかも「京極堂」のシリーズは全部買っているから、持ってるじゃん。
やられたよ。京極堂は、改訂版とか出てる分は無視していたのだけれど、「百器徒然袋」はうっかりしてました。
でも、同じ小説を2度読むなんて機会はなかなかないので、とりあえず読んでます。まぁ読めばやっぱりおもしろいし。
しかし、あんまり紛らわしいと、京極夏彦は古本屋で買うだけにしようか?と、ちょっと考えちゃいました。だって文庫にしたってけっこう高いんだもん。
そうかと思えば、
「文庫化したら買おう」と思っている、小川洋子の「博士の愛した数式」はなかなか文庫にならないな~。
・・・・と思ってたら、近日発売だそうで。


ほんとゆっくり本を読んでいる時間がなくて、ちょっとストレス。
今日子供は、楽しみにしていた「ハウルの動く城」を見ていたので、その間に読もうと思っていたのですけど、次から次へと
「あれは何?」「あの人はどうしたの?」「今なんて言ったの?」と質問攻め。
私は見てないっつーのっ!?
「見てないおかーさんに、なんでわかるの!あんたの方が最初から見てるんだから、教えなさいよ!」
と切れました。
こうゆー時の子供はほんとうにうっとおしい。
私は子供と遊ぶのもかなり苦手なので、難なく子供と時間を共有できる人って、すげーな。と思う。
子供と過ごす時間なんて、ほんの少しなのだから、今の時期だけ子供に付き合うのも貴重・・・とゆーのもわかるし、まったくそのとーりと思うこともあるのだけれど、私の時間だって、永遠にあるわけじゃないンだ。
子供だけが、唯一無二の大切な物でもあるまいし。
で、思い出したのですが、
2年前、職場の人が、ず~っと希望していた海外留学の受け入れ校が決まった直後、癌でなくなりました。
で、その人の子供が、その頃ちょうど今のうちの娘と同じ年だったのだけれど、お葬式の後奥さんが
「お父さんのことを忘れないでね」
と言ったら、
「毎日楽しい事がいっぱいあるから、忘れちゃうよ」と答えたそーな。
亡くなったその人は、けっこう子煩悩、親バカ、でしたヨ。
子供はそれでよし。
っつか親の存在なんてその程度。
時間を共有できるのならすればいいけど、別に無理にしなけりゃいけないとも思わん。


★★★今日読んでいる本★★★
っつーわけで、
「百器徒然袋-雨-」京極夏彦/講談社文庫

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.11.14

「危険」「触るな」

みなさんこんにちは。
今日は朝から曇りです。また、やけに寒くなりましたね。
ああ、また洗濯物が乾かない・・・。
気に入りのカシミヤの半袖セーターがあって、今日はそれを着たのですが、これを着る時って、いつもカーディガンを羽織るんですね。でも今日は、ジャケットが暑いかな~と思ってカーディガンは着てきませんでした。そしたらけっこう寒い!職場はまだ暖房を入れてないのでした。
やられた・・・・。
そして時計屋からの連絡もない・・・・・。修理代金はともかく、直せないってことはないと思うんだけどな~・・・しょんぼり。
この話を家ですると、娘が切れます。私が夫に怒られると思うみたいです。
って怒られてるけどさ。
怒られて当然の事をしたので、私は仕方ないのですが、娘には「責任を取る」とかゆー以前に、「怒られる」という事が耐えられないようです。結果、夫はちっとも悪い事はしていないのに、ってゆーか、むしろ被害者なのに、悪者のように娘に責められております。困ったねぇ。


やってはいけない事を、わかっていながらやってしまった私ですが、思い出してみると、けっこうそーゆー事してるなぁ・・・・・。学習能力がないのだなぁ。とほほ。
そー言えば、以前部屋がガス臭くて、ガス漏れかな~と思いつつ、どーすれば確かめられるかと考え(-中略-)とゆーよーな事をしてしまった事もあったなぁ。
今回時計が壊れたくらいで済んでよかったのかも・・・。いえ、心に刻んで、以後気を付けます。
そー言えば、過去に、友人間で、私が接触の悪いハードディスクを水洗いしている、とゆーわけのわからん噂を立てられたこともあったなぁ。う~む・・・一部では「クール」とゆー評判も頂いているのですが、実は、
よく言えば「大胆」。悪く言えば「無謀」っつか「大ざっぱ」な人間だと思われているのか?
ってゆーかそのとおりです。
いけない。いけない。
下手すれば命に関わるような事もあるので、やってはいけない事は、やっぱりやってはいけないのです。先人の知恵は尊重せねば。です。
子供の頃読んだ「十三湖のばば」にあるエピソードのひとつが思い出されました。


★★★今日読んでいる本★★★
「僕らは星のかけら」マーカス・チャウン/SB文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.13

すっかり寒くなりましたが

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気でしたね。
今週は久しぶりによいお天気の週末でした。
ぶっ壊れた時計・・・時計屋から直りそうなのかどうなのか、全然連絡がこなくて、めちゃくちゃ気がかりです。くくゥ・・・。金に糸目はつけ・・・・るけど、できることなら直って欲しい。


今日は、友人の合唱コンサートがあって、聴きに行ってきました。
妹が学生時代ずっと合唱部に入っていたので、若い頃はよく聴きに行っていたのですが、社会人になってからはずいぶんと久しぶりです。そーいえば、結婚してからは、コンサートってものへほとんど行ってなかったです。
男声合唱で、寺山修司、サウンド・オブ・ミュージック、北原白秋 でした。
が、移動に思いがけず時間がかかってしまい、第1部の寺山修司はほとんど聴くことができず、残念でした。私的には1番楽しみだったのに・・・。
第2部のサウンド・オブ・ミュージックは・・専門的にはどう言うのか知りませんが、演出が入った舞台で、子供も喜んで手拍子などしながら聴いていました。
小さな子もけっこういたので、気が楽でした。
しかし、第3部が始まると
「お腹すいた~」と言い出し・・・
曲の切れ目に退出しようとしたら、席の後ろの方に、同じ年くらいの子供を見つけ、そちらへとっとこ行ってしまい、
結局帰ってきたのは、アンコール曲が始まってから。もう最後までがまんさせるかな~とも思ったのですが、落ち着かなかったので、途中で出てきてしまいました。
でも、久しぶりの合唱コンサートは楽しかったです。


haori1久しぶりに、おでかけのために着物を選びました。赤白銀の縦縞模様の着物です。帯はモダンな雰囲気のバラ。少し寒かったので羽織を着ました。アンティークによくある、青い絞りです。
娘も久しぶりに着物を着たいと言うので、本当に久しぶりに着せました。
丈がかなり短くなっていたので、前日に長襦袢とも腰上げを直しました。
ひとつ失敗したな~と思ったのが、今日着た着物に合う帯がなくて、私の半巾を締めたのですが、かなり重かったようです。普段使いの子供帯・・もう1本作っておいたほうがよさそうです。
もうひとつ。七五三の季節で、私はともかく、子供が着物を着ているのはやっぱり普段には珍しいので、七五三と勘違いされまくりました。着物を知っている人が見れば、全然晴れ着じゃないんですけどね。


kaki柿をたくさんいただきました。
袋に入っているのは、近所に大きな柿の木のあるおうちがあって、そこの方が持ってきて下さいました。袋の外にあるのは、外出した時に、目の前で転んでしまったおばあさんがいて、荷物を拾ったりするのを手伝ったら、お礼に下さったのです。
先日行ったお好み焼き屋さんがサービスで、私たちには茄子の煮物を出してくれたのですが、他の席に柿を出していて、娘が「柿食べたい!」と騒いで・・・以来、娘は柿のことで頭がいっぱいで、今日こんなに柿を頂けて、飛び跳ねて喜んでいました。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.12

破壊の神

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気でしたね。
心配だった雨も、予報どおり昼までにはあがり、用事には支障なく、助かりました。


昨日のことでござる。
変な愚痴をグダグダ書いたせいか?気弱になった報いか?
とんでもない失敗をやらかしてしまい、また落ち込んだりしております。
もーーーーう、我が身のバカさ加減に我ながら呆れかえって、文字通りひっくり返っております。
夫も呆れかえってひっくり返っていました。
じゅんこは夫が気に入っていた、悩みに悩んで買ったアンティーク時計ン万円を、秒殺してしまいましたとさ。
終わり。
     って終わりません。
アンティーク故に、ネジの鍵がバカになってしまっていたので、先日時計屋さんに代わりの鍵を注文したのですが、その鍵が昨日届きました。
私が受け取り・・・私もその鍵が届くのをとても楽しみにしていたのです。
夫はなかなか仕事から帰ってこず、やっぱりそこは人情として、
「ネジ巻いてみようかな〜」などと思ったりしたのです。
キリキリとネジを巻くと、時計は元気にチクチクと動き出しました。
「わ〜い、動いた〜」とそこまではよかったさ。
その後私は当然次の作業にかかりました。しかし、その後の話は恐ろしくて書けない。
私のどーしよーもないところは・・・それはやってはいけない事だ!と知っていたのに。
知っていたっつーに!!「ちょっとくらいならいいよね〜」と安易にしてしまったことだ。
ああっもうこれ以上は悲しくて書けない・・・・。
ううう・・・しかしマジあんなに簡単に壊れるとは思ってなかったんだよ〜。
みなさんもくれぐれも注意しましょう。って何したかは書けないけど。
わかる人にはわかってしまい過ぎな事をしたのですが、わかっても絶対!書かないように。


051112_164901娘の音楽教室が今日から始まりました。実は先週からかと思って教室へ行ったら、今日からでした。恥ずかしかったです。これからは、案内はきちんと上から下まで読むようにしたいものだ。
娘も音楽は好きなのですごく楽しみにしていたのですが、実際行ってみるとちょっと引っ込み思案が出て、もじもじしていました。歌ったりする時はきちんとしていたので、まぁとりあえず平気かな〜。初めての経験だしね。
最近休みの日はほとんど着物で過ごしています。特別なおでかけとかはないので、普段着ですが。
今日の着物は、写真ではわかりませんが、ちょっと見でもわかりませんが、実はかなりボロです。
汚れや破れはないのですが、裏地が縮んでしまって、いわゆる「袋」になっているのです。目立つのは袖口だけなので、自分で直してもいいのですが、怠けています。
台が原宿の骨董市で買った物で、最近の物にはない色味が気に入っています。


★★★今日読んでいる本★★★
「バルテュスの優雅な生活」
節子・クロソフスカ・ド・ローラ、
夏目典子+芸術新潮編集部/新潮社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.11

私はわたし

みなさんこんにちは。
今日は、朝から曇りです。明日は雨が降りそうな予報が出ていましたが、予定があるので、なんとかもって・・・もしくは早いトコ降って、止んでほしいものです。


先日ちょっとイヤなことがあって・・・とゆーかちょっとイヤなことを言われて、それがなんだかず~っとしつこく心に引っかかっています。
別に悪意を向けられたとかではなく、単にその人と価値観が違うというか・・それだけの話ではあるのですが、どーゆーわけか、静かに心の暗い所に響いてしまったのです。
そんな事を気にしている自分が不思議。
その人は、私の考えが間違えていると、かなりきっぱりと言い切ったわけだけど。フツーそんなふーに否定できるもんじゃないだろう。と、いっぱい考えたけれど、やっぱりそー思うし。
その人が言っていることも、間違ってはいないけれど、それは一面だけの正しさで、やっぱり唯ひとつの正しい事ってわけでもなく。
そんなこともよくわかるのだけれど、言われた時にすぐに言い返せなくて。
まぁすぐに言えなくて、「こう言えばよかった」と後から思うのはよくあることで。
でも、否定されたまま言い返せなかったのが、悔しかったりもして。
そんな事をグダグダ思い悩んでしまったのです。

しかしな~・・人の言葉にいちいち悩まされる自分ってのが情けない。
価値観の違いだけのことってのもわかるのに、惑わされてるってのはどーゆーわけだろう。価値の置き所が、自分の中ではなく、外にあるということなのだろうか?
自信がないから惑わされているのだというのは、そんな気がする。
なんかな~・・その、自信がないってゆーのも、なんでそんなことに「自信がない」とか「ある」とかあるのかな~とも思う。
もっと強い心が欲しい。


って、こんな話が書きたかったわけでなく、
相変わらず貧乏続行中だっつーに、
久々に本屋に長居をしたら、とんぼの本で、バルテュスの本が出ていて、1400円+消費税もするっつーに。どうせ後で買うんだから、と思い買ってしまったよ。しばし悩んだけど。
以前バルテュスの本を探した時は全然なかったのに・・・と思ったら、9月に出たばかりの本だった。春にも夫人によるグランシャレの回想録が出ているし、亡くなって5年経って、資料がまとまったのか?
それと、藤原カムイの「西遊記」の4巻目が出ていた。
何巻まで買ったのか覚えていなくて、家に帰ってから調べたら、3巻が出てから5年も経っていたのね。そりゃ忘れるわね。で、これが最終巻だそーなので、今日にでも買いに行こうと思う。
藤原カムイが好きとゆーより、「西遊記」とゆーより、孫悟空が好きなの。


★★★今日読んでいる本★★★
「どすこい」京極夏彦/集英社文庫
この題名書くのちょっとイヤ。もうすぐ読み終わります。
引き続き、職場で借りている本を読みます。
仕事の資料で依頼者から借りたのを、みんなで回し読みしているのだけれど、先に読んだ後輩が
「こんな下手な文章でも売れちゃうんだ」
と言っていた。そんなに下手な文章ってのを、ぜひ読んでみたいので、借りてみました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.08

小さな手仕事

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
休日はけっこう寒かったのに、週が明けたらかなり暖かくて、昨日も寒いつもりで上着を着て出かけたら、上着がジャマになりました。
こう寒暖に差があると、体調も崩しますね。気を付けて下さい。


突然ですが、我が家の土曜日の夕飯には、しじみのお味噌汁がありました。
で、ふと思い付いて、子供の頃祖母が作ってくれていた「貝づつみ」を作ってみました。

shell

大きな方は、もちろんしじみではなく、夏に海で拾った貝殻です。
はまぐりよりちょっと小さいくらいで、中にお香を入れました。手のひらにすっぽり入る大きさが気持ちいいです。
意外と子供が気に入って、日曜日にもたくさん作らされていました。ちょっと縫うだけなので、どんどん出来る。出来た姿もかわいいので、作っているうちに楽しくなってしまいました。
娘の保育園のカバンや、おもちゃの携帯電話に付けました。


ついでに、土曜日のいでたち。

moss

鮫小紋みたいな柄のお召しです。
買った時は、生地がゴワゴワしていてあまり気に入らなかったのだけれど、どんな雰囲気にも合わせ易いのでけっこう着てしまう。着ているうちにゴワゴワしなくなって、なかなかよい感じになりました。
帯は、以前虫喰いの穴を繕った昼夜帯です(http://junko-diary.cocolog-nifty.com/diary/2004/12/_.html。牡丹とか書いてますけど、菊柄です)。虫喰いは、この裏になるモスリン側でしたが、縁がひどかったので、一回全て解いて縫い直したのです。

ちなみに、日曜も、着物で出かけました。って、下に写真載ってますけど。
ウールの袷に雨コート。足下は「えとっふ」さんで買った雨用の爪皮が着いています。
帯は、「大谷さらさ」さんで買った、オレンジ色に紅葉などの秋の柄が染めてあるアンティークの名古屋帯でした。

気候がよいので、またいっぱいいっぱいお着物着ています。


★★★今日読んでいる本★★★
「どすこい」京極夏彦/集英社文庫
リリー・フランキーを貸してくれた同じ後輩が貸してくれました。
相撲好きな彼女が読む京極夏彦は、これが初めてだそうです。
先日出た(ってゆっても、もう先々月か!)「百器徒然袋」はまだ読んでいません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.06

目黒寄生虫館

みなさんこんにちは。
今日は朝から曇りで、いつ降るかな~と思っていたら午後、出かけようという直前に降り始めました。
昨日は、また大塚家具へ行ったりして、ちょっと疲れました。
他にも、落ち込む事があって、今朝はダラダラと寝坊しました。疲れが溜まっているのだと思います。


遅い朝ご飯を食べている時に、子供の時飼っていたペットの話から釣りの話になって、釣りのエサの話になって、
突然和田くんが
「目黒寄生虫館へ行く!」と言い出しました。
どうゆー連想だ。
私は10年くらい前に1度行ったことがあります。
もうすっかり、かすかな記憶しかありませんが、
気持ち悪いと言えば気持ち悪いけど、「こんなもん?」って感じですかね。
部屋の掃除をしたり、子供の冬服の準備をしたりしているうちに、時間は午後2時過ぎに。
まだ昼ご飯も食べていなくて、寄生虫館の開館時間は、午後5時までなので、ちょっと焦りました。
結局バスで大鳥神社前まで行き(歩く時間が目黒駅から行くより格段に短い)、入ったのは午後4時少し前。
でも、館内はそれ程広くないので、1時間あれば意外とゆっくり見ることができました。
入館は無料で、記念スタンプの台の所に募金箱があります。
子供は、資料コーナーの絵本を見てけっこうおもしろがっていましたが、症状の写真を見て、きちんとは理解できないまでも、ショックを受けていました。
まぁ少しでも衛生観念ができればよいかなぁ?潔癖性になられても困るけど。

jochu

jochu2
意外と有名な、8.8メートルの日本海裂頭条虫(サナダムシ)の標本。
で、下の写真は、その長さのヒモを伸ばしたところ。でも長すぎて、この部屋では直線にできない。
分かりづらくて申し訳ないですが、展示室の中央パネルを一回転して戻ってきました。
私の疑問は、これが薬で体外にどうやって・・・つかどういう状態で排出されたのかってことです。
よくまぁ採集したなぁ。

そう言えば、岡本綺堂の小説で、口から回虫が出てきちゃう話あったよね。


結局休日をダラダラ過ごす予定が、そうでもなくなってしまいました。
時間貧乏性。


★★★今日読んでいる本★★★
ありませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.04

東京モーターショー2005

こんにちは。
今日もよいお天気ですね。
どんどん寒くなっていますね。昼間陽射しがある時はよいけれど、夜はかなり冷え込みます。
暖房に何を使うか・・変に戸惑っております。


11月3日は文化の日でした。
着物の集い。「きもの日和」というイベントへ行こうか・・・と思っていたのですが、
個人的な事情により(まぁつまり家族サービスなんですけど)、「東京モーターショー」へ行ってまいりました。
私の家族と、和田くんの妹とその息子・・・娘と同じ年なので、けっこう仲良しさんなのです。
男の子は、ほんと車好きですねぇ。
義妹の子も車大好きな上、今回東京へ出てくるのに新幹線に乗せてもらって、京葉線に初めて乗って、大興奮だったようです。
で、うちの娘はってゆーと、乗り物酔いし易いタチで、車と聞けばそのイメージになってしまうようで、
何日も前から
「車イヤだな〜・・・」とブツブツ。
「車には乗らないよ」と言っても
「車が嫌いなの!」と怒る始末でありました。


が、会場に着いてみると、
お祭っぽい雰囲気に呑まれたのか?目をキラキラさせているのですね。
で、あんなに「嫌い!」と力強く言っていた車のシートに、「座りたいーーー!」と、ワクワクと順番待ちの列に並ぶのでした。ちょっとばかり微笑ましいけど。
今回は子供中心で行きましたので、和田くんの趣味は無視。
もっとも和田くんは、既に一人で一度来ているのです。
なので、ザッと会場を見た後、軽くお昼を食べようと行ったイベント広場にあった、千葉県警のコーナーですっかりゆっくりして、子供たちはパトカーや白バイに乗せてもらってご満悦だったのであります。bike
(なんかシャウトしている娘)

今年で3回目という(私はさすがに初めて観ました)、「トラフィック戦隊アンゼンジャーショー」という・・・子供向けの交通安全啓蒙活動も行われていました。
しかしこれが・・・まぁおもしろいのです。思わず笑ってしまう・・バカバカしさ。しかも
「クレームは出ないのか?」と心配になるような危険な発言に暴力シーン。
笑えるんだけど。うちの娘くらいの子供たちには、かなりウケていましたが、少し小さな子はマジで泣いていました。千葉県警、すぐそばで黙ってみていていいのか?
2年後もまた無事に会いたいものです。アンゼンジャー。


★★★今日読んでいる本★★★
「増量・誰も知らない名言集」リリー・フランキー/幻冬舎
くだらないのはわかっていたけど、後半やっぱネタ切れだったのか?
読んでいて辛かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.02

なかった過去と未来

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
更に寒さも厳しくなって、いよいよ本当の冬がやってきたのでしょうか?
そー言えば、ハロウィンも過ぎたしね。


さて、思い出話の続きです。うざくても続くのです。
たまにはそーゆーのも許してくれ。
さて、そろそろ受験勉強も本腰を入れねば、とゆー時期でありました。
その日また帰りが一緒になった、某K河さんと、何の話をしていたのか、今となっては思い出せませんが・・・
なんだったかなぁ・・
おもむろに彼女が、
「今度、小説を書きたいと思っているんだけど、そのイラストを描いてくれないかな〜」
我が耳を疑うとは、まさにこの時の事でございましょう。
だって、そうでしょう?彼女はプロの漫画家だというじゃありませんか。プロじゃなくても、その頃のいわゆる同人誌界で、すでに大御所と呼ばれていると、聞かされていたし・・・。
しかも彼女はその絵の美しさ、センスのよさで定評のあるような作家だったわけですよ。その某K河さんが、なぜそのよーな申し出を!?
ちなみに、前回も書きましたが、私は特別漫画を描くことに熱心だったわけではありません。ってゆーか、原稿1000枚どころか漫画を描いていませんでした。まぁこの場合「イラスト」ですが、それは当時の私の中で大きな違いではなく、とにかく漫画家のために絵を描くなんつーことが理解の外でありましたよ。
正直に言えば、かなり不気味でした。
つか、それ以前に「受験」の重みに、これから耐えて行かねばならないのですよ。
いー加減な文化活動の延長で、絵を描いていられる気分ではさっぱりないのですよ。
「無理」
即答です。

その後彼女が小説を書いたのか?まったく知らないです。
っつか、卒業してから会ってないし。
その後しばらくは、彼女も少しは私のことを気に掛けてくれていたようで、風の便りにそーゆー話も耳にしていたのですが、私は相変わらず、絵を描くことよりテレコでテープの編集することに、より熱心だったりしたのです。


で、私がその後まったく絵を描くことと関係なく暮らしてきたか、とゆーと、そうでないことは、このブログを見ても明らかなのですが。
っつか、恥を忍んで言えば、社会人になってから、一時期マイナー専門雑誌のカット描きのバイトしてました。んで、1冊分単行本のカットも描かせていただきました。ごめんなさい。
ですが、その頃知り合った、某絵本画家のMさんとお話して、
「私なんて本当に下手くそで・・」とゆー事を言ったら、
「自分ではどんなに下手だと思っていても、プロとアマでは歴然と違う物があるのよ」と言われ、あまりの恥ずかしさに、そーゆー経歴は削除する事に決めたのでした。


どんな仕事にせよ、
それでお金を貰うのは、極端な言い方をすれば、そんなに難しくないのかもしれない。
でも、それで生活を続けていくのは難しい。
プロというのは、それを続けられる人なんだよね。
某K河さんには、どーゆーわけか「じゅんこちゃんならプロの漫画家になれると思う」と言われたりもしたのです。
でも、プロの心を持っていなければ、プロにはなれないのだなぁ。
そして私には、技術以前の物が、やっぱりすっぱり欠けているのです。
なぜ彼女が私にイラストを描いてくれと言ったのか、その理由だけでも聞いておけばよかったなぁと今思う。で、彼女と一緒に活動していた人の多くが、商業誌で描いているのを見ると、あの時一緒にやっていたら、どうなっていたのかなぁ、とちょっと興味があったりもする。
でも、今の記憶を持ってその時に戻って、同じ事を言われてもきっと答える
「無理」
即答で。


★★★今日読んでいる本★★★
「増量・誰も知らない名言集」リリー・フランキー/幻冬舎文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.01

お姫さまは庶民の夢を見る

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。そして寒いです。なんか一気に「冬」ですね。
あんまり急に寒くなって、暖かいかっこうをしたいのですが、あんまり急に寒くなったので、いきなり「冬」なかっこうをしていいのか?とちょっと躊躇したりしてます。

pinkobi今日の話とまったく関係なく、日曜日に妹の家へ遊びに行った時の着物。やっぱウールは楽だわ~。そして寒くなってきたので、着物も楽。先日長襦袢の話を書きましたが、今日はまた別の長襦袢だったけれど、けっこうきれいに着られました。もしかしてっ!着付けが少し上手くなった?な~んてうぬぼれてみました。
帯は確か、大谷さらささんの展示即売会で2000円で買った物。現代物だけれど、この値段で汚れもなくすごくかわいくてきれい。


先日「ダメな大人」発言で、母を奈落の底へ突き落としてくれた娘ですが、
あの発言の時していた話は、「将来なりたいもの」でした。
ず~っと「お姫さまになりた~い」と言っていた娘が、あの時なぜか
「やっぱりお姫さまは止める。警察官になる」「お姫さまってあまりおもしろそうじゃないから」と、いきなり現実的な発言をしたのでした。
さて、その娘が、最近やけに、お姫さまにはどうしたらなれるのか?というような事を聞いてきていました。
おそらく、「お姫さま」の夢が捨て切れていなかったのでありましょう。
夢を叶える方法としても、その方法をリサーチするのはとても正しいです。
しかし今朝、またもやいきなり
「やっぱり漫画家になる」
・・・・なんだそりゃ?お姫さまと警察官もかなり遠いけど、それもまたずいぶん遠いナァ。
で、娘がなぜ「漫画家」なのか。
これは突然ではなく、まぁこの年頃のたいていの幼児と同じで、娘も「お絵かき」が大好きなのですが、
何日か前に、絵の話をしていて、
「お母さんのお友達は、1000枚絵を描いて、漫画家になったのよ」とゆー話をしたのでした。
どうもそれから、何やら自分なりに考えた末、そーゆー結論に達してしまったようです。


さて、ここからは娘の話ではなく、私の思い出話です。うざいです。
漫画家になった友人は、某K河さんとゆー少女漫画家ですが、高校3年の時、留年した彼女が私の友人と同じクラスになって、その友人から紹介されたのです。
当時すでに、一応ではありますがプロデビューしていたらしい某K河さんでしたが、私は知りませんでした。
でも、まぁそうやって紹介されて、帰り道が同じだった事もあって、会えば少しまとまった話などもするようになって・・・そんな話の中で、さっきの
「1000枚絵を描けば・・」の話があったのでした。厳密には「漫画家になりたければ、最低1000枚は原稿を描いていなければ」とか、そんなような言い方だったかと思います。
ちなみに、私に某K河さんを紹介してくれた友人は、マンガ研究会とゆーものの会長をしていましたが、私は文化祭の時に助っ人で簡単なイラストを描いたくらいで、マンガ研究会とはあまり関係はありませんでした。
私の主な活動の場は放送部で、文化祭に限って言えば、クラスメイトの自主制作映画の手伝いとかもしていました。


さて、そんないい加減な文化活動をしていた私ですが、そろそろ受験勉強も本腰を入れないとな~とゆーか、はっきり言って、今から本腰かいっ!と突っ込みを入れたくなるようなそーゆー時期に、この某K河さんが私にちょっと不思議な事を言ってきたのです。
その話は、ここまでが既に長くなった上、この先がさらに長いので次回。
年寄りの自慢と思い出話は長いのです。


★★★今日読んでいる本★★★
「増量・誰も知らない名言集」リリー・フランキー/幻冬舎文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »