« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.29

しじまの声

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
長袖で出たら、ちょっと暑いくらいです。


別に天文趣味になったわけではないのですが、最近ちょっと星関係の本を読んでいましたら、どーゆーわけか和田くんが、ややはまり気味になってしまいまして、セガトイズの「ホームスター」を買うゾッ!てな勢いでございます。
それはちょっと・・・なんかそれって今だけのノリっぽいし、この時期まだ待ったほうがいいんじゃない?ってことで諦めてもらいました。
んで、その代わり・・ではないですが、偶然にも「大人の科学」の最新号の付録が、大平貴之監修のピンホール式プラネタリウムだったので、さっそく買ってきました(和田くんが)。
昨日の夜、家族で一緒に作りました。
作りはすごく簡単なのですが、これがなかなかすごいです。
投影してみたら、本当に星の中に浮かんでいるような気分です。
スクリーンが近い方が星がはっきりするので、最初トイレに持ち込んで映してみたら、ちょっと目が回りました。寝室の天井が低めなので、映してみたらいい感じでした。周りの光を抑えることができれば、もう少し広い部屋でもかなりいいかも。
あっ今度お風呂で映してみようかな。
「大人の科学」2,200円が高いか安いかはビミョーなところですが、割とお薦め。


★★★今日読んでいる本★★★
「最新天文小辞典」福江純/東京書籍

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.28

ゴミはゴミ箱へ。分別で。

みなさんこんにちは。
今日は朝少し雨が降っていたので、洗濯物を乾燥機にかけてきたのですが、今陽が出ています。
家が超電化住宅になってしまって、電気料の請求書にのけぞった私は、電気の使用にちょっとばかり神経質になっているのでした。
「便利を買ってるんだ」と自分を慰めていますが、こういう時はかなり悔しいです。


「私がリンドバーグでなければ、息子は死ななかった」とゆー言葉を思い出しております。(事件の真相がどーとかゆーのは置いておいて、字面通りに受け取って)
似たような事があったとゆーわけではなく、些細な事なのですけど、まぁ悪意ってのは、思いがけない所にあるなぁってゆーか、どこにでもあるなぁっつか。悪意とまではいかなくても、行儀の悪い奴はけっこういるなぁと。
明確な悪意ってのはもちろん怖いけど、後者の、悪意とまではいかないってのも、ほとんどに自覚がない分タチが悪いなぁと思ったのでした。
お行儀がいいだけってのもおもしろくのだろうけれど、せめてそれくらいはできろよってのもある。


話はまったく変わりますが、
先日、職場の後輩が、一人暮らしを始めた家にゴキブリが出た。なぜだっと騒いでおりました。
ゴキブリって・・東京近辺になら、フツーにどこにでもいるものかとも思っていたのですが、そーじゃないんですね・・・。
しかも、ゴキブリの卵とゆー物を、この職場のほとんどの人たちが見たことがないとゆー事が判明しまして、私はビックリでしたよ。
そーなのか!?世間のほとんど大多数の人たちは、見たことがないのか!?
って、私だって、毎年必ず見ています。ってわけではなく、この年になれば1~2度は見たよ。ってくらいなもんなんだけど。私よりかなり年上の人でさえ、見たことがないとおっしゃる。
そして、見ても気付いてないかも・・とゆーことになって、私はその絵まで描かされたのであった。とほほ。
そんなに珍しいのか?まぁ生命力と順応性を誇る彼らではあるけれど、地域によってはほとんどいないらしいけど・・・同じ東京近郊に永らく住まう方たちに、それ程珍しがられるとは・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「最新天文小辞典」福江純/東京書籍

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.21

わからない・・・

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
熊本へ帰省していた人が、馬油をお土産にくれました。私の今使っている物が、旅行先で買った物で、そろそろ新しい物を買いたかったので、どこのを使っているか聞いただけなのだけれど(熊本の馬油は有名)、申し訳ない。しかもこれうちの近所でも売ってるヨ。メーカー教えてくれれば自分で買ったのになぁ。
今日もめちゃくちゃ化粧の乗りが悪いので、早速使わせていただきます。
ついでに今、めちゃくちゃマジでビンボーなので、代金を払わなくてよいのは本気で助かります。ありがとうございます。


話はいきなり変わりますが、
下手な考え休むに似たり
ものすごく噛み締めております。
しかし、どんなバカでも考えることを止めることはできないのですね。止めることができないくらいバカってことなのかもしれないけど。
「天文学小辞典」とゆー本を読んでいます。つまみ読みです。
その前までケストラーの「機械の中の幽霊」を読んでいました。が、ほとんど理解できなかったので読むのを止めました。前回もそんな感じで途中で読むのを止めました。ここまでで、通算160ページくらいしか読んでいません(ちなみに今回読み進んだのは30ページくらいか?)。
また気が向いたら続きを読むと思います。


んで「天文学小辞典」を読んでいるのですが、先日和田くんと話をしていて、
「ウラシマ効果が理解できない」とゆー話になって、かなり前に買ったままになっていたこの本を引っ張り出してきたのでした。
はっきり言ってこれ読んだだけじゃ、やっぱりさっぱりわかりませんでした(わかり易い簡単な物を・・と思って買ったら、ざっくりしすぎてた。でも面白いので読んでます)。
結論から言えば、ネットに解説したページがあって、やっとわかりました。
解説したサイトは、すっごい数あったけれど、すっきりわかる説明はほとんどなくてジレンマでした。やっぱり私の頭は悪いんだな~とつくづく思ったりもしましたけど、なんとか理解できてよかったです。そして私にも理解できる説明を書いてくれる人がいてよかったよ。感謝です。
しかし、物理とゆーのも、なんかほんと魔法のようなお話ですね。
へ~~と思ったのは、和田くんと話している時に
「時間の進み方が遅くなるっていったって、それって計算上の話でしょ?ほんとにそんなことあるのかねぇ?」と言っていたのですが、もう実験的に証明されてるんですね!知らなかった。


宇宙の計り知れなさもすごいけど、人間の力も計り知れないな~。
そして今回色々読んでいたら、プロの科学者でも、やっぱり理解できない用語とかあるそーで、なんだかすっきりしたのでした。


★★★今日読んでいる本★★★
「最新天文小辞典」福江純/東京書籍

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.20

無責任に優しくて

みなさんこんにちは。
今日はちょっと涼しいですね。服の調節が難しいです。
体力の衰えを痛感した久々のサイクリングで、和田くんはなんかすごい事になってて大変です。昨日は3連休の最後に、家族でまったり過ごそうと思ったのに、それどころじゃなかったです。とは~・・・。
やっぱ男の人の方がストレスとかに弱いんですかね?
そして私は子育てに疲れ果てております。
も~う、なんでこうなっちゃうのヨ。つか、なんでそうなんだよお前はーーーッ!です。くそガキーーーッと毎日叫んでおります。


常識的で優しい意見は多々あるかと思いますが、ここ数日
「子供なんか生まなきゃよかった」と思わぬ日はありませんよ。
子育てしなくちゃならない全ての人間が、ごもっともな意見の通りに子供に接することができれば、日々ニュースネタになっている虐待の問題なんて起きるわけないジャン。つか、「はいそうですね」でやってければ、誰も困らないよなぁ。
子育てが大変なことなんか先刻承知で、それでも大変だから辛いんジャン。
気楽にやることは大前提で、わかっていても気楽になれないから大変なんジャン。
今更、「完璧主義」だとか「まじめ過ぎる」だとか言われたって、それが何か?だよなぁ。
んで、もっともな事を言ってくれる人たちは、自分と違う悩みがあるってことは考えてないのかなぁ?
私が「子供は好きじゃないから、欲しくない」と言っていた頃、「生んでみればかわいくなるから」と言った人がいたけれど、生んでみてもやっぱりそんなにはかわいくないよなぁ。この人には、子供がかわいいと思わない人がいるなんて、想像もできないんだろうなぁ。
子供が生まれてから、マジで人が変わったように子煩悩になった人も見たことあるけど、そうゆー人って、自己愛の強い人に多い気がする。まぁ悪かないよね。別に。そりゃいいことだよ。
そして、「子供のこと好きじゃない」とゆーと、
「そーゆーあなたの子はかわいそうね」とゆー人がいるのだけれど、それこそ、
「だったらなんなの?」だよなぁ。うちの子がかわいそうだろうと、あんたが育ててくれるわけじゃないだろう。つか、ただ言ってるだけだろ。で、「かわいそうな子」の親が何を思っているかなんて考えてないんだろう。


まぁどうしたって、人一人育てるのは大変です。
子育てにストレスを感じたことがないって人はいても(いるんだよね~これがほんとに)、何も悩まなかった人はいないと信じたいし。
んで、こういう時に思い出すべき言葉は、
「子供は育つように育つ」
もうね、私は、よい親にも優しいおかーさんにもなれそうにないから、君は君で育ってくれ。
せめて君の踏み台くらいには、なれる親であるといいけどね。


★★★今日読んでいる本★★★
「最新天文小辞典」福江純/東京書籍

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.09.19

東京シティサイクリング2005

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。つか真夏?
昨日も真夏のようでしたね。
で、昨日はそんな天気の中、久々のサイクリングへ行ってきました。
1年に1度のイベント、東京シティサイクリングです。私たち家族は去年からの参加で、去年もとてもよい天気だったのですが、一昨年などは台風で中止だったそうです。


P1010707_2
(私のパシフィックです。娘はトレーラーバイクでの参加。今回同じトレーラーバイクの子がいました。)

今回のイベントで、サイクリングはすっごい久しぶりでした。きちんと走ったのって、もしかして5月の南会津以来かも。うむむ・・・。
そんなわけでちょっとばかり心配でした。
去年は、昼食を食べた直後に子供を乗せていた自転車がパンクして、大変な目に遭ったのですが、今回は時間も・・充分とは言えませんでしたが・・余裕を持ってゴールすることができました。
問題があったとすれば、ゴール直前になって、子供が寝そうになったこと。午後1時くらいの時間というのは、ちょうど子供の昼寝時間くらいなんだよね。去年は、その辺の対策があったのですが、今年は用意がまったくありませんでした。
おかげで後ろから、「寝ちゃダメ~」「川が光ってるね~」などと話しかけながら走ることになったのですが、それでも時々頭がカクッとなる程で、ドキドキしましたよ。
スタッフの方が見かねて、車に乗せてくれると言ったのですが、車の到着を待つことなく持ち直し、なんとか自力で完走できたのはよかったです。
閉会式でのジャンケン大会では、相変わらずのくじ運の悪さで、何ももらえず。子供はむちゃくちゃ悔しがって大変です。やれやれ。
そして遊具のない公園はイヤだと文句たれて、結局若洲公園へ寄って帰ることになったのでした。久々のサイクリングに私も和田くんもかなり疲れていて、とても子供と遊ぶ力はなく、遊ぶ相手のいない子供もつまらなそうで、なんのために行ったのだかわからない若洲公園。


P1010722
(昼食のお弁当を食べた日比谷公園で昼寝。ゴールの夢の島公園でも爆睡。)

夏の間に衰えた体力を、痛感するサイクリングとなったのでした。とほほ~。
あっあと、日焼け対策が甘くて、けっこう日に焼けてしまいました。家に帰ってそっこー美白化粧水と保湿クリームを塗りまくりです。腕時計の跡がばっちりです。とほほ~。


★★★今日読んでいる本★★★
なし

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.14

仕事いろいろ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。空気は秋の感じなのですが、相変わらず暑いですね。
街で見かけるお着物姿の方たちも、まだほとんどが薄物です。先日の百物語では、私も薄物を着ていました。
この調子で、10月は何を着ればよいのかな~・・と考えてしまいます。
ちゃるさんのライヴがあるので、着ていこうと思っている着物があるのですが、もちろん袷。まぁ、10月も中旬になれば、かなり涼しいとは思うのですが、袷ではまだ暑いかもしれないなぁ、と心配になってしまうくらいの残暑です。


2003年5月に地球を出発した小惑星探査機「はやぶさ」が9月12日、3億200万キロメートルの宇宙飛行の末、小惑星「イトカワ」に到着しました。「イトカワ」探査には、世界初の小惑星からのサンプル採取という大きな目的もあるのですが、今回の探査の目玉は「イオンエンジン」にあるようです。
って偉そうに書きましたが、昨日和田くんに聞くまでそんな話、まったくもって知らなかったのでした。記憶の片隅に探査機の名前がやっとあったくらいで。ましてや「イオンエンジン」とは初耳。
説明を聞いて動く原理はわかっても、なぜそれで高速が出るのかなどまったくもってわからんのであります。「スイングバイ」とか聞いても、「おおっSFだーーー」とは思っても、なんでそれで加速するのかも、まったくもってわからないのでした。(唐突ですが、今日(9月15日)歩いていて「あっそうか」と思い出しました。だから、今はなんで加速するのかわかってます)
もうひとつ、ロケットの話題。
太陽観測衛星「ようこう」が9月13日、大気圏に突入して消滅しました。
1991年8月に打ち上げられてから、3年の寿命を大幅に超えた、10年以上の観測活動を行っていましたが、2001年には姿勢制御が取れなくなり、段々と高度を下げ、昨日ついに大気圏突入しました。
こうゆー話はちょっとしんみりしてしまいます。お疲れ様です。


もうひとつ。
私が以前から憧れ続けている、人造イクラ工場!
な、な、なんとっ!和田くんの知り合いで、勤め先が取引をしているという方がいました!
うわーーーっ。工場見学させてくれないかな~・・・・・。人造イクラプラント見たいな~・・・。そこでは人造子持ち昆布は造ってないのかな~。
いや~、探せばいるもんですね。って当たり前だけど。


★★★今日読んでいる本★★★
「イブニング」講談社
マンガ雑誌です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.12

怪を語る

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
ああっなんか、週一日記になっています。最近。
なんかね。毎日かったるくて、ぼ~っとしているうちに、
色々書くのは「もういいや」って気になってしまうのですね。別に投げているわけではなく、毎日それなりに楽しくはあるのですが・・まぁそれなりってことなんでしょうね。


先週末は、毎年恒例の某怪談サイトの百物語オフでした。
私はこれで4年目かな?
この会の最初の頃は知らないのですが、10年近く毎年続けているというのは、すばらしいことですね。
さすがに、毎年のように参加している方たち(・・・って私もそうなんだけど)は、手持ちの怪談も尽きてきたりしてるのですけど、初めて参加する方たちもいたりで、毎年きちんと百話達成できるのですね。
それと、今回、なんと言いますか、とても雰囲気がよかったです。
っていつも楽しいのは同じなのですけど、うまい具合に力が抜けているというか・・・怪談も、「幽霊が出た」「きゃ~怖い~」ってばかりではなく、
つまり私が好きなような、派手じゃない、怖くない、怨念抜きの不思議な話もいくつかあって、とてもよい感じだったのです。
もちろんみなさんの好みはあるのですけれど、私は、こういう雰囲気で長く続いてくれるといいな~と思いますよ。
で、思ったのですけれど、前回から参加されているNさんという方もおっしゃっていたのですが、こういうお話をする時に、
「亡くなった人の事を想う」というのは、ほんと、とても大切なのだな~と思うのです。こういう事を忘れると、怪談はグロテスクなだけの気色の悪い物に走ってしまうのではないか知らん?
私は、幽霊というモノが本当に存在するのかしないのかはわからないのだけれど、「見た」という話がある限り、そこにはなんらかの「想い」があるのだと思うのです。その「想い」は尊重すべきだと思うのです。


さて、今回もお着物で参加しました。今回は、
先日袖丈を短くした、青とグレーの縦縞柄の絽に、赤いアヤメの長襦袢を併せて。帯は今年の夏の骨董ジャンボリーで「大谷さらさ」さんで購入した地獄柄の物です。
(※後日写真アップします)
帯締の色が今ひとつ決まらなくて、とっかえひっかえ悩んで、結局着物の色に合わせた物にしてみました。帯が暗い色で、集まりも「百物語」だったので、暗くならないように意識しました。
秋とはいえ、かなり暑くて汗もけっこう出て、下にタオルを一枚巻けばよかったなぁ・・と、駅へ向かう道で思ったのでした。ちょっと失敗。
sakkoさんが、なんとっ野晒しの帯を締めて来られて(ああっ写真を撮らせてもらえばよかった)、私もずっと探しているので、とても羨ましかったですーーーーっ。なんでも「壱の蔵」さんに、入荷したら連絡頂けるようお願いしておいて、6年待ったとのこと。やっぱり大変なのだなぁ。私も気長に探そうっと。


この日、夫と娘は、お友達とキャンプへ行っていたのですが、その参加者に、奥様を早くに亡くされて、男手ひとつで双子の男の子を育てている方がいて、その子達に娘が
「新しいお母さんに来てもらえばいいのに」とゆー無神経な事を言ったのだそうです。無神経は、幼児故に仕方のないことでもあるのですが、それを注意する時に、夫が
「お母さんがいなくなって、別に人が今日からお母さんになるって言って来たら、どうするの?」と聞くと、娘は、じっと考え込んでしまったそうです。
って、そこは考える所じゃないぞ娘よ!


★★★今日読んでいる本★★★
「亡国のイージス 下」福井晴敏/講談社文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.06

毎日毎日

みなさんこんにちは。
今日も朝から雨降りです。台風の影響でしょうか?
ところで今年の台風・・被害に遭っている地域の方達には申し訳ないですが、東京には、「来るか?来るか?」と思っていると、眠っている間に行っちゃって、ちょっと拍子抜けです。


ブログも、気がついたらずいぶん間が開いてしまいました。
書きたい事もないわけではなかったのですが、大した事でもなく・・で、ぼ~っとしていたら日が経っていました。
仕事は相変わらずなんとなく暇なのに、個人的な状況はなんとなく忙しいです。これって、やっぱり「お母さん」だから?
何度か書いてますが、私はダメ母ダメ妻で、家の事もほとんどまともにやっていないのですが、「小さな子供といる」というだけで落ち着かないのです。自分のことなどほとんどできないのです。
なんかね、無駄な動きがすっっっごく多くなるし、集中してできないし、何をやっているってわけでもないのに時間だけは過ぎていくって感じ。
この辺にストレスを感じるか感じないかで、子育てへの思いはかなり変わってきそう。んで、私はこういうのにめちゃくちゃストレスを感じてしまう性格なのであった。とほほ。


ところで、先日も書きましたが、「レジェンズ 蘇る竜王伝説」のDVD。買いましたよ。揃えましたよ。まだ出てない巻が少しあるけど。これでまた一挙にビンボーですよ。
で、このDVDも、私が家事している間の娘の暇つぶしになっていて、私はほとんど観ていないのでした。とほほ。
でも、やっぱり面白い。買ってよかった。
アンナちゃんがやっぱりかわいい。アンナちゃんが動いてしゃべっているのを見るだけでなごむ。アンナちゃんのシーンだけエンドレスで見ていたい!
いえ、もちろんアンナちゃんがいなくてもおもしろい作品なんですよ。
私はTV放送で最終回まできっちり観てますけど、DVDで観てても、あの最終回へ向かっていくドキドキを、気持ちよく感じているのです。
前半のくだらない感じも好きだけれど、後半の方がやっぱ好きだな~。アンナちゃんがいっぱい出てくるから。
じゃなくて、テンポとか、ちょっと泣かせるトコとか、スピード感とか。
そして、お鍋の火をさりげなく止めておいてくれるアンナちゃんが、やっぱり激かわいい!のであった!!


★★★今日読んでいる本★★★
「亡国のイージス 上」福井晴敏/講談社文庫

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »