« July 2005 | Main | September 2005 »

2005.08.29

八景島シーパラダイス

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日のお祭で、娘の強い要望により、一回くらいはいい経験かな?と思い、金魚すくいをさせました。
もちろん結果はボーズ(と言うのか?)。なのですが、最近の金魚すくいって、2匹くれるのね。私が子供の頃は1匹だったよ。
子供はそれだけで、もう大喜びで、全然すくえなかった時には、泣くんじゃないかってくらい沈んでいたのが、店のおばさんから金魚の入ったビニール袋を渡された途端、パーーーッと顔に光が射しましたよ。おもしろい。
んで、金魚。
予想通り、翌朝には浮いてました。
すまん、金魚よ。
んで、娘にどう言おうか、から始まって、大変な朝でありましたよ。生き物を飼って育てるというのは大変なことでありますよ。あっ子供のことではなく、ペットのことね。


今日は、最後に残った夏休みを消化すべく、
家族で「八景島シーパラダイス」へ行きました。
今年の夏はなんだか落ち着かず、子供にもあまり夏休みらしい事をしてあげられなかったので、せめてこれくらいは・・・。
子供と行くのは初めてです。
「どこへ行きたい?」と聞いたら「水族館」と言うので、行ったことのない水族館へ行こうと思ったのでした。

P1010554

1周年を迎えたという、イルカのトンネルがきれいでおもしろい。ちょうど清掃の人が入っていて、壁をこすっている人にイルカがちょっかいを出したりしていました。
海の動物たちのショーも、大がかりでおもしろかったです。時間があったので、昼と夜の2度見てしまいました。


チケットを、何を買うか迷ったのですが、結局乗り物乗り放題の物を買いました。
子供が小さいと、どれくらい参加できるアトラクションがあるかが難しくて・・・・。でも、思ったより色々乗れてよかったです。
特設の子供プールもあって、娘はよその子といつの間にか仲良くなっていて、目いっぱい遊んでいました。


P1010634


最近、娘を見ていると、子供って、初めての事がいっぱいあって、それがひとつずつ毎日楽しみなんだな~と、すごいな~と思うことが色々あります。
「今度のお休みにここへ行くよ」とゆー話をすると、もうその日から
「あと何回寝たら?」と毎日聞かれるもんなぁ。いいな~。楽しみがいっぱいあって。


★★★今日読んでいる本★★★
ナシ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.28

大井どんたく

みなさんこんにちは。
今日のお天気は、晴れ時々曇りって感じですか?
地元のお祭だったので、雨にならなくてよかったです。


昨日から、大井町では「第51回 大井どんたく」が開催されていました。
お祭の規模としては大きくはありませんが、大井権現太鼓から始まる盆踊りはなかなか楽しいです。
山伏や天狗のかっこうをした人たちが力強く叩く太鼓は、かなりの迫力です。
盆踊りのやぐらの上で太鼓を叩いていたのは、駅前の和太鼓教室の生徒さんかな?時々調子が狂うのはご愛敬。
今までにも何度か行っていましたが、いつも太鼓を聞いて屋台を回るくらいで、踊りに参加したのは、今回が初めてでした。
私が子供の頃は、夏の間、近所の公園で毎週のように盆踊りが開催されていましたが、最近はあまりやりませんね。私も20数年ぶりか?ってくらい久々に踊りました。
踊っていると、娘のお友達にもけっこう会うので、そーゆーのも楽しいですね。
ただ、ガキは踊りとは無関係にはしゃぎまわるので、かなり端迷惑だったかも・・・。そして、太鼓とかお囃子が好きな娘にしては、踊りにはまったく興味を示さなかったのが、ちょっとがっかり。


今年の夏は、あまり着物を着ることができなかったのだけれど、
この夏絶対着たかった、芥子色地に観世水の小千谷縮です。
P1010538

帯は、お祭に併せて盆踊り模様
P1010543
なんか・・いい加減なお太鼓・・・・。


盆踊りはかなり楽しかったので、機会があればまた踊りに行きたいな~。


★★★今日読んでいる本★★★
「怪奇譚」蜂巣 敦/ちくま文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.23

母の愛

みなさんこんにちは。
台風が近づいているようですね。


一昨日から、娘の具合があまりよろしくなくて、今日はお休みさせています。
昨日和田くんに病院へ連れて行ってもらいました。
明け方急に
「かゆい!」と言って起きてきて、見たら、首や手脚に赤い発疹が出ていました。アセモかな~と思ったのですが、病院では「手足口病」と言われました。幼児にありがちな病気です。
でも実のところ、なんだかはっきりしなかったようです。
昨日はそのまま保育園へ行ったのですが、夕べ・・夜中にまた「かゆい~」と騒ぎだし・・・バリバリ掻きむしるのでした。私は横で、薬を塗ったり代わりに掻いてやったりしていました(自分で掻くと、爪を立てて掻きむしるので)が、そんなわけで、今日は保育園をお休みさせました。
ですが、私は仕事を休めなかったのでした。
しかたなく、実家の母に来てもらいました。実家が近くて、来てくれる人がいるというのは、ありがたいことです。
・・・・ありがたいことですが、この母、どうしてだか、いつもいつも気持ちよく引き受けてくれないのです。いえ、引き受けるのは、二つ返事で簡単に引き受けてくれるのですが、その言葉通りに取って任せると、後があるのです。
実は、妊娠したばかりの時に既に一悶着あって、私はその時
よほどの時でない限り、子供を預けるのは止めよう、と心に誓っているのでした。それでも、やっぱりいざという時に来てくれる人がいるのはありがたいのです。そして今日は「よほど」のことだったのです。
今、我が家は散らかっております。片付けは一応終わったとは言いましたが、ゴミ出しの日も決まっていたりするのです。母は、
「忙しいんだから、ゆっくり片付ければいいよ」と言います。
が、うちに来るなり
「ゴミ飾っとく趣味でもあるの?」
子供を見てくれるのはありがたいです。今日は他に予定があったそうですが、キャンセルして来てくれたそうです。申し訳ないです。
そして職場に電話がかかってきました。
「まだ帰らないの?今日他の予定があるんだけど」
・・・・まだ規定の時間中です。
ありがたいんですね。はい、全て自分で都合をつけなくてはならない方に比べれば、とても恵まれていますとも。
「たまには、孫の面倒も見に行ってあげなくちゃと思ってるのよ」
ってありがたいお言葉です。


ンが、やっぱり、よほどのことがない限り、頼むのは止めようと、再度心に誓うのでありました。


★★★今日読んでいる本★★★
「心霊写真 不思議をめぐる事件史」小池壮彦/宝島社文庫

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.08.22

その壁の内側に

みなさんこんにちは。
今日は朝から雨が降ったり止んだり。
朝、洗濯物を干そうと思ったら降ってきたので、乾燥機にかけました。ところがしばらくしたら止んで陽が射してきたので、「くそーーー」と思っていたのでした。
先月の電気代の高騰以来、乾燥機には慎重になっているのです。
でもこんな天気ならいいや。


お盆前に書いた家の修理が無事済みました。
思っていたほど大変ではなかったのです。業者には「よくある事」・・みたいなことを言われました。まぁ私も、もしかしてそうかな~?と思っていた原因の説明だったので、とりあえずそれで納得しました。
そして、果てしなく思えた部屋の片付けがやっと一段落着きました。まだ粗大ゴミが残ってるけど。
以前にも、片付けをするとゴミの量がすごい、という話を何度か書いていますが、今回も・・・もうすさまじい量のゴミが出ました!何日もかけて片付けていたわけですが、毎日毎日よくも飽きずに出るわ出るわって感じです。
ってゆーか、よくまぁこれだけ「ゴミ」をストックしていられたなぁと、感動しちゃいます。ってしてません。情けなくなってます。
そして、これだけ物を処分しているのに、ちっとも荷物が減って見えないところが、掃除の恐ろしいところです。
もうひとつ、つくづく思ったのが、鉄筋コンクリートの建物って、ほんっとっ湿気が溜まるな~ということ。
まぁ、かなり古いマンションなので、水回りや換気に色々問題もあるのですが。そして、私はマメに掃除をするわけでは全然ないので、他の部屋は違うかもしれませんが・・・湿気によるクロスや塗装の傷みがすさまじいです。
私はその原因のひとつひとつに関与しているので、なんてことないですが、他人が見たらきっとイヤなんだろうなぁ。
例えば、突然この状態のここに、見学に来た人がいたとしたら!
ちょっとホラーな想像をするかも~。
やっぱり日本の気候には、木造建築があっているのですね。


あまり関係ないですが、
「レジェンズ 蘇る竜王伝説」のDVD買っちゃったよ!!
和田くんが、ハードディスクの掃除をするってんで。「レジェンズ」の圧迫具合が大変みたいなことをゆーんで。
枚数の多さと予算の都合で、かなり躊躇していたんだけれど、最近「観たいな~」と思うことが多かったんで、いっそのこと買ってしまおうと決心しましたよ!


★★★今日読んでいる本★★★
「もののけと悪霊祓い師」志村 有弘・編/勉誠出版

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.18

悩む年頃なわけ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
最近全然自転車乗ってません。あっ通園には使っています。
「四十肩」と言われ、整体院に通院しています。職場の後輩に勧められた「ヨガ」も、部屋が片付いたら始めようと思いつつ、部屋が片付きません。
ここ2~3日、首肩がバキバキで、その整体院で「気候が不安定だったからね~」と言われました。「天気が体に出る」とゆーのを、生まれて初めて意識しました。


ここ数日
「何かをやり遂げたい」とゆー欲求がわき起こっています。
最近「やり遂げる」ことないもんな~。最近最後まで出来たことって、本を一冊読むくらい?と思ったけれど、その本も、途中で投げ出すことが多くなり、全然「やり遂げ」てません。
なんかねぇ・・・それって、別にやらなくてもいいんだろうけど、なんか、空しいです。
しかし、とりあえず何をやったらいいのかも思い浮かばないので、写経でもしようかってくらいな気分です。
と思ったら、やっぱりやる場所がありません。机までの道が閉ざされています。だいたい机の前に椅子がないじゃん!
ああっ一生このまま、何か閉ざされたまま終わってしまうのか!?
って、そこまで大げさな話じゃないですね。


とりあえず・・昨日今日と、着物の直しをしています。
単衣が欲しくて、ネットオークションで買ったのですが、右袖にヤケが派手に入っていたので(記載はありました。それよりも、記載なく薄物だったのが、ちょっとイヤでした)、その部分を切って袖を付け直すのです。
で、またちょっとばかり無茶なことをしてしまいました。っつーか無精?
我ながら恐ろしくて書けません。でも、着物は自分基準ではいちおー無事です。ちょっと嘘です。
毎度、手間を惜しんではいけない。とわかっているのにねぇ・・・。これは、やっぱり性格なんでしょうかねぇ。とほほ。


★★★今日読んでいる本★★★
「もののけと悪霊祓い師」志村 有弘・編/勉誠出版
読みやすいけど、ちょっと軽い。
いろんな人の論文で構成されていて、一応章立てになっているのだけれど、
大勢の人たちで書いているせいか?しょせんオカルトの世界は狭いのか?
同じ話が何度も何度も何度も・・出てくるのはかんべんして欲しかった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.08.15

尾白川

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
予報ではこれから大雨が降るそうです。
なので、洗濯物は乾燥機にかけてきました。乾燥機・・・電気代かなり食うそうですね。知りませんでしたよ。先月のうちの電気代1万円超えてました。最近の我が家は、超電化住宅でございます。
それはわかっているので、かなり節電には気を遣っているのですが、それでもこの値段だよ。朝から晩まで締め切ってクーラー使っているお隣さんの電気代に大変興味のあるところでございます。


白州の話の続きです。
尾白川渓谷へ行ってきました。
初めて行った時から、大好きになった場所です。
まだ神様が住んでいる所なのです。自然とそう思える場所なのです。
一度、一番奥にある不動滝まで行きたいのですが、数年前雨のために途中で登山を断念して引き返してきたきり、大雨で道が崩れて、それきり通行止めです。
白州では、何度か自然の力に感動する体験をしているのですが、私みたいに、そういう事に鈍感な人間にも感じられるくらいに、まだ自然が元気な土地なのですね。

keikoku


さて、その尾白川へ遊びに行きました。
甲斐駒ヶ岳神社にお参りして(先日、白州の町が色々きれいにされてきている話を書きましたが、ここも改築中でした)、吊り橋を渡って。このすぐ下でも遊べるのですが、やっぱり千ヶ淵の近くまで行きたいね、などと話して、私は山道で行けると思っていたのですが、和田くんが「川からしか行けない」と言うので、思いもかけず沢登りをしてしまいました。子連れで。
その気がなかったので、用意もなく、ジーパンの裾を濡らして、最後には川の中で尻餅まで付いて、やっと着いたら・・・・あるじゃん道・・・・。
でも、まぁこれも楽しい経験だよね。で、岩に腰掛けて、途中の売店で買ったゆでとうきびを食べたり、子供は水着に着替えて水遊びしたり、で、次は私たちも水着を持ってきて遊びたいな~とか。楽しい時間を過ごしたのでした。

taki

帰りは、ちょっと急な山道を通って、子供は時々四つんばいになりながらも、自分で歩ききって、ちょっとした冒険気分。


その後、お昼ご飯を予定していたサントリー蒸留所の駐車場で、カバンの中を見ると。
財布がない。
いい加減に置いたからカバンからこぼれたかな?と思い、車の中を一通り探したけど、
見つからない。
ええっ?外で落としてきた?最後に財布出したのどこだったっけ?
えっほんとに外で落としたの?と思うと、頭がぐわんぐわんしてきた。カードも旅行資金も、全部あの財布に入ってるのにーーーー!!?
最後に見たのは・・昨日の夕飯の買い物の時だっけ?川へ戻ってみようということになったけれど、渓谷までの道をまた行って、川を上って、山を下って・・・・と考えるだけで、途方に暮れた。
渓谷へ向かう車の中で、甲斐駒ヶ岳神社でお賽銭をあげたのが最後に財布を出した時だ、と思い出し、やっぱり川に落としたんだーーーと確信したけれど、もうそれって絶望的じゃん。望みは、売店に届けられてるかどうかだ。
ポツポツ雨が降り出した駐車場の売店には届いてなくて、キャンプ場の売店にもなくて、どちらの店でも
「それは見つからないワ」と言われ、まぁ私もそうだろうなぁとは思いながら、また神社に手を合わせて吊り橋を渡った。
娘が「お賽銭あげたのに、神様、お財布返してくれなかったの?」と聞くのに、
「お財布なくしたのは、お母さんが間抜けだったからだよ」と答えて、山道は和田くんが見に行ってくれたので、私は子供と一緒に、最初に下りた河原に出た。
もう沢登りはしなくていいから、と言われたけれど、居ても立ってもいられなくて、一人で川に入った。転んで肩まで水に浸かった。でも、そんな事気にしていられない気分。
売店のおばちゃんは、「川に落としたなら、沈んでるかも」と言っていたけれど、流れはかなり強くて、とても大人しく沈んではいないだろうなぁと思えた。
時々、似たような色が水の底に見えて、触ってみるときれいな色の岩だった。
途中まで登ると、和田くんが川を下りてくるのが見えて、私に気付くと、手で大きくバッテンを作った。
カード会社と銀行に連絡しなくちゃ。旅行中だってぇのに、どうやって連絡しよう、と水の中を戻りながらぼーーーっとしてきた。
娘の所に戻って、「なかったよぉ。お父さんもなかったって・・」などと話して・・・
娘は娘なりに心配してくれて、「もう少し下へ行っちゃったかもよ」などと言うので、「そうだね。もう少し探してみようか」と答えても、それはただ諦めきれない気持ちだけで、とても見つかるわけないと思いながら、気休めに川の中へ入った。
河原からすぐの所に似た色があったので、また手を入れると、やっぱり岩で。少し下流に目をやると、大きな岩の下の流れが巻いている所に、ちょっと色の濃い所があって、ドキッとした。
近くまで行って目をこらしてみても、流れが強くて何があるのかはっきり見えなくて。プラスチック容器の底のようにも見えて、ドキドキしながら手を入れて、触ってみると、ぐにゃりとした。
脚の力が抜けたような気がしたけれど、立っていられた。
「あった~~・・・・・」


駐車場への道を帰りながら、途中の売店に「ありました~。川の中に落ちてました~」と言うと
「えっ!?」と目を丸くしてビックリされた。
私も・・今でもちょっと信じられない。
見つけたのは、川に入った所よりちょっと下流だったけれど、落とした所はもっとずっと上流だったんじゃないかと思うし。最初に川の中を歩いていた時から2時間以上経っていたけれど、もっと早くないことに気がついていたら、見つけられなかったかもしれない。


尾白川の神様は、まだ私に、ちょっと優しいようです。


★★★今日読んでいる本★★★
「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」米原万里/新潮文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.14

深川祭

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
またすごい夏日です。予報では曇りだった気がしたのですが、とんでもないですね。


今日は妹夫婦に誘われて、深川のお祭りへ行ってきました。
今年は3年に1度の大祭だったのです。そして、毎回このお祭で御神輿を担ぐのを楽しみにしている職場の人が、今年は一番御輿を担ぐとかで、大張り切りだったのでした。
「仕事どころじゃありませんよ」
って・・甲子園の予選の時も同じこと言ってたじゃん。
でもせっかくだから、その一番御輿を見たいな~と思っていたのですが、昨日の今日で・・・って朝は5時に起きたのだけれど、色々家の中でトラブッたりしてまして、木場の駅を出た時には、目の前を3番目の御神輿が通り過ぎて行ったのでした。


それにしても暑かった!
疲れもあったのでしょうけど、マジで倒れるかと思いましたよ。
それでも、妹の家でシャワーを貸してもらって復活。
帰ってくる御神輿を門前仲町の交差点で待つことにしました。
しかしここはまた一番の混雑ポイントで・・・ちょっと失敗。
こうゆー所で日傘を差してるとか、自転車で乗り込んでくるって止めてほしい。
(後で、神社を過ぎた所なら、かなり空いていることがわかりました)
結局御神輿は見られましたが、知り合いを見つけることができず、私一人で木場の近くまで追いかけたのですが、わかりませんでした。
神社まで戻り、屋台でビールに焼き鳥、かき氷・・と、お祭り気分を満喫して。
「おめん買ってーーーーー!!!」と座りこんで泣きわめく娘に、またお祭り気分をかき立てられ。
かなり疲れたけれど、楽しく過ごした1日だったのです。

fukagawa
(浴衣は藍の蝶柄。濡れてもいいように、帯は化繊。案の定、水かぶりました。娘はお面が欲しくて激泣きです)


★★★今日読んでいる本★★★
ナシ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.13

久しぶりの白州キャンプ

みなさんこんにちは。
今日の東京はどんなお天気だったのでしょう?
私は、今日まで家族で旅行へ行っていました。3泊4日、うち2泊はキャンプでした。
お天気は、よかったり悪かったり・・・で、まぁほぼよいお天気でした。


旅行中に、
「禍福は糾える縄の如し」じゃないか!!と突然気づいてしまい、ぐはーーーーっ恥ずかしいーーーっ!だったりしたのですが、誰も突っ込み入れてないですね??


行ってきたのは、大好きな山梨県の白州。
毎年のように訪れてはいるのですが、キャンプするのは2年振りくらいでした。
最近行くのは、骨董市だったりしていたので、本当に久しぶりで、ちょっと心配だったのですけれど、相変わらずきれいな所でホッとしました。
キャンプしたのは、お馴染みの「オートリゾートパークBIGLAND」。
徹底的にファミリー向けのキャンプ場なので、子供連れには気楽です。ペットも可です。
前回行った時は、娘はまだ赤ちゃんみたいな時でしたが、今回は目一杯遊ばせてもらいました。
初日は、かなりゆっくりと家を出て、夕方キャンプ場に着いて、そのままキャンプ場で過ごしました。
ブラジリアンハンモック(旅行前に、みんなで休めるように、もう1張購入しました)を張ったりして、ゴロゴロしていました。


2日目は、キャンプ場近くを流れる大武川で川遊び。
少し流れは速いのですが、きちんと整備されているので、小さな子供でも遊べる場所があります。
シャボン玉を飛ばしたり追いかけたりしながら遊んで、おたまじゃくしを見つけて、かなり夢中で3人で捕まえました。子供の頃、もっと簡単に捕まえていたような気がしたのですが、けっこう難しくて、結局小さいのを10数匹やっと捕まえました。捕ったおたまじゃくしは全部川へ帰しました。

otama

午後は、シャトレーゼのお菓子工場へ。見学コースの最後にあるアイス食べ放題が、子供たちの楽しみ。
その後、サントリーのウイスキー蒸留所へ。
夏休みの工作教室(?)があって、バードコールというおもちゃを作って、娘は大喜びでした。
見学コースは何度も参加しているのですが、今回は初めて、樽の再生のための焼き直しを見させて頂きました。
そして試飲。
今回、和田くんがこれをすっごく楽しみにしていて・・・実際、まだ飲むのか!?とちょっと呆れる程飲んでおりました。久々に行ったらねぇ・・有料試飲のバーが出来ていて・・・・。
そう言えば、酒蔵「七賢」も、試飲コーナーがびっくりする程きれいになっていました。
床が落ちたりしたので、改築と一緒に今年の7月に直したのだそうです。それにしてもすっごい変わりようでほんとビックリでしたよ。
そう言えば、この辺りは、道路もけっこうきれいになってきているし、道の駅も数年前にできたばかりでは?
かなり観光に力を入れつつある?


夜、けっこうな雨が降り、3日目は午前中いっぱいかけてノロノロと片付けをして、尾白川渓谷へ。
ここでも川遊び。そしてちょっとすごい事があったのですが、それはまた回を改めて書きます。
この夜は富士宮に泊まって、
そして今日なのですが、浅間神社でまたまた川遊び。
川遊び尽くしの夏休みでした。


★★★旅行中読んでいた本★★★
「東京日和」荒木経惟・荒木陽子/筑摩書房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.09

一難去ってまた一難

みなさんこんにちは。
今日は久々の雨降りです。今はもうすっかり晴れていますが、これで少しは涼しくなったでしょうか?


さて、少し前に、細かく細かくイヤなことがある・・・という話を書きました。
イヤなことは、それでも時間が経って、少しずつよくなってきました。
一番の気がかりだった娘の事なども、やっとかなり落ち着いて見られるようになりました。そして、これについては、
なんだかんだ言っても、やっぱ現代医学ってすごいなぁ、とかなり感心したりしています。
で、家のことなども、段々に片付いてきて、細かい修理なども終わって
「やっと落ち着いてきたねぇ」などと言っていたその夕方、かなりひどい要修理箇所を発見してしまい、マジで足の力が抜けました。ぐはっ!です。お盆明けまで修理来てくれません。って、きちんと直るんだろうなぁ?
職場でその話をしたら、
「それは大変ですねぇ」と軽くスルーされ、まぁその程度のことか、と少し気を取り直しました。が、やっぱ心配だ~!


しかし、まぁ・・次から次へと、よくもまぁ色々トラブルがあるもんです。頭の中で、「人生は糾える縄の如し」だとか「人間万事塞翁が馬」とゆー言葉を繰り返していますが、不幸センサーの方が感度がいいので、なんとなく落ち込みがちです。
そして、この忙しさに、また腕が痛くなってきました。どーしよー・・・と思って近所の整体院へ行って、
「整形外科で頸椎症と言われているんですけど・・」と話したら、
今回の痛みは、頸椎から来ているものではなく、筋肉の衰えから来る「四十肩」と言われました。ああ、そういうお年頃なんだなぁ。
屈託なく生活するって、いつからしてないだろう。う~ん・・生きている限り、何かしら引っかかっているものなだろうか?


★★★今日読んでいる本★★★
「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」米原万里/新潮文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.05

未来は君の手の中に

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
ゆうべはとうとう寝る時にエアコンを点けてしまいました。ってゆーか、家に帰ってソッコーでエアコン入れました。暑すぎました。
最近のエアコンは優秀ですね。モードによっては、自然風かと、一瞬だまされそうになります。
しかし、東京の暑さはどこまで行ってしまうのでしょう?私がこの辺りに住むようになったばかりの、10年前くらいは、まだ夜は涼しい風が吹いていました。エアコンを点けたくなるような熱帯夜も、ひと夏に一晩くらいだったはずです(自分的に)。噂によると、お台場がああなって、海からの風が入ってこなくなって東京はかなり暑くなったとか。
うう~ん・・お台場。建物ひとつで東京を熱くする!
実は一回も遊びに行ったことがありません。そんな物のために住環境悪化させられていたとは・・・。


二酸化炭素に加えて、オゾンホールですが、
オゾンホールの原因になっているフロンガス、これが開発された時は、世紀の大発明で、とにかくすごい勢いで使用されていました。それが一転オゾンを破壊する事がわかり、今や人類滅亡に繋がるような環境破壊を引き起こす原因だもんな。
フロンのオゾン破壊がどうなるかは、全然予測が付いていないようです。
考えるとマジ、ゾッとする話です。
と書いている一方でなんですが、こうして見ると、科学ってかなり環境破壊をしているようですが、私は、それでもこの環境破壊を救うのは、やっぱり科学なんじゃないかと思うのです。
だからいいじゃんってことではなく・・・、フロンを例にしますけど、開発した時は、みんな
「すっごく便利な夢のような物」「生活を豊かにするための物」と思っていたはずです。少なくとも、
「将来は人類を滅亡させちゃうかもしれないけど、今儲かってるからいいや」と思って、造られ使われていたわけではないはずです。私は、この「みんなの生活を豊かにする」という気持ちを信じているのです。
そして、本当に毎日毎日、私などが知らない所で、科学はどんどん進歩しているようなのです。その中に、そういう気持ちがあれば、私はそうそう悪い方へは行かないような気がするのです。
便利を追求しすぎて失敗しちゃったけど、それを挽回するだけの力もあると信じています。それは、科学の力ではなく、人間の力です。


う~む・・娘と図書館へ行った話を書こうと思っていたのに、環境問題の話になってしまった。
話題が遅くなりましたが、先週末、太陽系の10番目の惑星が発見されたというニュースがありましたね。
去年発見された「セドナ」の立場はどーなっちゃうのか?
今回発見された天体の公転周期はどれくらいなのか?
ちっちゃな地球の、ちっちゃな人間たちに関係なく、宇宙はいつも輝いているのであった。


★★★今日読んでいる本★★★
「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」米原万里/新潮文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.04

浴衣普段着化計画

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。そして相変わらずとても暑いです。
熱帯夜が続いているようですね。昨日は私もかなり「暑い!」と思って、エアコンを点けて寝ようかな~と思ったのですが、娘が点けなくていい、と言うので窓だけ開けて寝ました。
でも夜中に何度も目が覚めてしまいました。


先週末、「着物が着たいのに着られない」という話を書きましたが、実はその翌日・・保育園の交流会があったので着て行きました。
駅前のファッションビルに入っている呉服屋で買った、化繊の絽です。出来合いの吊しで6000円くらいでした。こういう所って、MとLしか置いてない所が多いのですが、Mサイズで身丈が160cmなので、普段150cm前後の物を着ている私にはかなり大き目です。
化繊の物は、紗だとけっこう化繊っぽさが目立ってしまうのだけれど、絽になるとちょっと見絹とわからない物もあります。
本当は、春にネットオークションで買った、芥子色に観世水の小千谷縮に金魚の名古屋帯を着たかったのですが、雨が降りそうな空だったので。こういう時、化繊はほんと助かります。
で、週が明けてからはまた浴衣です。
昨日は、去年の秋、銀座のアンティークモールで買った、白地に藍の蝙蝠模様の浴衣を出しました。
買う時、ちょっと短すぎるかもと、お店の人と話していたのですが、実際に着てみたらちょうどよい感じでした。
さてこの浴衣、着る時は気が付かなかったのですが、脱いでハンガーに掛けたら、脇が破れていました。って、実は少しばかり布がへたっていて、縫い目が広がったりもしているのです。
実際のところ、布の柔らかさなど、そろそろ寝間着?って感じなのですが・・・柄がステキなので、もう少しがんばってほしいなぁ。
破れた所は、裏から布を充てて繕っておきました。


私が持っている浴衣は、全部で5枚で・・。段々に増えてきた物なのですが、
蝙蝠の他に、先日書いた高校時代の物、白地に藍の蝶々模様、ベージュ地にプリントの最近の物、藍の有松鳴海絞り、です。
おしゃれなのは断然、有松鳴海なのだけれど、それだけに着る機会がほとんどないのが残念。
せっかくの夏なので、もっと日々浴衣を着るようにしようっと。
そう言えば、着物を普段に着始めた最初は、「浴衣を普段着に着よう」だった。


★★★今日読んでいる本★★★
「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」米原万里/新潮文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.03

尻暗い観音

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。


前にも同じような事を書いたような気がしますが、またオカルトに悩んでいます。
なんかこれは、時々悩むもののようです。
厳密に言えば、悩んでいるのはオカルトについてではなく、怪談について?ですかね。
で、先日は「実話怪談本」とジャンル分けされている本を、かなり処分したりしました。なんつーか情報過多と言いますか、装飾過剰と言いますか、邪魔くさかったので、それはいいんです。いらない物は、処分することですっきりしましたから。
で、悩んでいるのは、
あんなに好きだった怪談が、最近ちっともおもしろくないのです。別に嗜好が変わったならそれでいいのですけど、怪談は相変わらず好きなのですね。
怖いのに慣れちゃうと、もっと怖い物を求める・・・とゆーわけではなく、むしろ過激な怖さを出されれば出される程鼻白んじゃって~。なのです。
もちろん目の前で、そこに書かれているような、阿鼻叫か~んな世界が繰り広げられていたら怖いですとも。でも、別に怖い経験がしたいわけじゃないし。お話として
「ほらほら、こんな怖い事があるんだよ~。こうゆーの好きでしょ~?」と言われたら「嫌い」と言うよ。わたしは。
まぁしかし、そういう話しか見つけられず、「つまらん」と言っているのは、単なる怠慢なので、勉強不足な自分への、これは愚痴ですね。とほほ。


さて、先日「町会」とゆーものに入ってしまいました。
子供も大きくなってきて、お祭に参加とかってのも、そうゆーのに入ってるといいかな~なんて思ったからなのですが・・・。ちょっと「勘違い」だったかも。
入会案内みたいなのが来て、どうゆう「会」なのか書いてなかったので「どういう性格のものなんですか?」と聞いたら
役員だというおじいちゃんに、「昔この近くに刑場がありまして・・」
・・・って、地域の歴史の時間かいっ!
お祭の手伝いとかあるんだろうけど、まぁ1年様子を見てみます。


そして、先日入った西馬込のラーメン屋は、真っ昼間に、私たちしか客はいないっつーのに、稲川淳二の怪談を流していました。
夏だからね。


★★★今日読んでいる本★★★
「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」米原万里/新潮文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »