« 弱り目に祟り目 | Main | 雨の日のおでかけ »

2005.05.20

吾唯足知

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
本当なら、今日健康診断だったのですが、体調が悪いので日を変えてもらいました。身体が痛いのと、風邪っぽくなってしまったので・・・。
相変わらず痛いです。なんかもう、よくなっているのかいないのか、わからなくなってきました。よくなっててくれないととても困るんだけど。
なんか、もう、「身体が痛い」ってことに考えが固定されています。だって何をしていても痛いんだもん。腕の上げ下ろしとかはフツーにできるのですが、ただジッとしているのがかなり痛いんです。


で、これは書くまい、と思っていたのですが書きます。
ず~っと昔に聞いた話なのですが、末期癌の患者が・・・やっぱり身体が痛くて苦しいのだそうです。で、常にそれしか考えられなくなっちゃうのですね。
そういう時に、何で気晴らしをするか、というのが・・その痛みを楽しむというのがあるそうです。痛みが快感に・・ってことではなくて・・・
「今日はここがこういうふうに痛い」とか「昨日とはこういうふうに違う」とか、考えるのだそうです。なんかすさまじいですね。それって「楽しみ」になるんでしょうかね?でも、そういうふうに考えてしまうってゆーのは、なんとなくわかりましたよ。ちょっとだけ。


身体が痛いだけでも苦痛なのに、今家族のことで悩んでいます。いい加減にしやがれこのヤロウです。
私は、人間ってのは、生きているだけで辛いと思っているのです。だから少しでも辛くなくなるようにがんばるのだと思うのですけれど、さらに辛くなるような事をわざわざしておいて、困っている人というのも多いのですね。
まぁ考えが足りないとかそうゆーのはあるんでしょうけれど、そうゆーのは二次的な要素で、根本的な問題は、欲が深いとか自分のことしか考えていないとか、そういうことなんじゃないかな~と思ったりするのです。自分が持てる以上の物を持とうとして、人に譲る気持ちがないと問題を起こすんじゃないのかなぁ?


ああ、なんか考えがまとまらないです。
そういう欲の絡み合いで、うちの職場に持ち込まれた怖い事件。
もう10年以上も前の事件ですが、事務所とも長いお付き合いのある方の奥様が、残酷な方法で殺されるという事件がありました。そのご夫婦は、離婚調停中だったので、だんなさんが疑われて捕まりました。が、結局犯人はわかりませんでした。それは何故かというと・・・
続きはいずれ~。


★★★今日読んでいる本★★★
「宇野千代きもの手帖―お洒落しゃれても」
宇野 千代/ 二見書房

|

« 弱り目に祟り目 | Main | 雨の日のおでかけ »

Comments

うわ~続きが激しく気になります。
体調の良いときに是非ぜひお願いします。

タイトルは禅語ですね(^-^)
今、書道家の方書かれた禅語とその意味を簡単に書いた本を
相方が読んでいます。なかなか面白い。
禅語は含蓄があり、好きといえば好きなのですが、
禅の真髄は「己(のみ)が悟ればいいや~」って境地で
(特に道元さんの禅)
他のいわゆる「念仏」「題目」辺の仏教とは
目標が違うのであります。
但し 人皆 禅の境地になれば、
自然と円く納まるのでしょう。

悟りにはまだまだ遠く、己の我欲ばかり・・・耳がイタタ。
でも「煩悩即菩提」という言葉(これは密教)もあるので、
がんばります。

最後ですが、お体お大事にね。

Posted by: ちゃる | 2005.05.20 at 15:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/4207011

Listed below are links to weblogs that reference 吾唯足知:

« 弱り目に祟り目 | Main | 雨の日のおでかけ »