« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.28

もうすぐ雛祭り

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
まだまだ寒い日が続くようですが、陽射しは日に日に強くなっているようです。

昨日やっと雛人形を出しました。
子供が「飾りたい」と言って、一緒に飾りました。
hina

やはり娘が「お雛様を飾りたい」と言ってくれるのは、楽しいような、嬉しいような・・女の子らしくてかわいいな~と思ってしまうのです。

hinamaturiそして昨日の私のいでたち。
実のところ、かなりいい加減です。
とゆーのは、先週ヤフオクで手に入れた帯をしてみたくて着付たのですが、合わせようと思った着物に合う半襟が長襦袢に付いていなくて・・・。半襟を付け替えるのは、なぁんかめんどくさくて、でも、着物を吟味する気力もなくて・・。
で、目に付いた物をテキトーに着てしまいました。まぁこういう日もあります。
あっ今思うと、緑の紬がよかったかなぁ?
着物は、構造が知りたくて、惜しげなくバラせる物と思って500円で買った化繊です。だから、実は柄も特に気に入った物ではなかったのです。
素材にしてしまうつもりでしたが、知りたい所だけ解いてみた後、思い直して縫い直しました。でも着るのは初めて。蝶々の模様に、八掛が黄緑で春らしい色合いだという事に気付きました。次に着る時は、きちんと合う帯を締めてあげよう。
帯は、見える所にちょっとシミが出ているのですが、モダンでかわいくて気に入っています。お花の所に刺繍が入っています。こういうさりげない手仕事が入っている物は、なんだかその分だけ愛しく感じられます。


★★★今日読んでいる本★★★
「東京の地霊(ゲニウス・ロキ)」鈴木博之/文藝春秋

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.27

雪の湯河原ポタリング

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。そして昨日はあまりよいお天気ではありませんでしたね。
そしてそのあまりよいお天気ではなかった昨日、時々雪がちらつく湯河原を自転車で走ってきました。
BD−1のメーリングリストの方たちと。

湯河原駅で待ち合わせて、いきなり自分の自転車の組み立て方がわからん!情けない〜・・・。いつも途中までしか畳んでいないので、最後の行程がわからないのでした。とほほ。
準備をなんとか終え、梅の名所幕山公園へ。ところがこれが延々と続く上り坂。
ロード系のギアしか付いていなかったPacific18を見かねて、途中で他のBD−1乗りの方がご自分の自転車(フロントギア付き9段)と代わってくれました。しかも私の自転車は、後ろに重いバッグを乗せていたっつーに。感謝であります。
まぁそれでも漕げば漕ぐほどに過酷な坂でした。

幕山公園の梅は、もう一息という感じではありましたが、たくさんの紅梅白梅を見ることができました。
梅ソフトは、さっぱりしておいしかったです。
ume

ここからいったん湯河原駅まで戻り、次は奥湯河原を目指します。
途中までは比較的平坦な道を行っていただいて、気持ちよく走っていましたが、山道に入ると、当然かなり過酷。幕山公園への道以上の上り坂で、何度も休憩を入れてもらいましたが、最後は自転車を押して上りました。
sakamiti
(過酷でした。雪もかなり降っています)

(お蕎麦屋さんの庭に来ていた狸。他の席の方がわざわざ教えに来てくれました。子供は大喜び)
tanukiお昼を「紅葉亭」というお蕎麦屋さんで頂いて、後は湯河原駅まで下りだけなので、ここでBD−1をお返ししました。
あれだけ苦労して上った坂道も下りはあっと言う間。途中不動滝を見て、万葉公園を歩き、足湯につかりました。
さて、その後私たち家族は湯河原駅で、さらに小田原を目指すというみなさんに別れ、観光案内所で教えてもらった、駅から一番近い立ち寄り湯、ホテル城山の温泉に入りに行きました。
汗と埃を流して、ゆったりしていると、そのまま眠ってしまいそうでした。
ホテルを出ると、かなり雪が降っていてビックリ。でも寒い中でも電車の連絡がすごくうまくいき、ラッキーに帰ってこられました。

いつもいつも、子連れで自転車のこともほとんど知らない私に、みなさん親切にして下さって、毎回楽しく走ることができて、ほんとうにありがとうございます。


★★★今日読んでいる本★★★
「東京の地霊(ゲニウス・ロキ)」鈴木博之/文藝春秋

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.02.24

心の休日

みなさんこんにちは。
今日も風が強いです。昨日はあまりの風の強さに、洗濯物を家の中に干して出掛けましたが、今日はめんどくさいし、シーツも洗ったので、外に干したままです。

今ちょっと実家のことで悩んでいることがあります。
自分だけではどうしようもないことなので、考えがグルグルしてしまいます。
昨日はそれで、ちょっとした落ち込みが来ていました。
子供を保育園に迎えに行くと、他のお友達と一緒に帰りたいというので、いつもと違う道を通りました。
こっちから帰ると、節分の豆まきに来た権現神社の前を通ります。
権現様の前を自転車で走り過ぎる時、娘が突然
「「おみくじ」ってなぁに?」と聞きました。小さな神社なので、社の前にある「おみくじ」の箱が目に留まったようです。
「おみくじ」かぁ。引いてみようかな・・・。とふと思って、お参りしました。
そのおみくじは「大吉」で、その上、「願事」の所に、私が悩んでいた事そのままの事が書いてあって「思う様になる」とあったのでした。
これで本当に全てうまくいったら、きっちりお礼参りもさせていただきますって感じですよ。
けっこう嬉しかったのです。よい方に行けばいいな。

夜は、近所の銭湯へ行きました。
この銭湯が一番うちから近くて、前から子供が行きたがっていたのですが、行くのは初めてでした。
時々行くスーパー銭湯との大きな違いを挙げるなら、休憩室があるかないかです。
そして、休憩室のある「お風呂屋さん」へしか行ったことのない娘には、休憩室がないことが、かなりショックだったようで、何度も
「お休みする所がない・・」とブツブツ言っていました。
これでしばらくは、あの煙突を見ても「行きたい」とは言わないだろう。
どこの銭湯でもやっているサービスなのかもしれませんが、100円でタオルなどのお風呂セットを貸してくれて、勤め帰りらしきスーツ姿のおじさんが入りにきていたりで、よい感じです。
ただ、スーパー銭湯もそうなのですけど、銭湯のお風呂は、小さな子供には過酷に熱い。
っつーわけで、子供は湯船にほとんど入れず、でした。


★★★今日読んでいる本★★★
「バロックの聖女〜聖性と魔性のゆらぎ〜」
竹下節子/工作舎

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.22

夢のシンプルライフ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
最近月曜日が辛いです。ゆっくりゆっくり寝ていたい〜!あ〜・・、もう出勤日か〜とつくづく思ってしまいます。

今日は、珍しく娘が早起きをしてくれたので、久々に子供部屋の掃除ができました。
きれい好きな人・・に限らず、フツーの神経の人が見たら唖然とするであろうと思う程、とんでもなく散らかりまくっている部屋です。
朝の短い時間ですから、そんなにしっかりできたわけではありませんが、それでも散らかりまくった本やおもちゃをしまうだけで、少しはマシになりました。
しかし・・私らのパソコン部屋っつか居間は、それ以上に散らかりまくっているのであった・・・。
これはね、ちょっとやそっとじゃ片付かないのよ。

思うところがあって、これから少しずつ、物を減らしていこうと思っています。
いえ・・今までもそうしなければ、という気持ちはいっぱいあったのですが、いつもなぁなぁになっていました。でも今回は本気です。
私の持ち物で、なんと言っても多いのは、本です。本と着物です。
着物はまだ始めて日が浅いので、減らせる物がわかりません。
でも本は、もちろんなかなか処分はできないのですが、「電車の中で読む本がない」と言っては買って・・という感じで、再読は一生しないだろうというような物も本棚に収まっているのでした。
そういう物はきっちり処分する。
ああっしかし、ハードカバーはけっこう難しいな〜。買う時も(わりと)考えて買ってるし。でももう興味ないようなのもあるよな〜。いや、興味はあるけど、もう絶対読まないようなのもあるよなぁ。でもあれば何かの時に資料になるかも・・・・。
いやいや!今回はきちんと片づけますよ!
そー言えば、昔の知り合いに、本はマンガに至るまで一切処分できなくて、書庫を造ったってゆーのがいたな〜。いいな〜土地のある人は。
いやいや!読まれない本は、紙くずと同じ!
がんばれわたし!負けるんじゃない!ふぁいとーーー!

そしてふと目を上げると、棚の上には、過去にエアチェックしたビデオの山が・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「バロックの聖女〜聖性と魔性のゆらぎ〜」
竹下節子/工作舎

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.20

しましま

みなさんこんにちは。
今日はビミョーなお天気でした。ってあまりよい天気ではなかったですね。降ったり止んだりでした。
本当なら、今日は恒例の荒川ポタでした。
そのために早起きして、用意していました。が!
私は結局参加できませんでした。
と言いますのも、娘がギリギリまで寝くたれました。そしてそれはたぶんウソ寝。
こういう時いつも考えるのが、あくまで親の都合を押し通すべきか、子供の主張を尊重するか・・なのです。で、今回は子供の好きなようにさせ、結局子供のポタ参加は止めにしました。そのかわり、来週の梅見ポタへは絶対に行くという約束をして。

そして今日の午後、私は子供と一緒に行ってきました。
「しましまタウン」
それは何か!?
と言いますと、昨今の幼児のアイドル、ベネッセのスター。しまじろうとお友達の街なのであります。

shimajiroh
http://www.namco.co.jp/ar/location/shimashimatown/

しまじろう以外にも、かなり充実したボールプールやままごと道具などもありまして、子供は大興奮です。
これはいくつかある、お店屋さんごっこの「ハンバーガー屋さん」。子供達は、なぜかみんな(ヨチヨチ歩きの赤ちゃんまで)レジ係をやりたがってなかなか譲りません。
omiseya

娘も、なかなかレジを打たせてもらえなかったので、「お客さんをやったら?」と声をかけても、ぜ~んぜん動かないのでした。
娘が特に気に入ったのは、ボールプール。まぁ子供はだいたいボールプールが好きですけど。広くて遊具が揃っているので、かなり楽しめたようです。
「そろそろ帰ろう」と言っても、「まだまだ」。
ロープを伝って階段からプールに降りるという遊びが気に入ってしまい、「あと6回」と言ったら、最後の1回はしないで他の遊びを始めてみたり。悪知恵が働くようになっております。

30分の利用で、子供400円、大人200円。延長は15分単位。
安いか高いか、ビミョーな所ですけど・・。フツーの遊園地へ行くよりは安いし、小さな子供にはこれくらいの方が楽しめる。
ただ、狭い所に作られた遊び場なので、子供一人に両親って感じで行くと、大人密度が高くて窮屈な感じがあります。
ショーを見る時も、子供席と大人席を分けるとか・・できるといいのにな~。
まぁ子供にとっては、「楽しい夢の国」だったようで~。


★★★今日読んでいる本★★★
「バロックの聖女~聖性と魔性のゆらぎ~」
竹下節子/工作舎

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.02.18

おいしいお話

みなさんこんにちは。
今日は曇りです。夜には雪になるという予報もあります。寒いです。
一昨日は寒くて、昨日は暖かくて、また今日は寒いです。
昨日は、勤め先が近い怪談のお友達と4人で、神田小川町にある「四川一貫」という中華料理のお店に行きました。
気さくなご主人と奥様の気持ちのいいお店です。もちろんおいしいです。
で、私たちは、紹興酒をパカパカ呑みながら、例によって、怪しげな話を好きなだけしていました。
で、帰る時、別のテーブルにいたお客さんに「よく食べるね〜」と笑われていました。わはは、私たちも「まだ食べるの!?」と言いながら注文していたもんね。自覚はあるのです。

旅館における座敷童事情とか、久々に続刊の出た創元推理文庫のラヴクラフト全集の話とか(15年振りだって。私は6巻で終わっているのかと思っていましたよ)。ディープな町の怖い話とか。変な虫の話とか。
ほんとに世界は広くておもしろい。
生きている間に知ることのできる事なんて、ほんのちょっとで。そんなちょっとの知識なんて、自分一人の人生にさえも、何も役に立ったりしないのですけど、それでも、いろんな事を知りたいと思ってしまうのですね。
そしてやはり、いろんな人のお話を聞いて、刺激を受けるのは楽しいことなのです。
すごくすごく楽しいことなのです。


★★★今日読んでいる本★★★
「バロックの聖女〜聖性と魔性のゆらぎ〜」
竹下節子/工作舎

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.16

自然の呼び声

みなさんこんにちは。
今日は雨降りです。寒いです。
若い頃は、寒いのがすっごく苦手で、冬の間は冬眠していたいと、かなり真剣に考えるくらいだったのですが、最近そんなに冬も苦手ではありません。
「これは寒さに強くなったのかなぁ。温暖化のせいかなぁ?」と職場で聞いたら、即答で「温暖化のせいでしょう」と言われました。が、私は心の中で、
「やっぱり少し寒さに強くなったのではないだろうか?」と思っているのです。

それはさておき、地球温暖化です。
私のように、寒さにも弱く、都会で大した問題意識も持たずに生きているバカOLは、せいぜい「冬が過ごしやすくなっていいわ~」と思うくらいなのですが。もちろん世界規模ではとんでもないことで。
南極では棚氷がメキメキ割れて、氷山がロス島のアデリーペンギンの営巣地にぶつかってみたり、知床では流氷がシャチの群に激突してみたり(温暖化との因果関係はわからないそうですが)。人間だって、海辺で干肉を作って暮らしている人たちの作業場が、あふれ出した海に飲み込まれてみたりなのですねぇ。
切ないのは、氷原をペタペタ歩いてエサ場を目指すペンギンや、海辺で干肉作って暮らしている人たちより、都会でスーツ着て車で動き回っている人たちの方が、どう考えても、温暖化を進めているだろうと思うのですが、まず被害を被るのは、そうではない人たちなのですねぇ。

さて、唐突に話は変わりますが。
実は、私はダイオウイカが大好きです。UMAではなく、きちんとした存在の証拠(死体があがったりね)があるのに、しかも、見落としようもない大きさのくせに、ほとんど謎の生物ってのが、大変よろしい。
ところが、です。先日NHKの朝のニュースを見ていたら、このダイオウイカの幼生が動画に納められたという報道が!しかも伊豆の海で。
詳しい話は聞いていませんでしたが、動いている映像は見ました。
なんでも、あまり調査されてこなかった海面と海底の中間層の調査がだんだんとなされてきて、こういう映像の確保に繋がったとか・・。ふ~ん。
これからどんどん調査が進んでいけば、体長18mの生きたダイオウイカが水族館で泳ぐようにもなるのかな~。
保護された環境で、50mくらいに育つのかな~。それはぜひ見てみたい!!
・・なのだけど、なんかつまらない。
見てみたいけど、泳いでいるダイオウイカ。人間の頭ほどもあるという目で睨まれてもみたいけど。
けど、それは水族館のガラス越しにではないのだな~。きっと。

※ってわけで、とってもナイスな(あっ違った)イカすサイトを発見したので、リンク張っておきました。
ちなみに私は、イカの刺身が食べられません。


★★★今日読んでいる本★★★
「家出のすすめ」寺山修司/角川書店

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.15

マニアにつける薬

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。

昨日の話です。
食事の待ち合わせ場所へ向かう途中。用事があって立ち寄った駅。
用事を済ませて、まだ少し時間があったので、たまにチェックを入れている古本屋へ行ってみました。
風俗関係でおもしろそうな本がいくつか入っていて、イギリスの有名な事件の裁判について書かれた本を、どうしようかな〜と思いながら、他の棚へ行くと、明治時代に出版された、風俗雑誌が数冊出ていて、おおっこれは、とパラパラと目次チェック。
しかし、全巻揃っているわけでもなく(そこにあった号数は、300号〜400号台でした)、これだけあってもな〜と(それでも1冊500円。あるだけを買い占めてもかなりな値段!)、興味を失い。
他の棚へ目をやると・・・こっこれは!
書名だけ見てもすっごく興味深い。内容を見たら・・・なんかよくわからん、書籍が。う〜ん・・でもおもしろそう。
しかし金額が・・・けしてバカ高くはないのだけれど、現金をあまり持っていなかったのだよ。
どうしよう。これから銀行へ行って用意してくるか?と、時計を見たら待ち合わせ時間ギリギリだったので、
今日は本より家族が大事。これで手に入らなかったら、その程度の縁だったと諦めよう。と、潔くその場を去ったのでした(しかし、その家族は20分遅刻してきやがりました)。

家に帰ってから、ネットで調べたら、唐澤俊一の「トンデモ怪書録」で紹介されているとの記事が!(って、実はこれ1件しかヒットしませんでした)全然記憶になかったけど、「トンデモ怪書録」は持っている。さっそく読みました。
・・・う〜ん・・・たいへんくだらなそうだけれど、おもしろそうな気も・・・・。
そして、欄外に「(唐澤俊一の購入時から数年経った)今なら3〜4倍の」値段だろうとゆーよーな事が書かれていました。
しかし、私が見た物は、唐澤さんが買った値段より安かった。もしかしてお買い得?
念のため、ネット古書店で検索してみる・・・が、繋がらない・・・。なぜ!?
調べるのは諦めるが、今度はそれが気になって気になって・・・・。
確かにあの本屋は、時々相場より安く物が出ていることがある。メチャクチャ安かったこともある。
しまったなぁ。誰かもう買っちゃったかも・・・・。限定本だし、もう手に入らないかも。

不安な夜を過ごし、朝。早速ネット古書店にアクセス。検索。
ヒット・・・しちゃったよ。しかも3冊。値段も・・・相場だよ。全然品薄じゃないじゃん。
しかも1冊は、私が本屋で見たのよりかなり安いよ。くそーーーー。じゃぁこの安い所で買うかな〜。

で、買いました。
えっ?それはもちろん、よく行っている古本屋でですよ。昼休みにソッコーで。もちろん売れてなんかいませんでしたよ。冷静に考えれば、こんなわけのわからない本買うのは、唐澤俊一くらいだよ(と私か)。でも山口敏太郎さんは買ってるかも。マニアだから。
で、その本は何かって?
教えない。なんか悔しいから。


★★★今日読んでいる本★★★
それでもまだ
「家出のすすめ」寺山修司/角川書店

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.14

2月14日

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。しかしえらく寒いです!
今日はセントヴァレンタイン。そして、私たち夫婦には、結婚記念日でもあります。
ですので、我が家にとって今日は、ちょっと特別な日でもあって、夕食はちょっとよい所でいただく事にしました。

ディナークルーズ船ヴァンテアンです。
子供がお腹にいる時の結婚記念日も、ここでしました。
あれ以来、フランス料理をコースでいただくなんて、久しぶり!
wine

竹芝桟橋から羽田空港の近くまで、東京湾をぐるっと廻って2時間くらいのコースです。海から見る東京は、キラキラしていてなかなかきれいです。
大きく開いた窓辺の席を用意していただけたので、東京の夜景と海がとてもよく見えて、ぜいたくな眺めを満喫しました。
食事が一段落した頃、ちょうど東京ディズニーランドの花火の時間になったので、オープンデッキに出ました。
デッキには花火を見に出てきたカップルが何組かいて、ほほえましいな〜と感じてしまうのは、私もすっかりおばさんになったということか?

私たち夫婦は、気持ちよくおいしくお料理をいただいたのですが、実のところ子供はかなり退屈なようで、まだスープが出たくらいのところで、すでに「早くお外へ行こうよ〜」とぶつぶつ言っていました。
ebi

が、スタッフの方たちが、いろいろよくして下さって、娘も帰り道では、
「今日はいい事ありすぎ!」とはしゃいでいました。
よい夜を過ごさせていただきました。


★★★今日読んでいる本★★★
「家出のすすめ」寺山修司/角川書店

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.02.13

久しぶりのポタリング

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
突然ですが、って前にもちょっと書いたことがあるのですが、私は今、子供に付き合って見始めた「レジェンズ~蘇る竜王伝説~」というアニメ番組が、けっこう気に入っています。
が、先週旅行へ行っている間の録画に失敗して、今週はワキキャラのサイドストーリーで、先々週気になる所で終わったまま、その後の話がさっぱりわからず、グハッ!!なのです。
くうううッ!!!気になる~~!!!

それはさておき、今日はほんとーーに久しぶりに自転車に乗りました。
しかも、PEGEOUT Pacific18では初めての遠出です。
和田くんは、エアフライデイにトレイルを付けて、娘と二人で漕いで行きます。
行き先は、西荻窪にある和田サイクル(ポタな方たちには、今更ですが、親戚ではありません)。
第一京浜から六本木・新宿を抜けて青梅街道へ入るコースを取りました。
繁華街でも、思っていた程の人混みはなく、かなり気持ちよく走ることができました。が、途中子供の
「寒い~」「お腹が空いた~」攻撃に遭い、休んだり歩いたりしながらでしたので、24km程の距離に3時間くらいかかりました。

fu-ton
お昼は、和田くんが以前お友達に教えてもらったという、麻布十番の中華のお店「胡同三辣居」で食べました。おいしいし、感じもよくて、またぜひ食べに行きたいと思うお店です。

和田サイクルさんには、加藤さんもいらしていました(実話怪談でお馴染みの加藤さんではなく、ポタでお馴染みの絵を描く加藤さんです)。思いがけずお会いできて、いつもマメなヒトだな~と行動力に感心。私の憧れのモールトンでいらしてました。またポタではよろしくお願いします。
予定ではLORO(自転車のお店です。世田谷店がある)へも行こうと考えていたのですが、時間も押してしまったので、和田サイクルさんで、防犯登録だけしていただいて、帰路につきました。
青梅街道から山手通に入り、山手通の工事とアップダウンにはちょっとまいりましたが、後半はほとんどノンストップで気持ちよく走ることができました。

夕食は、大井町のトンカツ屋「丸八」で。
前から「おいしい」という噂は聞いていたのですが、実はこの町に暮らし始めてから、行くのは今回が初めてでした。
おいしかったです。
久々のポタリングで、体を動かして、おいしい物を食べて・・・の健康なんだか不健康なんだかわからない1日でした。


★★★今日読んでいる本★★★
ナシ


※※※※ 「おすすめサイト」に、
ちっともおすすめではありませんが、「Gallely」を追加。
じゅんこがむか~し描いたイラストを、さらしております。
根性があれば、追加されていく予定 ※※※※

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.12

悩みながら生きていく

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気でしたね。
せっかくのよいお天気だったので、久々にポタを・・・という予定を立てていたのですが、諸般の事情により中止・・・。結局1日ほとんど家にいました。まぁ家にいて済ませる用事ができてしまった、というのもありますが。
そして思うのは、年を取るにつれて、まぁやっかいな事が増えるなぁ・・と。
この時期を過ぎれば、また少しは落ち着けるのでしょうか?って落ち着いてくれないと、すっごくイヤなのだけれど。
chouchoそして、こういう時にいつも思うのは、
人間てのは、ただ生きているだけでも大変なものだな〜ということ。
どんなに自分で「こうありたい」と思っても、他人との関わり合いで生きている以上、関わり合いたくないと思っている事でも、否応なく生活に絡んでくる事はたくさんあるのですね。

で、もって昨日のいでたち。


★★★今日読んでいる本★★★
なんとなく手元にある本を、パラパラとめくる程度。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.02.11

キャパシティの限界

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。でも昨日に比べると寒くなっています。風邪などひきませぬよう。
・・ってゆー私は、と言いますと、医者で新たに処方してもらった薬が効いているようで、ずいぶん楽になりました。こういうのはね、やっぱ対症療法も悪くないって感じです。

さて、今日は、友人のKさんのお誘いを受けて、ヒーリングな方たちのお茶会に参加させていただいてきました。実のところ、ヒーリングってあまり馴染みがなくて・・(オーラソーマとかレメディとかは、ちょっとだけやっていますけど、自分でよくわかっているわけではないので・・)、どんなものだろうという興味だけでの参加でした。ヒーラーの方もいらっしゃって、リーディングもして下さるということでした。
なんのことやら、と思った方、私と一緒です。「ヒーラー」というのは、つまり「癒してくれる人」。「リーディング」というのは、平たく言えば占い・・みたいなものでしょうか?(「オーラソーマ」「レメディ」はネット検索してみて下さい。詳しいサイトがいくつかありますので)
会の主催者の方は「怪しいことに興味のある人たち」と、集まった方たちを評していましたが、いや〜・・普段怪談な人たちとの付き合いが多い私から見ると、とても健全な方たちばかりで、まぶしかったです。
いえ・・怪談好きな人たちも、別に暗いわけではないのですが、怪談が文化系なのに対して、今日の方達は、体育会系というか、アウトドアな感じがしました。
みなさんのお話も、私が親しんできたオカルトとはちょっと違った視点と言いますか・・見ている物は同じなのだけれど、見ている所が違うと言いますか・・・なるほどね〜という感じでした。

そして「リーディング」ですが、ヒーラーと呼ばれる方とお会いするのは今回が初めてで、どういう事を言われるのだろう?と、ちょっとドキドキしていたのですが、残念ながら、今回は「あれれ?」な結果だったのです。
う〜ん・・相性が悪かったのか、私の質問の仕方が悪かったのか、なんと言いますか、「それは自分でよっくわかっているので、で、どうしたらいいのかを具体的に教えて〜〜っ」って感じだったのです。もしかして、こういう集まりだったので、ちょっと誤解されているかなとも思った。それとも何も言うべきことが見つからなかったということ?言ってもしかたがない結果が出たとか?
他の人には、かなり長い時間をかけて色々お話していたのに、私には一言で終わりって感じで、しかもその一言があまりにもわかりきった事だったので、言われた内容よりも、なぜそれで終わり?という方が気になってしまっているのであります。


★★★今日読んでいる本★★★
「家出のすすめ」寺山修司/角川書店

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.10

腹筋が鍛えられるくらい

みなさんこんにちは。
今日の天気はちょっと曇りです。でも暖かいです。
体調の件でご心配をして下さった方、ありがとうございます。どうもすみません。
今日はやっぱり病院へ行ってきました。
去年は「検査へ行け」と所長に言われてタバコを止めた私ですが、今年も所長に「帰れ」と言われ、病院へ行きました。所長に弱いです。恐いから。

病院では、医者に「治りませんか~・・・」と難しい顔をされてしまいました。そこで考え込まれてもなぁ・・・。
で、前回(1ヶ月前)の風邪の薬プラス咳のことを考えた薬(医者がそう言った)を、悩みながら出してもらいました。これで治らなかったら精密検査だそうです。
という話を、職場でしたら
「えっまだ検査してないの!?」と驚かれてしまいました。
ええっ?精密検査って、そんな簡単にみんなしているものなの?
まぁいいや、この薬が効いて、よくなれば関係ないもんね。

あっインフルエンザは、今のところ平気そうです。
昨日は取り乱してすみませんでした。体調のせい、ということで、ひとつお許しを。


★★★今日読んでいる本★★★
「家出のすすめ」寺山修司/角川書店

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.09

泣き面に蜂とは、

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。って、うちの方はそうでもなく感じたのですが、柏から出てきている先輩が、朝窓を開けようとしたら、桟が凍ってバリバリだったと言っていました。

昨日の「ほぼ日刊イトイ新聞」に、「「また風邪ですか?」と言わないでほしい」という話が出ていたのですが、同じ気持ちです。
相変わらず咳が止まらないのです。で、また「帰ったら?」と言われてしまいました。
私だって、これでほんとに具合が悪ければ休む気にもなりますが、自分としては仕事に支障がある程の具合の悪さではないのです。
まぁ・・周りの人にしてみれば、ゲホゲホやられるだけでうるさいし・・・。わかるんだけど。そこで「はいそうですか」と休んではいられないのです。申し訳ないけど。

昨日の夜、週末一緒に旅行へ行った妹から電話がありました。
「インフルエンザだった」
旅行中に上の子が熱を出した話は書きましたよね。で、うちの娘と、さんざんベタベタ遊びまくったTちゃんが、インフルエンザですとーーーーー!!!!?
「でもそんなに熱、高くなかったよね?」
「予防注射してたから」
「・・・・」
「予防注射してないの?」
してないよ。どうしようかな~と思っているうちに風邪をひいたりして、そのままになってたよ。あんたみたいに、ずっと家にいられたわけじゃないし、タイミング難しいんだよ!そんな言い方するなよ!
(妹の名誉のために申し上げれば、彼女は彼女で、2週間前に育休明けした途端、次々と子供達にぶっ倒れられ、胃の痛む思いをしているのです。これは私の完全な八つ当たりです)

    いや、それはどうでもいい。予防接種を受けていないのは、今更しかたないし、病気になるのも仕方がない。
しかししかし、インフルエンザに罹ったら、病院から「いい」と言われるまで、保育園へ行けなくなってしまうのです。何日間休むことになるのだ?ってもしかしたら、私自身だって罹っているかもしれないし・・・。
ってわけで、今大して悪くもない病気で休むわけにはいかないのです。
インフルエンザの潜伏期間。3日くらい。
ワクチン、大量に余ったそうですね。


★★★今日読んでいる本★★★
「本棚探偵の冒険」喜国雅彦/双葉文庫

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.07

ハワイへ行ってきました(ウソです)

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。・・・ってこの書き出し、ちょっと飽きてきました。
最近ポタしてません。
ってのは、相変わらず体調があまりよろしくありません。なんか、薄く薄く、体に不快感が残っているって感じです。いや、ほんとは咳が全然止まらないんだけどね。
なのに、先週末は私の両親と、妹の家族たちと、旅行へ行ってきました。
孫達と遊びたいという、私の両親からのたっての希望だったのです。
しかしこうゆー時期。
私の他にも、妹の二人の子供がそろって風邪ひきでした。うちの娘も、先週頭に、風邪で2日間保育園を休んだばかりでした。
まぁ、予定立てた時点では、みんな元気だったもんね。

しかし行った所は、温泉とプールの一大テーマパーク。福島県いわき市にある「スパリゾートハワイアンズ」(旧常磐ハワイアンセンターだ!)。
妹の上の子は、2日目に熱が出てしまって、「プール行く〜〜!」と大泣きでかわいそうでした。1日目楽しんだだけに、よけい悲しかったかも。

furaさて、「スパリゾートハワイアンズ」。実は我が家はけっこうここが好きです。
こことか、荒川遊園がいい。と言うと、鼻で笑われることもあるのですが、小さな子供連れにはぜったいお勧めです。フツーの遊園地だと、幼児には乗れないアトラクションがほとんどですが、荒川遊園は、コイン式の物がほとんどなのです。
そして「スパリゾートハワイアンズ」も子供連れにはぜったいお勧めです。
東京駅から、無料直行バスが出ているのもポイント高いです。追加料金で、レイトチェックアウトもあるので、ゆっくりできます。
そして現地に着いてしまえば、すべてその場で済んでしまう。というのがたいへんよろしい。遊びに買い物に食事にマッサージ・・・。
初めて行った時、廊下で見知らぬカップルの女性が
「あと一泊したら、脳みそ溶けちゃいそう」と言っているのが聞こえましたが、私の感想も同じでした。
フラダンスショーをはじめとする様々なショーも、侮るなかれ、かなり楽しいです。
私の娘と妹の上の子は、フラダンス体験のコーナーが大好きで、毎回楽しみに参加しています。今回も「一緒に練習したい人〜」のかけ声がかかると同時に舞台へ駆けだしていました。

さて、本当は、もっと詳しくレポートしておきたいところではありますが、やっぱ体調悪いので、今日はこの辺で・・・。

あっさっき行ったステーキハウスで(体調悪いってのに、ステーキだよ)、なぜかピンクのマスカラをくれてちょっと嬉しかったので、ここに書いておこうっと。


★★★今日読んでいる本★★★
「本棚探偵の冒険」喜国雅彦/双葉文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.04

春はきにけり

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。昨日は節分でした。豆まきはしましたか?
うちでは、一応しました。
私は、マンションだし、しなくていいやと思っていたのですが、和田くんと娘がやってくれました。ありがとう。
しかし娘は何か勘違いしていて、豆まきが終わったあと、部屋を見回して
「この辺にはあんまりない」と言って、豆が落ちていない所にさらに豆をまいていました。ってあんた、種まきじゃないんだし・・・。ちなみに、豆まきでまくのは煎り大豆。そしてこの豆から芽が出たら、悪いことが起きるといわれています。

数日前から、娘は節分がやってくるのが恐くて恐くてしかたなかったのです。
鬼が来る日だと思っているようです。
「鬼が来たらどうしよう」「金棒でドアを壊されちゃうかも」等々
何を言っても安心できなくて、節分の朝から「まだ鬼、来てないね」
保育園につくと「お外に鬼いなかったね」「今日ぜったいお魚(鰯のことだっ)買ってきてね」

今年は、神社での豆まきに行きたいな〜と思っていたら、近くの大井蔵王権現神社でちょうどいい時間にやってくれるというので、行ってきました。保育園のお友達も何人かきていました。
名前のとおり修験道関係の神社なので、追儺式ではホラ貝を吹いた山伏と天狗が、鬼を追いながら商店街を廻ったあと、いよいよ豆まきです。
神社の前で天狗が鬼に豆をぶつけるパフォーマンスを行ってから、福豆をまいてくれます。
娘はこの天狗と鬼が恐くて、「天狗さんからお豆をもらってきなよ」と言っても、私の後に隠れて出て行けませんでした。
そういえば前に、「頭がよくなるから」と獅子舞に頭をかじってもらおうとした時もぎゃーぎゃー泣いたな〜。泣く娘をゲラゲラ笑いながら獅子にかじらせたな〜。
ところが、豆まきが始まると、娘も大興奮で、まかれる豆(小さな袋詰めになっていました)に手をのばして、終わった時には「もう終わり?もう終わっちゃったの?」「すっごく楽しかったね〜」と目をキラキラさせていました。
ゲームみたいで、けっこう楽しいんですよね。私も夢中になりました。

ところで、節分とは、もともと季節の変わり目のこと。立春立夏立秋立冬の前日を言うのですね。今日から春です。


★★★今日読んでいる本★★★
「真説 光クラブ事件 —東大生はなぜヤミ金融屋になったのか—」
保阪 正康 /角川書店

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.02.01

オートマトンの夢

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
最近また・・なのか、相変わらずなのか、「やる気」のない私なのであります。20代の頃の、唯我独尊状態が夢のようであります。とほほ。
前にも書いたかもしれませんが、私はちょっとばかり鬱な傾向がありまして、ここ数年は、それが緩く緩く続いているという感じです。ゆうべはそれについて、(鬱だけど)熱く語ってしまいました。
それで解決するわけではないし、むしろ、いつも前向きな和田くんと話していると、自分がほんとにダメ人間なような気がしてきて、実際今朝はイヤ〜な気分で目覚めて、出社拒否スレスレでしたけど、やっぱ語る事は大切なのです。
あっここまでは余談です。鬱の話はこれで終わり。

先日から、神経学の本で「脳のなかの幽霊」というのを読んでいました。
題名が、ケストラーのパクリか!?と思わせる物だったので、最初手に取るのをためらいましたが、これがかなりおもしろかったです。
神経学とゆーのがどういうものかという説明は、私などの半端な理解ではなく、わかりやすくきちんと説明してくれているテキストがあると思いますので、そちらに譲りますが、脳とそれ以外の器官の関係を探る学問ってことでしょうか?
脳の研究はまだまだ始まったばかりだそうですが、すごいです。禁断の果実って感じです。知りたいけれどこれ以上知ったら怖いような話がバンバンあります。
そして、何より、私がこの本を「読んでよかったな〜」と思ったのは、オカルトを読み解く鍵になるような話がいっぱいあったことです。
もちろん、すべての不思議現象が脳の働きで解明できるとは思っていませんが・・・と言いますか、脳の存在自体がもう、不思議の固まりなのですが・・・こういう見方もあるという事を知っておくのは、やはり大切でしょう。
ってゆーか、私にとってのオカルトって、こういうアプローチから人間を知ることも含まれていますから。

あんまりおもしろすぎて、どこが特におもしろかったかをピックアップできないくらいおもしろかったです。敢えて挙げるなら、信仰の話と進化の話。七転八倒のおもしろさ!


★★★今日読んでいる本★★★
それなのに、これ
「「超」怖い話Ε」平山夢明/竹書房文庫
しかし、実のところ、最近実話怪談本への興味が失せつつあります。
ライブはやっぱ楽しいんだけどね〜。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »