« 愛はなんにも救わない | Main | 科学する »

2005.01.16

アナクロの感傷

みなさんこんにちは。
今日は朝から雨です。昨日も雨でした。予報では「雪」と言っていましたが、雨しか降っていません。やはり東京は暖かいのでしょう。
風邪は、昨日1日寝てましたけど、よくなっているのだかいないのだか・・・。喉が痛いのはかなり引きましたけど、鼻がまだグズグズで、咳も止まりません。とほほ。
kazehiki
(ずっと寝間着ってのも気持ちがしゃっきりしないので、とりあえず着替えましたが、やっぱはっきりしませんわ。ウールの着物にウールの半幅帯。足袋ソックスに丈長パンツにマスク。
最近肌襦袢を止めて、襟ぐりの開いたシャツを着るようにしたら、衣紋がすっきりしました)

昨日は、この時期に洗いに出しておきたい着物があって、近所の悉皆屋さんへ持っていきました。
ところが、大大大ショックなことに!このお店が、3月いっぱいで閉店になってしまうというのです!!
なんとゆーことでしょう。
最近うちの周りは、いろんな所で道路拡張とかゆーことをやっていて、このお店もそれに引っかかっているのだそうです。うちのすぐ目の前だってーのに、全然知らなかったよ。
ご主人のお年もあるし、私の子供の代まで面倒みてもらえるとは思ってなかったけど、早すぎるよ。
一応、近くで同じ店を開きたいとは言っているけれど、目途は今のところ立っていないようで。どうなっちゃうのか、かなりドキドキなのです。
2月の頭までしか受付しないというので、1月はなにかと混んでるだろうからと、丸洗いの分が返ってきたら出そうと思っていた、染み抜き分の着物も慌てて持ち込んでしまいました。でもでも、ほんとはまだきれいにしてもらいたい帯とかもあるのだけどーーーー。

まぁメンテナンスとしては、少し遠くなるけれど、やってくれる呉服屋さんを見つけてはある。けれど、こういうお店がなくなってゆくのはとてももったいないことですね。ってゆーか、古着メインで着ている私には、メンテのみでお付き合いできるお店が近所からなくなってしまうのは、真剣に困るのですよ。
しかし、最初からそんなお店は近所にないって人も、多いのだろうし、これも時代の流れ。
わざわざ郵送で遠くのお店にお願いしている方たちもいるくらいだし・・・私もできる範囲でできる方法を考えていかねばな〜。


★★★今日読んでいる本★★★
「昭和モダンキモノ 抒情画に学ぶ着こなし術」中村圭子・編/河出書房新社
こういう本が欲しかった!

|

« 愛はなんにも救わない | Main | 科学する »

Comments

じゅんこさん、大丈夫かい?
にしても、この絵に笑えたよぉーーっ。
姫もね、なんだかなぁか~って日に着物を着ることがあります。着てよかったって思う日と、やっぱり心ここにあらずな時に着たら納得いかない日もあり…。
どちらにしても、着物着ている間はいろんなこと忘れられるもんねぇ。
あっ、メンテ屋さん残念だね。姫は近くの昔呉服屋さんだった洋服屋さんにたのんでいます。昔の付き合いで…そこが無くなったら姫もいやだなぁ~。

Posted by: | 2005.01.16 at 20:49

ご心配いただきすみません。ありがとうございます。
日頃の鍛錬が足りないせいか(^^;)、ダラダラしていますが、徐々に快方へは向かっているようです。

着物ブームと言われてはいるけれど、こういうお店が少なくなってゆく、というのは、やはり着物が身近な物ではなくなっているということなのでしょうね。

Posted by: じゅんこ | 2005.01.17 at 06:20


風邪大丈夫ですか?お大事にね?
ところで読んでらっしゃる御本って
イラストが満載の文庫本ですか?
先日本屋で見かけて、のん太さんに
知らせようと思ってたのに、もう題名すら
覚えてないていたらく・・・・(爆

Posted by: 美棒 | 2005.01.17 at 14:43

風邪大変そうですね。お大事にね♪
でもイラストで笑いました。
上手いなあ。
キモノブームと言っておきながら、
ブームといわれた頃には去っていくような気がします。さびしいですよね。
頑張って着ようと思います。

Posted by: ちゃる | 2005.01.18 at 10:22

ご心配おかけしております~・・
体力が落ちているのか、以前は3日で治ってただろうって風邪が、ダラダラ、ダラダラ治らないです・・・。とほほです。
年のせいか!!?っつかそうゆー年頃?

>美棒さん
えっと、読んでいた本は、弥生美術館の学芸員の方が編集した物で、高畠華宵や蕗谷虹児のイラスト・・当時のファッション誌の頁等で構成されています。
大きさはA5版かな?
カラー頁も多くて、ステキですよ。

>ちゃるさん
うむむ、ブームで終わってしまうのも、高価な道楽になってしまうのもイヤだなぁ。
新しい流れを作ろうとしている若い方たちもけっこういるようだけれど、どうなるのでしょうね。着物文化。

Posted by: じゅんこ | 2005.01.18 at 14:36

>高畠華宵や蕗谷虹児のイラスト
買わなきゃ~まだ売っているかしらん。

弥生美術館が素敵ですよね。
私は伊藤彦蔵が好きだけど・・・

Posted by: ちゃる | 2005.01.18 at 14:55

伊藤彦蔵とは、渋いっつーより濃い!ですな。
そう言えば、一昨年だったか、弥生美術館の彦蔵展オフやってましたよね?私は残念ながら参加できませんでしたが。

咳が止まらなくて、病院へ寄ってから出勤したのだけれど、やっぱ咳がうるさくて、
「もう帰っていいよ」と言われたので、もう少ししたら帰ります。
でも寄り道しちゃうと思う・・・。

Posted by: じゅんこ | 2005.01.19 at 13:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/2588910

Listed below are links to weblogs that reference アナクロの感傷:

« 愛はなんにも救わない | Main | 科学する »