« 戦利品 | Main | 愛はなんにも救わない »

2005.01.11

温泉三昧

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気でしたね。って我が家は、実は昨日の月曜日から箱根へ行っていました。箱根はずっとよいお天気でした。
旅行と言えば、北海道だろうと九州だろうと車で行っていた我が家にしては珍しく、今回は電車での旅行でした。最近はこーゆーのも気楽で楽しいと思い始めているのです。

和田くんに前から、11日は休みを取ってのんびりしようと言われていたのですが、私がきちんと休みの申請をしたのは仕事始めの後で・・・それはともかく、具体的に何をするとか全然決めてなくて、先週の金曜日の朝、出勤前に突然
「箱根とか行きたいな〜。宿を取っておいてくれると嬉しいんだけど」
と言われ・・・。あわてて宿を探したですよ。
今回は、とにかく「のんびり」を合い言葉に、お弁当とビールを買って、10時10分新宿発の小田急ロマンスカーで出発。ポカポカ陽気に電車に揺られてのビール・・・至福。
1時間20分ほどで箱根湯本に到着。そこから箱根登山鉄道で、終点の強羅まで。強羅からはケーブルカーで、やはり終点の早雲山へ。今回の宿はここから徒歩3分ほどの所ですが、一応観光もしたいので、そのままロープウェイに乗り換えて芦ノ湖を目指します。
こうやって鉄道で来てみると、連絡もよいし、便利もよくて、快調に旅は続いていきます。車だったら渋滞する場所もあるし、山道は揺られて気持ち悪くなったりもするもんな〜。

ひとつには、うちの娘が車嫌いというのもあるのですが・・それ以外の乗り物はけっこう好きで、最初からはしゃいでいました。登山鉄道でも「ジェットコースターみたい!」と大興奮。
ロープウェイではスタンプ帳を買って、各駅に降りながら行きました。
暖かい陽気だったので、芦ノ湖でも湖畔の周りをのんびり歩くことができました。

asinokolake
そうそう、こういうのがしたかったのだよ。わたしは。

そしてそのまま宿へ・・・。あわてて取った宿は、早雲山駅の近くにある、「山田家」という旅館です。
少し古いけれど、お風呂は広いし、食事は部屋で取れるし(食事が部屋出しかどうかは、やっぱ「のんびりできる」の大きなポイントです)、その食事もなかなか美味で、スタッフも行き届いていて、よい宿でした。
チェックインから夕食まで少し時間があったので、さっそく温泉に入りに行きました。
暮れていく山々を眺めながらの露天風呂。連休の最終日のせいか、他に入ってくるお客さんもなく、貸切状態で贅沢させてもらいました。
夕食の後は、貸切家族風呂でのんびり・・・。
チェックアウトも、レイトチェックアウトというオプションを付けてもらって、温泉三昧でゆったりさせてもらいました。


2日目の今日は、前から、箱根に行くなら子供を連れて行きたいと思っていた、「彫刻の森美術館」へ行きました。
cablecar
(ケーブルカー同士がすれ違います)

野外展示がたくさんあって、庭を散策しながら美術品を鑑賞できるようになっているのです。
暖かい季節なら、カフェでランチをテイクアウトにしてもらって、芝生の上で食事をしながら・・なんていう事もできるそうです。
他にも、体験できる彫刻という感じで、子供が遊べるようになっている物もあります。
netca
これは「ネットのお城」という展示物。娘にはまだちょっと難しそうでしたが、「恐い、恐い」と騒ぎながらも、どんどん上の方へ上って行ってしまいました。・・・下りる時がまた大騒ぎだったけど・・・。
他にも「シャボンのお城」というのがあり、こちらはもう少し大きくならないと遊べなそうでしたけれど、和田くんと二人で、こんな物で遊べるなんて、子供は「いいな〜」と言い合っていました。

ひとしきり遊んでから、箱根湯本へ出て、帰りの電車までの時間は、また温泉へ行ってしまいました。駅から歩いて5分くらいの所にある「弥次喜多の湯」という、素泊まりの宿が付いている温泉です。
今日は昨日に比べて風が強く、お天気はよいのにかなり寒くなっていたので、最後に温泉で暖まることができ嬉しかったです。

帰りのロマンスカーは、展望席の最前列を取り、夜でしたけれど、ステキな見晴らしを楽しみながら帰ってきました。
温泉とビールと鉄道の旅・・・ほんとにゆったりとよい気分で楽しむことができました。


★★★今日読んでいる本★★★
「わが人生の時の時」石原慎太郎/新潮文庫

|

« 戦利品 | Main | 愛はなんにも救わない »

Comments

温泉最高ですね?
ゆっくりのんびりが一番ですわ♪
平日に休みが取れるのでしたら
次回お勧めの宿をこっそり教えますわ♪

Posted by: 美棒 | 2005.01.13 at 15:01

うらやましい~!!
温泉行きたひ。です。

Posted by: ちゃる | 2005.01.13 at 19:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/2543413

Listed below are links to weblogs that reference 温泉三昧:

« 戦利品 | Main | 愛はなんにも救わない »