« 新春ポタ | Main | 戦利品 »

2005.01.04

熊野古道へ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。暖かくて・・・と思っていたら、夕方になってものすごい風です。嵐のよう。最近こういう強風が多いです。

今日仕事始めの会社等、多かったようですが、私の職場は今日までお休み。
せっかくのお休みなので、子供は保育園に預けて、世田谷美術館で開催されている「吉野・熊野・高野の名宝」展へ行こうと思ったのですが、子供に嘘をつききれず・・・結局娘を連れて行ってきました。
紀伊山地の霊場と参詣道がユネスコの世界遺産に登録されたことは後から知ったのですが、ここ数年熊野には興味があって、この美術展にも、ぜひ行きたいと思っていたのです。
子供連れで、案の定落ち着いては見られなかったのですが、なかなかに楽しい美術展だと思いました。
仏像の迫力もすごかったのですが、私が特に気に入ったのは、「吉野花見図」という屏風絵。
春のお花見の様子が描かれた大きな絵なのですが、花見客の様子など、見飽きません。ゆっくり見ることができる機会があれば、隅々まで眺め回していたい。
熊野詣での話なども、最近読んでいる民間信仰の本に書かれている話とリンクする部分が多くて、なるほどなるほどと納得しながら楽しく見ることができました。
遠い歴史の中の事のようでも、当時の習俗などを知って、当時の人たちが見ていた物を見てみれば、その人たちと同じ気持ちを少しでも感じることができるのだなぁと・・そんなふうに思え・・・。信仰に対する厳粛な気持ちというのではなく、もっと人間的な・・生活の生々しさが伝わってくるようでした。

世界遺産登録に併せて一般公開された秘仏、熊野権現三体をNHKが撮影した3Dハイビジョン映像がかなりの迫力でおもしろいです。

simameisen

美術展へも着物で行きました。
三が日は、小紋とはいえ少しだけ改まった雰囲気の物を着ていたので、今日はくだけて縞柄の銘仙です。帯は年賀状にも使った鶏柄の帯です。目付きがなんとなく怖くて気に入っていますが、実はちょっと短めで、締めるのにコツがいります。昔は簡単にひと巻で帯を締めることもあったため、かなり短い物もある、と聞いてはいたのですが、私はずっとそのコツが掴めず、きちんと締められる時と締められない時があります。
なので、今回、思い切って引き抜き帯の要領で・・名古屋帯ですけど、後ろでひと結び、結び目を作ってしまいました。邪道・・・?かな〜・・。でもこれで、かなり楽に結ぶことができました。こうすると、今度は手先がかなり余るので、余った分はお太鼓の中に折り込んでいます。
半襟は赤地にオレンジで大きく菊が描かれた物です。
これに、お気に入りのひよこ柄の羽織を着ました。羽織はあまり着ないのですが、これは色もかわいくて、春らしくて大好きな物です。
草履は去年、手持ちの端切れを持ち込んで作ってもらったオリジナルの物です。
しかし、よくよく考えると、羽織も草履も桜が入っていて、もう少し暖かくなってからの物だったかも。まぁ、新春鳥づくしってことで。hiyokohaori

★★★今日読んでいる本★★★
とゆーわけで
「絵解き 熊野那智参詣曼陀羅」わかやま絵本の会

|

« 新春ポタ | Main | 戦利品 »

Comments

砧の美術館。
今の展示は私も是非行きたいと思ってます。
見たいなあ~♪

NHKの日曜美術館でも取り上げられていましたよね。番組を見ながら、連れに「前にふたりで行ったよね」と話しかけたら・・・違う人とだったので・・・昔のことですが・・・一瞬あわわでした。

羽織の柄 素敵ですね。
どうも私のコーディネイトは地味系なので
今年は少し派手めにしてみようかと思います。

Posted by: ちゃる | 2005.01.05 at 17:10

新装開店おめでとうございます♪
和柄がとっても素敵です♪
本年も宜しくお願い致します!

Posted by: 美棒 | 2005.01.05 at 17:45

新装開店おめでとうございます♪
和柄がとっても素敵です♪
本年も宜しくお願い致します!

Posted by: 美棒 | 2005.01.05 at 17:54

>美棒さん
今年もなにかとよろしくお願いします。
定例会毎月楽しみにです。

>ちゃるさん
私は洋服でも、キンキラしたのが好きなので(さすがに最近はもうそうゆーのは着られませんが・・(^^;)、着物もどうも、いい年して若作りになりがちです。
シックなコーディネートの中に一点、小物で明るい色を入れると、かっこいいと思いますヨ。
渋い色合いの着物に、明るい八掛がちらっと覗いたりすると、ステキですよね。

Posted by: じゅんこ | 2005.01.06 at 14:34

自分で書いていて・・なのですが、
昨日買った、きくちいまさんの本に載っている帯の締め方では、すべて帯をひと結びしていました。
着付けの載っている本は、けっこう読んでいるけれど、フツーに・・お太鼓を作るのに帯を結んでしまう締め方は初めて見ました。
実はよくやるやり方?なの?

Posted by: じゅんこ | 2005.01.06 at 16:39

分け合ってHPが大変な事に!!(笑
すみませんが、このURLからとんで下さい!

Posted by: 美棒 | 2005.01.06 at 16:43

母に締めてもらうと、全部ひと結びしたような気が・・・します。
家で聞いてみます。

私も派手好きなんですよ~実は・・・(^^;

Posted by: ちゃる | 2005.01.06 at 17:26

TB2回もしてしまいました。
1つ削除していただけると幸いです。
宜しくお願いします。

Posted by: ぴっころ | 2005.03.30 at 22:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/2470772

Listed below are links to weblogs that reference 熊野古道へ:

» 今日の着物@日本髪 [ちょこっとキモノ]
練り物の簪揃い ・・・鶴亀&松竹梅。骨董市で入手。 日本髪。気分はコスプレ。 葡萄柄の大島(と言い切ってしまおう。) ・・・Gさん&Kさん達のフリマ... [Read More]

Tracked on 2005.03.30 at 22:27

« 新春ポタ | Main | 戦利品 »