« もうすぐクリスマス | Main | 何のための勉強なのか »

2004.12.07

歯医者と仕事と怖い夢

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。

歯の治療が2本目を終えました。ほんと最近の治療はスピーディで嬉しいです。1本の治療に2週間のペースでサクサク進んでいます。
しかし、治療しているうちに新たに治療する所が見つかったりで、トホホです。
ところで、昨日は、治療した所に銀を詰める日だったのですが、
あれって、最初嵌めて様子を見て、もう1回外して接着・・って順番じゃないですか?
で、私もそうだったのですが、その最初の様子見で嵌めた銀が取れなくなってしまったのですうう!
最初、助手の女性がその作業をしていて、全然取れなくなってしまって、何か機械でガシガシしたりしてもダメで、次に担当の男の先生がきてやったけどダメで。最後院長が来てやっと取れました。
治療とはまた違ったイヤさでした。けっこうゴリゴリガリガリやられて
「削って薄くなった所が折れたりしないのかな〜」とか心配になるくらいだったのですが、けっこう平気なものなのですね。でもね、今歯茎がちょっと腫れています。

ここ数日久々に仕事が忙しい日が続いているのですが、久々なので仕事の勘が狂っているのか、周りに気が回らなくなってしまって、ちょっと自分がイヤな感じです。
忙しいって言っても、カツカツでやっているわけではないので、もう少し他の事もやりゃあいいのに、ひとつの事に集中してしまって、返事をするのもめんどくさくて、なんかヤな奴っぽいです。気を付けねば・・・・。でも1度にいろんな事に気を回せないのは、もう私の能力がそこまでってことでもあるのだよなぁ。

ゆうべのことです。夜中の12時半くらい。
自分は眠っているな〜という自覚があるくらいの状態で、漠然とした何かを考えながらゆらゆらしていました。と、突然頭の中に、
「小学生が自殺したんだって」
というはっきりとした言葉が出てきて、ドキッとして目が覚めてしまいました。で、なぜかそのことがすごく怖くて、「あ〜怖かった」と思う間もなく、隣で寝ていた娘が、突然腕にしがみついてきたのです。
けっこうビビリました。見ると、娘はしっかり眠っています。どんな夢を見てるんだろう。
浮かんだ言葉もそれ程怖いことでもなく、自分が「怖い」と思ってしまったことが怖かった。


★★★今日読んでいる本★★★
「ハーモニーの幸せ」田口ランディ/角川文庫
「わが人生の時の時」石原慎太郎/新潮文庫

|

« もうすぐクリスマス | Main | 何のための勉強なのか »

Comments

http://helloflov.exblog.jp/

とりあえず ブログはじめてみました。

まだ何も書いてないけど 
おひまな折に覗いてみてください。

Posted by: ちゃる | 2004.12.10 at 10:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/2177370

Listed below are links to weblogs that reference 歯医者と仕事と怖い夢:

« もうすぐクリスマス | Main | 何のための勉強なのか »