« 子供服事情 | Main | 年中無休 »

2004.10.22

閑々・・ではなく、徒然

みなさんこんにちは。
今日はよいお天気ですね。最近自転車に乗っていないので、こんな日はサイクリングに出かけたくなります。
いつもなら気持ちのよい季節のはずなのですが、なんだかすっきりしないお天気が続いているせいか、気分もすっきりしません。
書き込みも、なんだかグダグダ、ダラダラしてしまいます。

職場の後輩がお茶を習うかも・・と言っていて、その後輩のおばあさまも長年お茶をやっていて、お着物もたくさん持っているので貸してあげる、と言われたとか。でも自分で着ることができないので、着付けは美容院でしてもらう。と話しています。
たまにしか着ないならその方がいいよね~と他の人と話しながら、じゅんこさんは普段も着てるんですよね。偉いですね。と言われて・・う~ん・・好きだから着ているだけなので、ちっとも偉くはないのだよね。と思う。
好きな事だから、ちょっとくらい手がかかっても気にならない。
逆に、今はそれ程ではないけれど、以前はけっこう偏食があって、魚介はほとんど食べなかった。お刺身なども全然。それはまぁ、嫌いな食べ物だったってことなのですけど、よく言われたのが、
「こんなおいしい物が食べられないなんて、かわいそ~」
・・・いえ、おいしいと思っていないので、っつかむしろ不味いと思っているので、全然かわいそうじゃないです。なのでした。
何が言いたいかと言うと、こんな小さな事でも、相手の立場に立って物を言うというのはかように難しい・・と。
すみません。今無理矢理まとめました。

あっそう言えば・・・って話がどんどん逸れていきますが、今の話を書いていて思い出したのですが、
樹村みのりという方の漫画に「にんじん」という作品があって、昔の漫画ですが。「にんじん」が嫌いな男の子が主人公なのですが、にんじんが食べられるようにならせようと、にんじんにこだわった料理を作るのと、他の材料でにんじんと同じ栄養を摂れるようにするのと、どっちがほんとの親切だろう?
っていうような話。結末は忘れちゃった。
樹村みのり・・・最近は描いていないようだけれど。で、作品を描いていた最後の方は、ジェンダーとかの問題を扱う作品が増えていたけれど、醒めた目をしたキャラクターが印象的で、けっこう好きです。静かな日常を描いていたりするのだけれど、それが妙に怖かったり。ホラーの怖さではなくて、あまりに当たり前な心の暗部を静かに描くのですね。

で、今日はまとまりなくこれで終わりです。
帰って裁縫をするのが、最近の楽しみ。


★★★今日読んでいる本★★★
「神社と祭り 神道の世界」真弓常忠/朱鷺書房

|

« 子供服事情 | Main | 年中無休 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/1745714

Listed below are links to weblogs that reference 閑々・・ではなく、徒然:

« 子供服事情 | Main | 年中無休 »