« どう思っているのだろうなぁ・・と不安になる事 | Main | 閑々・・ではなく、徒然 »

2004.10.21

子供服事情

みなさんこんにちは。
台風一過です。でもお天気悪いです。雨です。台風の後って、スカッと晴れるイメージがあるけれど、この前の台風の後もすっきりしませんでしたね。
今回、各地の被害がすごかったようで、びっくりです。
ニュースでは、風に押されて立ち上がれなくなっている人などが映っていましたが、うちの方は、風はあまり強くなりませんでした。夜中はそれなりにゴーゴー言っていたようですが。
雨はひどかったです。
うちの周りは、2本の川に挟まれていて、何度か警報が鳴っていました。

あっちなみに、今回の台風の名前・・「トカゲ」ってなに?という話を前回書きましたが、星座の「トカゲ座」から取ったのだそうです。

最近子供の着物のことであれこれしています。
子供から「着物着たい」と言われたので、お母さんとしては、やっぱり嬉しいのです。
ところで、子供用に買っておいた着物が、どうも長襦袢ぽいんです(でもお店の人は「長襦袢じゃない」って言っていたのよ)。
その時は柄がいいので、「直せばいいか」と、簡単に考えたのですが、着物も色々見慣れてきた今見ると、生地なども違うんですね。と言っても、確かに長襦袢とも違うようだし・・・。もしかして「内着」ってやつ?
そんな事が、どういうわけか2回も続いてしまって(1回はネットオークションだった)、結局この2着は「長襦袢」になってもらうことにしたのでした。
でもそうすると、今度はこれに合わせる着物がないのです。
なので、これに合わせた着物を買おうとしているのが、ひとつ。
もうひとつ、子供用に銘仙の着物を買ってあるので、これの上げをすること。と、この銘仙用に買った長襦袢があるのだけれど、振りが長いので、袖を付け替えること(今朝やっと片袖分を作りました。今日中に全部できるといいのだけれど)。
子供の着物って、見かける物がほとんど晴れ着かウールのアンサンブルなんですよね。で、この中間の物と思って、よい感じの柄を見かけると、あわてて手を出すのが失敗の素のようです。
あ~、あと帯も、なかなかちょうどいい物がなくて、半巾でいいから作っておこうかと思っています。


★★★今日読んでいる本★★★
「怪奇探偵の実録事件ファイル 2」小池 壮彦/扶桑社

|

« どう思っているのだろうなぁ・・と不安になる事 | Main | 閑々・・ではなく、徒然 »

Comments

小さいお子さんの着物は可愛いですよね。
娘には晴れ着(七五三)しか着せたことがありませんでしたので、
私の子供時代2~6歳くらいまでの着物を思い出して
ちょっと書いてみます。

ウールも着ていたのですが、お気に入りは
白羽二重に赤とピンクの大きな花模様のフリの短い着物でした。袖は元禄袖だったと思います。
写真が残っていますが着物がない。
あればもし傷んでなければ着ていただけたのに。
残念です。

帯はたぶん付け紐に三尺だったと思います。
お被布を着ないときや家では毛糸の羽織を着ていました。
この羽織もお被布もない。
引越しをしたときに処分したのだと思いますが
返すがえす残念。当時は着物の価値が分からなかったんですね。

丸くけの帯締めが残っているのですが、
これはたぶん七五三用だったのでしょう。
流石に七五三の晴れ着は残っていますが、
箱セコなどの小物が残っていません。
娘の七歳のお祝いは私の七歳の時の晴れ着でした。
昔の柄ですが、珍しいのでけっこう映えました。

子供に着せるものは(特に女の子の場合)
すごく迷ってしまいますね。
私の場合洋服でしたが、欧州の小さい女の子みたいな
感じ(あるいは明治の子)に、見せたくて
でも売ってる服はちょっと~と悩んでいた頃を
思い出したりしました。

Posted by: ちゃる | 2004.10.21 at 17:28

>ちゃるさん
着物のお話ありがとうございます。
私が子供の頃の着物の思い出は7才の七五三くらいですね~。その七五三の着物も従姉妹からの借り物で、私自身の着物は、高校の時買ってもらったウールのアンサンブルと、自分で縫った浴衣しかありませんでした。
成人式の時にも晴れ着は用意してもらえなくて、実は、根にもっています(^^;)。
特に、妹の成人式の時は、母の知り合いのおうちが、家財を処分して引っ越さなければならない、という時と合いまして、それこそアンティークのすばらしい振り袖をいただいて、自然とそれは妹の物ということになってしまったので、偶然のこととは言え、しばらくわだかまっていました。
今考えると、私の母には、着物に限らず、物に対するこだわりがほとんどないのですね。
そんな事もあるせいか、お母さんの着物を娘が・・とか、おばあさんの着物を孫が・・という話を聞くと、すっごくうらやましいです。

と言いつつも、自分の娘が成人する時、私は晴れ着を用意してあげられるのかな~。

Posted by: じゅんこ | 2004.10.22 at 12:49

>じゅんこさん
悪ノリでもう少し書かせてください♪
実は私も成人式に晴れ着を作って貰えなかったんですよ~
ジーンズばっかり着てて全然女の子らしくなかったから。
当時は欲しくもなかった・・・のですが・・・

翌年、当時お付き合いしていた男性のお宅にご招待されて、
しかもお正月、しかも彼のお兄さんも彼女を連れてくる。
その彼女はお振袖・・・
当時は私も、その人と結婚するつもりでしたので、
いわゆる将来の家族でお正月を過ごすという趣旨。

焦りました。古い言葉ですが、相嫁同士の初顔合わせです。
親に無理を言って頼み込み、
年末にやっと晴れ着が出来ました。

母も私の着付けに同行したのですが、
「着慣れてないのでキツクしてください」と鶴の一声で
すごく苦しかった~(><)

無理を言って作ってもらったので、あれこれ言うのは親不孝なんですが、色柄についてはすごく残念でした。
憧れていた紅梅とかは「似合わない」と断言されちゃって。
昔の演歌歌手のような派手派手なブルーに
杜若の裾模様というトホホな柄なんです~(汗)
おかげさまで、その時を含め2回しか着てません(爆)

でも運命って不思議ですよね~
もしもそのときの彼氏と一緒になってたら、
違った人生を送ってたんだろうな~とか思います。

Posted by: ちゃる | 2004.10.22 at 13:11

>ちゃるさん
うむむ、振り袖で初顔合わせ・・それはっ女子としてはドキドキですね!
杜若柄はともかく、派手派手ブルーですか~(^^;)。
ところでところで、この派手派手ブルーって、もしかして、私らの母親世代の流行色?ってゆーのは、私の母が結婚祝いに叔母さんに作ってもらったという訪問着が、やっぱり派手派手ブルーなのです!
娘の七五三の時に借りようと思ったのですが、実物を見て「もう少し落ち着いた色の方が・・・」ってことで、借りませんでした~~。

Posted by: じゅんこ | 2004.10.26 at 10:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/1736741

Listed below are links to weblogs that reference 子供服事情:

« どう思っているのだろうなぁ・・と不安になる事 | Main | 閑々・・ではなく、徒然 »