« 明日は晴れてね | Main | 幼児ってのは・・・ »

2004.08.28

日本の幻獣

みなさんこんにちは。
今日は「晴れて〜」の願いも空しく、降ったり止んだりの、はっきりしない天気になってしまいました。チェッ。
そして来週の天気も、一難去ってまた一難。旅行へ行く頃にはしつこい台風もいなくなってくれそう。と喜んでいたら、新たな台風が、突如発生しているではないですか!もう大大大ショック!!
どうなることやら・・・。

川崎市市民ミュージアムで開催されている「日本の幻獣 未確認生物出現録」展へ行ってきました。
幻獣・・・ようするに、人魚とか河童とか、想像上の動物のことです。
正直なところ、妖怪が好きなので「とりあえず行っておくか」くらいの気持ちで、それ程期待していませんでした。
が、なかなかどうして、おもしろかったです。
特に、各種幻獣のミイラがすばらしかった。写真も含め、これだけの数を見ることができ、それだけでも足を運んだ価値がありました。
1977年に「すばらしき世界旅行」で放映されたという、幻獣探しの映像では、サスカッチを撮ったビデオというのが・・・サスカッチがあまりにフツーに、人間のようにスタスタ歩いていて、笑ってしまいました。

さて、今日は前々から着たいと思っている着物がありました。
先週洗った絽の着物です。萩の模様なので、蜻蛉の帯と合わせたら、今の時期バッチリ!っつか今着なきゃ、もう今年着る機会ないっ、と思っていたのでした。
のですが・・天気予報は「雨」。
ちょっとくらいの雨なら、紗の羽織を合わせるといいかな〜とか、ギリギリまで悩んで、子供連れで余計な気遣いを増やしても大変なだけだし、なにより気温がずいぶん低かったので、結局、その組み合わせは止めました。
で、夏の始めにネットオークションで買ったサマーウールの着物を、まだ着ていなかったのを思い出し、それにウールの半巾帯を合わせました。
自分で着物を着始めてから、ウールを着るのは初めて。「サマー」とは付いても、今の時期着る物なのかも、実は知らないのですが、まぁそんなには外してないだろうと着てしまいました。
腕と足下がちょっとチクチクしましたが、イヤになる程ではなく、気候が合ったのか、とても快適に着られました。不思議なことに、別にいつもより上手に着られたということもなく、着崩れてもくるのですが、なんだかとても気持ちよく着ていることができたのです。

持っている着物をわかるようにしておこうと、整理かたがた、少しずつ写真に撮っていくことにしました。


★★★今日読んでいる本★★★
「きもの365日」群ようこ/集英社文庫

|

« 明日は晴れてね | Main | 幼児ってのは・・・ »

Comments

そろそろ夏物も終わりですね。蜻蛉の帯、ワタシも持ってます。京都の天神市で出会った帯です。
タレにしみがあったので、自分で改造して締めています。
夏が終わるまでに、絽の着物と蜻蛉の帯、使えるといいですね。ではまた♪

Posted by: ヨーコ(じゃばら) | 2004.08.29 at 20:04

そろそろ絽の季節も去りますね。
姫も後1回ぐらい着たかったなぁ~。
もう機会が無いや…。
さて、次回はどこに着ていかれますか?
愛媛は、台風がやってきました。
早く、着物関係のブログを書きたい今日この頃です。

Posted by: | 2004.08.30 at 08:25

夏は、着物を着るのも一苦労ですが、季節が短いだけに着ておきたかったりするんですよね。
特に季節柄は。
「呪術がつくった国 日本」(オカルトじゃなくて、日本の文化や環境について書かれた本です)という本に、日本の季節は四季ではなく、36あるという話が出ています(ちょっとうろ覚え)が、ほんとその季節に合わせた柄が着られる期間って、ほんの一週間くらいなんですよね。
季節を感じることが難しい世の中になりつつありますが、旬を感じる感性をなくさずにいきたいものです。

Posted by: じゅんこ | 2004.08.30 at 13:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/1300911

Listed below are links to weblogs that reference 日本の幻獣:

« 明日は晴れてね | Main | 幼児ってのは・・・ »