« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.31

人の望みの喜びを

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。・・・と言えるのかな?台風一過。朝は風がかなり強かったですが、今はそれも治まってきました。
ゆうべは東京もものすごい風で、怖いくらいでした。記録的な強風だったようです。
各地で被害も続出のようで、東京でも工事のパネルが落下するという事故がありました。

自然災害と聞くと思い出す話があります。
田中貢太郎という作家が書いた「月光の下」という短編です。三陸沖地震津波を題材にしたお話です(たぶん明治の方の津波)。
怪談なんですけど、とても悲しくて、きれいな話です。田中貢太郎の作品は全般的に好きなのですが、その中でも特に好きな話です。
余談ですが、加倉井ミサイルさんの絵でマンガ化してくれたら、すっごく雰囲気出ると思うんだけどな~。

前々から夫が、なぜか子供に「蛍の墓」を見せたがっていて、ゆうべとうとう見てしまいました。
私が、悲しいお話が苦手なんで、ず~っと「ダメ!」と言っていたのですが、昨日はなぁんか「まぁいいか」って気分になってしまったんですね。で、やっぱり泣けてしまいました。心臓に悪い。
実は、娘の名前は、「なんでそんな名前に」と言われたりもしたのですが、戦争にちなんで付けているのです。
長崎に原爆が落ちた後、焼け野原にいち早く花を咲かせたという、ある植物から付けたのです。それは、どんな過酷な状況の中でも、それに負けないで花を咲かせて欲しいという願いからです。
「優しく」とか「きれいに」ではなく「強く」なってほしいっつー願いもなんだかな~・・ですが・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「異端の数ゼロ−数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念」チャールズ・サイフェ/早川書房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.29

幼児ってのは・・・

みなさんこんにちは。
今日は朝から雨でした。気候もすっかり涼しくなってしまって、いよいよ夏も終わりの雰囲気です。

旅行もあるし、天気も悪いので、今日は家でダラダラしていました。

amenohi.jpg

年のせいなのか?最近お昼過ぎになると、激烈に眠くなります。休みの日は特に。でも、ゆっくり眠りたい!と思っても、子供は容赦なく「遊んで。遊んで」なのでした。
「後で」とか「ダメ」と言われるのがわかっているので、子供の方も、最近は、はっきり言わないで、つつーーと寄ってきて、耳元でこっそり
「あのね。お母さんと遊びたい気分になっちゃった」などと言います。
何にしても、子供が「遊びたい」と言い出したら、もう、ゆっくり休んでいられるわけもなく、諦めて一緒に遊ぶしかないのでした。
娘は、親が他のことに夢中になっていると、おしっこをもらすという行動を起こします。で、今日は3回もこれをやられてしまいました。とほほ。
いつになったら、せめてゆっくり睡眠を取れるのだろうか?
ああ・・でも、久しぶりに襦袢直し用の刺繍が少しできたから、まぁ起きてていい事もあったか・・・
とほほ。

夕飯の買い物にでかけると
「あ〜〜!!」と大声を上げて立ち止まるので、「何!?」と思ったら、
「花火みたいな雨〜!」
道路に跳ねる雨が、信号待ちの車のヘッドライトで、花火がはじけるようにしぶきを上げていたのでした。


★★★今日読んでいる本★★★
「きもの365日」群ようこ/集英社文庫
着物は着られるけれど、その後は?って人にお奨め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.28

日本の幻獣

みなさんこんにちは。
今日は「晴れて〜」の願いも空しく、降ったり止んだりの、はっきりしない天気になってしまいました。チェッ。
そして来週の天気も、一難去ってまた一難。旅行へ行く頃にはしつこい台風もいなくなってくれそう。と喜んでいたら、新たな台風が、突如発生しているではないですか!もう大大大ショック!!
どうなることやら・・・。

川崎市市民ミュージアムで開催されている「日本の幻獣 未確認生物出現録」展へ行ってきました。
幻獣・・・ようするに、人魚とか河童とか、想像上の動物のことです。
正直なところ、妖怪が好きなので「とりあえず行っておくか」くらいの気持ちで、それ程期待していませんでした。
が、なかなかどうして、おもしろかったです。
特に、各種幻獣のミイラがすばらしかった。写真も含め、これだけの数を見ることができ、それだけでも足を運んだ価値がありました。
1977年に「すばらしき世界旅行」で放映されたという、幻獣探しの映像では、サスカッチを撮ったビデオというのが・・・サスカッチがあまりにフツーに、人間のようにスタスタ歩いていて、笑ってしまいました。

さて、今日は前々から着たいと思っている着物がありました。
先週洗った絽の着物です。萩の模様なので、蜻蛉の帯と合わせたら、今の時期バッチリ!っつか今着なきゃ、もう今年着る機会ないっ、と思っていたのでした。
のですが・・天気予報は「雨」。
ちょっとくらいの雨なら、紗の羽織を合わせるといいかな〜とか、ギリギリまで悩んで、子供連れで余計な気遣いを増やしても大変なだけだし、なにより気温がずいぶん低かったので、結局、その組み合わせは止めました。
で、夏の始めにネットオークションで買ったサマーウールの着物を、まだ着ていなかったのを思い出し、それにウールの半巾帯を合わせました。
自分で着物を着始めてから、ウールを着るのは初めて。「サマー」とは付いても、今の時期着る物なのかも、実は知らないのですが、まぁそんなには外してないだろうと着てしまいました。
腕と足下がちょっとチクチクしましたが、イヤになる程ではなく、気候が合ったのか、とても快適に着られました。不思議なことに、別にいつもより上手に着られたということもなく、着崩れてもくるのですが、なんだかとても気持ちよく着ていることができたのです。

持っている着物をわかるようにしておこうと、整理かたがた、少しずつ写真に撮っていくことにしました。


★★★今日読んでいる本★★★
「きもの365日」群ようこ/集英社文庫

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.27

明日は晴れてね

みなさんこんにちは。
今日は、なんだか今にも雨が降り出しそうなお天気です。
台風16号も心配ですね。
それにしても、なんつー足の遅い台風なんでしょう?足の遅い私でも、競争して、瞬間的になら勝てる遅さです。まさかこんなにいつまでも居座るとは思っていませんでした。
来週の旅行がいよいよ心配になってきました。・・・いくらなんでもその頃には、もっと北へ行っているとは思いますが・・・・。

おとといの話になってしまうのですが、友人にレメディという物を作ってもらってきました。
実のところ、私にはよくわからないのですが、なんでも、植物の波動で悪い部分を治すとかなんとか・・。とても怪しげです。
でもまぁ、気は心と言いますか、最近ちょっと疲れが取れなくて、精神的にもイライラしたりが増えているので、とりあえず、試してみようと思ったのでした。
効果は、すぐに出たり何ヶ月も経ってから出たりとか、人それぞれだそうで、私も2日目の今のところ、まだ効果らしきものは現れていません。まぁ気長に続けてみます。

職場で先輩と話していて、家の中の物が片づかないという話から、着物の話になって、「夏の間は着ないんでしょ?」と聞かれたので
「えっ?着てますよ」と答えたら、驚かれてしまいました。で、汗かいて汚れない?と聞かれたので、あんまりひどくなれば、単衣なら洗っちゃいます。と言ったら、更に驚かれてしまいました。
先輩はお茶を習っていて、その関係で着物歴20何年という方なのです。
「すごいね~。えらいね~。ほんとに着物が好きなんだね」とえらく感心されてしまいましたが・・・。ううむ・・私の着物の扱いのひどさを見たら、感心するどころではないと思うけど・・・。。
先輩は、私の周りにいる、唯一と言ってもいい、きちんと着物を着ている人(なんか変な言い方ですが、基本ができているというか・・・)で、話をしていると、色々勉強になることも多いのでした。
お稽古ごとのために着ている方というのは、けっこうそうみたいなのですけど、季節感とか、TPOはきちんと押さえているけど、着方については、着物に対する気負いがなくて、意外とうるさいことがないので、「この程度でいい」ってゆーのを教えてもらえていいです。
その点「着るために着る」みたいな人(まぁ私もそうだと言われればそうなんだけど)の方が、ピリピリうるさくて怖いです。


★★★今日読んでいる本★★★
「きもの365日」群ようこ/集英社文庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.25

「傾斜」by中島みゆき

みなさんこんにちは。
今日の東京は朝から雨です。でも天気予報は晴れです。これから晴れてくるのでしょうか?
来週から沖縄旅行なのですが、天気が心配です。台風16号はどうなるのでしょうか?その後の台風は発生しないでしょうか?
ネットニュースを見ていたら、宮古島に住んでいる方が、
「3週間で3回も台風が来た。どうして宮古ばかりこんな目に遭うのだ」というような事をおっしゃっているのが載っていました。
うむむ、確かに・・今年は次から次へ、という感じで台風が来ていて、各地で生活や命に関わる被害も出ているし、「旅行云々」と心配している私とは心配のレベルが違うのであった。
でも、楽しみにしている旅行が、毎回台風に当たるってのも辛いッス。

今日友人のお店へ行くので、昨日は美容院へ行ってきました。
私は髪が多いので、ちょっとほっておくと、すぐにボサボサになってしまうのですが、なかなか思った時に行けなくて、やっと行くことができたのでした。
も~う、ここ数日はピンであっちこっち留めて、引っ詰めて、ひどい有様でしたよ。最近は顔に年が出てきて、だらしなくしていると、一気に老けて見えるようになっているし、大変みっともないのであった。
今読んでいる、群ようこさんの本に「年を取るのはいいけれど、老けるのはいやだ」という言葉があって、まさにこれっ!と思いました。
そうそう、私も常々そう思っているのです。年を取るのを嫌がるような顔をする人がけっこういるけれど、ふつーに生きていれば、毎年ひとつずつ年を取るのは当たり前なのに、なぜだろう?と思っているのですね。
むしろ、多目の年齢を言って「そんな年には見えない!」と言われる方が、なんか嬉しくないか?まぁわざわざ多目に年を言うのはともかく、私は若い方に鯖読んで、ほんのちょっと「若い」と言われるより、「年より若く見える」って言われたいけどな~。


★★★今日読んでいる本★★★
「きもの365日」群ようこ/集英社文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.23

着物を洗ってみました

みなさんこんにちは。
今日の東京は曇りです。かなり涼しく、半袖で家を出たら、ちょっと寒いくらいでした。
職場の隣の席では、暑いのが苦手な後輩が「もう夏も終わりかな〜。やったーーっ」と喜んでいるけれど、夏大好きな私は、これで終わっちゃうとかなり寂しい!もっともっと、ガンガン暑くなってくれィ!

先日、汚れていたので着るのを止めた、と書いた着物ですが、前に白州の骨董市で格安で買った絽の着物です。
どうも帯を締めた時に、汗で着物の色が移ったり、汗染みが出てしまった感じで、けっこう広い範囲に汚れているので、長襦袢にしようと思って買ったのですが、汚れのほとんどが着れば隠れる部分だし、色がきれいで仕立てもしっかりしているので、普通に着てみようと思ったのでした。
ですが、合わせたい帯が、先日色移りで失敗した金魚の帯同様、白地の物だったので、また色移りしてもイヤだな〜と思い、少し気になる所を水に漬けてみたのですね(マネしないように)。
結果は・・色は落ちなかったのですが、かなりきつい輪染みが出ました。まぁそれは、古い物なので覚悟はしていたのです。

そんなわけで当日は着ていけなかった着物ですが、その後どうなったかと言いますと、
洗いましたとも。うちのお風呂場で。
時々覗いている遠藤瓔子さんのHPに、単衣の着物の洗い方が書いてあったので、参考にしました。(単衣の着物はけっこう家で洗っている方も多いようで、着物のエッセイとノウハウ・・みたいな本に時々出ていますね)
んで、干す時なのですが、前に1度失敗したことがあって(骨董市で、お店の人も「ダメもとで」と言って売っていたくらい汚い帯。家で試しに洗ってみたら、すごい色移りをさせてしまった上に、ほとんどきれいにならなかったので、そのまま捨ててしまったのでした。でも洗濯の練習にはなった)、それを教訓に、布はなるべく重ならないように干します。
私は、ハンガーにバスタオルをかけて、その上から着物をかけます。袖の所も、中にタオルを入れて、布が触れ合わないようにします。裾の方はベランダの手すりに広げて・・うちのせっまーいベランダでも、充分に干せました。
で、まぁ本当は、生乾きの時にアイロンをかけるといいらしいのですが、私は外出があったので、そのまま乾かしてしまいました(で、やっぱりちょっと縮んだかも)。
古い汚れはもちろん落ちる物でもないのですが、埃っぽさが取れて、かなりすっきりしました。あっ洗っている時に、ナフタリンとホコリの臭いがすごかったです。換気を忘れずに〜。

さて、「大谷さらさ」さんの着物展ですが、今回は、この夏けっこう色々買わせていただいていたので、「着物は買わない!」と決めて出かけたのでした。
ああっでもやっぱり銘仙が〜〜っ!!すっごくキッチュでサイケでかわいいのがいっぱいだったのです〜〜!!!
でも買わなかった!も〜う、見ているうちに頭がグルグルしちゃって大変でした。で、前に他のお店で買った、骸骨模様の着物に合わせる帯を買いました。格安コーナーから。
(※骸骨柄の着物・・よく思い出してみたら、前回の中目黒での「大谷さらさ」さんの着物展で買った物でした。ごめんなさい)

dokuro1.jpg


★★★今日読んでいる本★★★
「異端の数ゼロ−数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念」チャールズ・サイフェ/早川書房

| | TrackBack (0)

2004.08.22

サイクリングと自転車と

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。週間予報では、ずっと雨の予報だったのですが、よい方へ外れて朝からとてもよい天気でした。
ポタ日和です。

って、ことで、先週いったん中止になった、荒川サイクリングへ行って来ました。
昨日ゆっくりさせてもらったおかげで。まぁ体調もなんとかよい感じになりました。
コースは、浮間舟渡の公園から、荒川を下って下って、葛西臨海公園まで、約30kmです。
出発してからは、夫が荷物を落車させちゃったりもあって、いきなり遅れがち・・・。
でなくても、私の自転車は他の人のに比べると、スピード面でかなり落ちる上に、1回中止のリベンジサイクリングだったせいか?他のメンバーはよい調子で走っていて、けっこう大変なのであった。
うむむ・・・今までに参加したポタリングとはちょっと違う。
ってゆーか、今までは町中を走るコースが多かったのが、今日は土手なので、道が走りやすい分、自転車の性能などで差が出てしまったって感じです。
休憩時間には子供の相手でどうしても出発が遅れるし。で、走り出しても、私のストライダはとても分が悪い。私自身もそんなに鍛えてないしサァ。

arakawa.jpg

サイクリング自体はやっぱり楽しいし、自転車好き同士の集まりもおもしろい・・のだけど、今日は、まぁ病み上がりってこともあったし、けっこうきつかったかも・・・。
あっでもなぜか終わった後は、今までより力残っていたな〜。子供は自転車に乗りながらも爆睡していたけれど。
私は、距離が長かった割に、意外と元気なまま帰ってこられました。

しかし・・いつまでも周りの人に気を遣ってもらって走るのも、そろそろ辛いかも・・。
次もシャカリキな走りだったら、ウルトラミニを使わせてもらおうかな〜・・・・。悩むなぁ。

ああ、それと、今回は日焼け止めを塗っていったにも関わらず、また焼けてしまいました。
まめに塗り直さないからなのであった。とほほ。いや、もう、次回は絶対に気を付ける!


★★★今日読んでいる本★★★
ずっと自転車を漕いでいたので、ナシ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.21

夏風邪をひきました

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。太陽はサンサンですけど、風がけっこうさわやかです。
でも今日はほとんど横浜の山の上にいるので、東京は違うかも?

実は、昨日の夕方頃から「辛い・・・」と思っていたら、夕飯を食べた後見事にぶっ倒れました。うう〜ん・・・。
今日になって喉が痛くなっているので、どうやら風邪をひいたようですが、昨夜は全然思いつかなくて、「疲れが相当たまってるんだな〜」と思って、寝てました。
イヤ・・昨夜から体中痛くて、目眩もしていたのだけれど・・・、んで、今朝熱を計ったら38度近くあったのだけど、昨夜はほんとに全然熱があるとか思わなかったのよン。

で、久しぶりに「針灸マッサージ山根」http://www.y-info.com/k-index.html に来てもらいました。
ほんとに極たまにしかお世話にならないのだけれど(遠いから)、施術してもらうたびに新しい機械が出てくる気がする。
で、今回のニューマシン。

ecco.jpg

なんでも超音波で深い所のコリをほぐすとか・・・。
で、喉の痛みとかも、暖めずにほぐせるのでどうとかで、早く直す事ができるとか。
やったことのある人の話だと、かなり効くそうなので、効果が楽しみ。です。
まだ熱もあるのだけど、明日までに風邪がよくなっているといいな〜。


★★★今日読んでいる本★★★
「iアイジャパン 沖縄・奄美」るるぶ社
やる事も、他に読む本もなかったので、4回も目を通してしまいました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.20

着物展in銀座

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。昨日から今朝にかけて、東京はすごい強風で、怖いくらいでした。窓を開けていれば涼しいのですが、風で部屋の中がひどい事になったので、締めてエアコンを入れて寝ました。
そういえば、また台風が来ていますね。ドキドキ、旅行へ行く頃はどうかしら?

今日はこれから「アンティークモール銀座」で開催される「大谷さらさ」さんのアンティークきもの展へ行ってきます。
ってことで、久々にきちんと着物を着ました。しかしあっっつい!
そろそろ秋っぽい柄を、と思ったのですが、着ようと思って出した着物が汚れていたので、急遽路線変更。
sarasa.jpg
というかっこうになりました。
着物と帯は、この間の骨董ジャンボリーとその前の「大谷さらさ」さんの着物展で購入した物。
・・って前にこのブログで、両方とも紹介してますね。

今日の成果は後日。


★★★今日読んでいる本★★★
「iアイジャパン 沖縄・奄美」るるぶ社

| | TrackBack (0)

2004.08.18

知るということ。知識が出会うということ。

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
お盆を過ぎて、空気はすっかり秋めいているのですが、今日も東京は夏日です。
私は9月の始めに行く、沖縄旅行のことで頭が一杯です!すごく楽しみです。
と同時に、台風とか、行きたい所の情報があまりないとか、気がかりもあるのです。特に台風。過去連続で台風に見舞われまくっている、夏休みの家族旅行。しかも今回台風ヒット率めちゃ高の、9月上旬の沖縄。ドキドキです。

さて、私が数学史に興味を持っていることは前に書きました。ってことは、数学自体にも興味があって、それは科学に興味があって、そこから色々読んだりするようになったのですね。
一方で、私はオカルトが好きです。こっちはかなり前から・・もう子供の頃から妖怪が好きで、そこから発展してどんどん興味を惹かれて行ったのですね。
私が科学に興味を持ったのも、元々はオカルトからの流れです。本来私は、理系の勉強が苦手で、高校1年までで数学とか物理なんていうのは、まったくお手上げ状態になってしまいました。数学の宿題を忘れる夢を、毎日見る程恐怖でした。
でも、錬金術が化学に貢献したとも言われているように、オカルトを勉強(?)していると、必然的に科学的知識が必要になってくるのですね。
私がオカルトを「きちんと」勉強しようと思ったのは、ごく最近なのですが、そう思ってオカルトに取り組むと、つくづく科学をきちんと勉強しておけばよかったな~と思うのです。そして、詰め込むだけの「なんでだろう?」が抜けた勉強を離れると、これがかなりおもしろいのです。
今読んでいる「異端の数ゼロ」は、「0」という数がどういう物で、どのように世間に認知されるようになったか。というような話で、代数や幾何の話がけっこうあるのですが、オカルトの戦い(オカルト「との」ではありません)の話でもあるのです。ほんとおもしろいです。

話が変わるようですが、まったく反するように見えることを両方知るというのは、本当に有益です。
「知らないより、知っている方がいいに決まっているジャン」ってことではなくて、反対の考えを知ると、自分の興味がある事について、もっときちんとわかってくるのですね。
あまりよい例ではありませんが、ずいぶん前に、確かNHKのBSで、アフリカのお話で、いくつかのジャンルの学者さんたちが集まって対談をする、という番組がありました。その中で、考古学か民俗学の方が、ある道具について「なぜこういう形をしているのかわからない」という事をおっしゃっていたのですが、それを聞いていた音楽研究の方が一言
「それは太鼓ですよ」と言って、使い方まで説明してしまったのです。
唖然って感じですけど。これを見た時、私はほんとに感動しました。知識が出会うっていうのはすごいことなんですね。

私はオカルトが好きです。オカルトというのは、私は世界の姿を知ることだと思っています。
だから、神秘的な事も、科学的な事もいろんな事を、私は知っていきたいと思うのです。


★★★今日読んでいる本★★★
「異端の数ゼロ−数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念」チャールズ・サイフェ/早川書房

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.16

親はなくとも、子は育ってくれよ

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。昨日の雨がウソのようです。でも空気は爽やかで気持ちいいです。こういう日は、いっぱいどんどん歩いて行きたくなります。
ああ、トレッキングへ行きたい。

なんか、最近のバテバテは、もちろん暑さのせいもありますが、やっぱ育児疲れがあるのではないか?と思っています。4歳児相手に「育児ノイローゼ」とかありなのか知りませんが、体だけじゃなく、精神的にもけっこう追いつめられている気がします。
そう言えば、先日、私と同じ年くらいで、同じ年くらの女の子を持っている方が、事件を起こしてしまって、事務所に相談にいらっしゃいました。この方も何か追いつめられているのかな~と思うと、問題行動に走ってしまう状況というのもわかるような気がしました。

正直に言って、うちの子は「よい子」です。保育園でも、職場でも親戚間でも「よい子」の誉れが高いです。
しかし、どんなに子供がよい子でも、親の私が「子育てはしたくない親」なんで、何をされてもイヤな時はイヤになってしまうのだな~。
よい子な事をされても、虫の居所が悪かったり、タイミングが外れていると、「生意気なガキ」って思ってしまうし。
たまに、どんな子供でも「大大大好き」って人がいるのですが、もう人種が違うって感じです。そう思っていられれば、いつでも楽しく子育てができるんだろうなぁ。あまりうらやましくもないけど。
は~・・こういうのが、子供と一緒に親も育つってことなのでしょうか?
しかし、一緒に育ちきった頃には、子供がぐれぐれにグレまくってたりしてなぁ。
は~・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「品川区史料(13) 品川の地名」品川区教育委員会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.15

ダラダラ休日

みなさんこんにちは。
今日は久しぶりに雨らしい雨の日になりましたね。東京は真夏日連続記録更新が40日間でやっと打ち止めました。
で、昨日までとはうって変わって、今日は肌寒いくらい。極端すぎるっつーの。
で、今日は、荒川へサイクリングへ行く予定だったのですが、この雨で中止でした。
超楽しみにして、準備万端整えていた夫は、ショックでふて寝していました。

下の写真は、昨日の土曜日にあった東京湾花火大会の写真です。
住んでいるマンションから見えました。

tokyowan1.jpg tokyowan2.jpg

会場へ行ったことも何度かあるのですが、行かない時も、ほとんど家から見ています。
なんだか年々よく見えるようになっている気がします。花火が大きく高く上がるようになっているのかしら?
と言っても、昔からここに住んでいる人にしてみると、間に高いビルがどんどん建ってきていて、見えづらくなっているようです。

さて、そして今日ですが、サイクリングが中止になってしまい、夫は午前中ほとんど寝ていて、私と娘はテレビを見たりしながらぼーーーっと過ごしていました。
その後、これも久しぶりに(!)部屋の掃除をしたのでした。
もう、うちというのが、最悪に散らかり放題な家なのですが、それでも1時間程でもかけて片付けると、けっこうすっきりするものなのですね。そう思って、毎日少しずつ片付けていればいいはずなのに、なぜかそれができないんだよな~・・・・。

午後は、雨も上がったので、近くをポタリングしようということになり、外で食事をして、そのまま「品川歴史館」へ行きました。夏休み期間中、キティちゃん30周年記念展をしているのです。サンリオ本社は品川にあるのです。
私が小学生の時には、五反田にあるお店によく行っていました。
娘が喜ぶかな?と思って行ったのですが、意外とキティちゃんには興味を示さず、常設展示場と庭をウロウロして喜んでいました。
夫の買い物や公園に寄ったりしながら帰りましたが、私はけっこう疲れてしまって、やっぱり疲れ易くなっているな~と、トホホな気分になりました。


★★★今日読んでいる本★★★
「品川区史料(13) 品川の地名」品川区教育委員会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.12

夏バテ?

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。でも、最近ちょっとばかり空気が「秋」っぽくなっているように感じるのは、気のせい?
こうして夏は過ぎて行くのだな~。夏大好きなので、やっぱりちょっと寂しい。
でも、まだ夏休み後半戦が残っているんだ~。

今週は、なんだか毎日疲れています。全然疲れが取れません。今朝も全然起きられなくて、悲しくなっていたら、夫から禁酒令が出されました。疲れが残るのは、毎日のようにお酒を呑んでいるせいではないか!?と指摘されてしまったのでした。
うう・・そうかも・・・。呑んでいるのはビールばかりなのだけれど、めっきりお酒に弱くなっているし。
しかも、私は水をあまり飲まない人なのです。なんでだか、喉が渇いた感じがあまりないのですね。でもこれって、暑い時期にはけっこう危ない体質なのではないかと思います。意識して水分補給をしないと、いきなりクラクラきちゃうかも。・・とわかっているのに、やっぱり忘れちゃうんだよな~。
んで、まぁ普段水も飲まずに酒を呑むっつーのは、よけー体によろしくないのでは?と言われたのでした。
真偽の程はわかりませんが、まぁ・・お酒を控えることに異存はないです。


★★★今日読んでいる本★★★
「妖怪ガロ」山口敏太郎/青林堂
まだ読んでます。でもちょっと、期待はずれだった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.11

鎌倉花火大会

みなさんこんにちは。
今日はなんだかはっきりしない天気ですね。雨は降らないという予報ですが、ちょっとどんよりしています。家の中にいると、風もほとんどなく、蒸し暑くて「暑い」を連発してしまいました。

昨日は、鎌倉の花火大会でした。家族で行ってきました。
みんなで浴衣を着て、午後5時くらいに由比ヶ浜の海岸に着きましたが、海水浴の人も併せて、すでにけっこうな人混みでした。
でも、わりとよい場所が取れて、ビールを飲んだりしながら開演を待ちました。
が、海風に煽られながら、浴衣でっつーのは正直かなり辛かったです。とてもゆっくりのんびり花火を待つ、という雰囲気ではありません。ベタベタの潮風で砂は飛んでくるし・・。次回来ることがあったら、もう絶対着物は止めようと決めましたのことよ。
でも、始まってしまえば、後は花火の素晴らしさに心を奪われっぱなしで、それまでの不快をすっかり忘れてしまいました。海上から炎が上がる、海中花火もしっかり見えて、花火も初めて見る物もあり、「おおおーーー」「わあーーーー」を繰り返していました。
kamakurahanabi.jpg

しかし、まぁやっぱり鎌倉という感じですが、出口が少ないのか、会場から出るのにも、駅に入るのにも、すっごい混雑で、たびたび交通整理で足止めさせられました。
そんなわけで、家に帰り着いたのも11時近くて、今日もかなりクタクタです。そして今日は出勤日です。眠い・・・・。
ああ、あと、潮風に吹かれた浴衣を洗わなくちゃな〜。家族3名分。


★★★今日読んでいる本★★★
「妖怪ガロ」山口敏太郎/青林堂
つか、昨日までの4日間、ほとんど本読んでなかったよ。ずっとこの本を眺めてただけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.10

子供と一緒の夏休み

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気でしたね。途中ちょっと、にわか雨?と思うような時もありましたが、やっぱり降りませんでした。

さて、1日遅れの日記です。
昨日は、前日の疲れを考えて、休暇・・つか、夏休みを取っていました。で、子供と一緒にあそんでいました。たまにはこういう平日も、やっぱり必要だと思ったので。
最近になって、やっと、子供とも「一緒に遊んでいる」という感じになってきて、二人で過ごすのも段々楽しい事が増えてきています。
・・とは言っても、やっぱり大変なんですけどネ。

で、一緒に区の防災センターへ行って来ました。
保育園のお散歩で時々行くようで、娘は3Dシアターが好きだそうです。擬人化されたヤカンや電灯が、歌を歌いながら防災知識を教えてくれる、という物で、前から、これを「見せてあげる。見せてあげる」と言われていたのでした。
やっと平日のお休みで、一緒に行くことができました。
夏休み期間のイベントなのか、アニメの上映会(TVアニメなどで、防災を扱った物を放映)もやっていて、けっこう楽しめました。
その後は、防災センターの向かいにある公園で、水遊びをしました。
娘は、防災センターのことしか考えずに来たのですが、公園を見て水遊びの事を思い出したようで、オズオズと
「なんか、お水遊びしたくなっちゃったな〜。お水遊びしても平気かな〜」と聞くので、
「ふふ〜ん、実はね、きちんと水着を持ってきたんだよ」と言うと、
「ステキすぎ〜〜!」と大喜びでした。
IMG_7044.JPG

この日も、自転車で行動していましたが、ガタガタ道もほとんど怖がることなく、坂道でもきちんとブレーキを効かせることができ、もう少しすれば、気持ちのいいサイクリングができそうです。


★★★今日読んでいる本★★★
「妖怪ガロ」山口敏太郎/青林堂

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.09

小旅行

こんにちは。
今日もよいお天気ですね。相変わらず「夏!」という感じで、嬉しいです。
週末、友人たちと富士宮へ旅行へ行ってきました。日曜日の富士宮方面は曇り時々雨でしたが、東京はよいお天気だったようですね。

富士宮へ行ったのは、毎月定例の怪談会で集まっている仲間です。
でも、泊まりの旅行は初めて。
定例の食事会が終わった後、夜中に東京を出ました。予定では、中央道を通って、富士の樹海を通りながら行く、というコースを考えていたのですが、メンバーの一人が土曜の朝に妖しいメールを受けたというお話で、樹海へ行くのは止めました。
問題のメールには、「森へ行ったら命にかかわる」という文章が!なっなんだ〜ぁ!?
今回樹海へ行くという話は、そのメールをくれた人にはしていなかったそうで、あまりのタイミングのよさに、ちょっとビビり。しっしかし・・・・命ですか。

着いた日は、おしゃべりで盛り上がって、翌日はみんなで寝坊して・・・。
お昼近くなってから、「浅間神社」へ向けて出発しました。
着いてみると、浅間神社はお祭りで、太鼓の演奏などで賑やかでした。

(浅間神社のにわとり)
niwatori.jpg

私たちはお詣りをして(ところが、本殿が改装中で幕に覆われていたのでした〜)、湧玉池を見て。神社の周りを流れる川に下りられるようになっていたのを見て、水遊びを始める人もいました。
水は本当にきれいで、冷たくて・・この辺りは風のとおりもよくてほんとに気持ちのいい所です。
お昼は、期待の焼きそばを食べに行きました。
お店は、浅間神社の大鳥居を出たすぐ近くの「明日香」という所で、楽しくおいしく焼きそばをいただいて、みんな満足でした。

次は、私の大お奨め「人穴」へ。
「吾妻鏡」にも出てくる、古くからの洞窟です。人穴神社は、江戸時代の富士講で栄えた神社で、今は寂れた感じですが、雰囲気があってとてもよいです。
人穴へ行く前にちょっと寄った「ミルクランド」では、ジェラードも食べたし。
渋滞を考えて、3時過ぎに富士宮を出ましたが、短い時間で、かなり楽しく過ごすことができました。


★★★今日読んでいる本★★★
「妖怪ガロ」山口敏太郎/青林堂

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.07

夏休み

みなさんこんにちは。
今日はとうとう曇りです。雨も降りそうです。ぐわーーーんっ。これから友人達と旅行に出ると言うのに〜〜〜!!!行いの悪いのは誰だ〜〜??

午前中は、家族で品川水族館へ行きました。
娘がお父さんに「行きたい」と言ったのだそうです。で、午後までは私も時間があったので、一緒に行ってきました。
しかも、娘が「自転車で行きたい」と言うので、けっこうな距離をサイクリングすることになりました。
普段からヘタレな娘に、悪い予感はあったのですが、せっかく自転車に乗りたいというのを止める理由もないので、家族そろってチャリチャリ水族館へ行きました。
あまりゆっくりもできなかったのですが、アシカショーとイルカショーを見て、娘お気に入りの「ふれあいコーナー」のクイズをしたり、でけっこう楽しむことができました。

で、心配していたサイクリングですが、水族館の中では「疲れた〜。抱っこして〜」と騒いでいた娘も、帰りには「自転車をこぐ元気はあるの」と、しっかり最後まで自分でこいで帰ってこられました。
坂道も、ほとんどの所で自分だけでクリアできて、おお〜〜っっという感じでした。
oyako.jpg


★★★今日読んでいる本★★★
「妖怪ガロ」山口敏太郎/青林堂

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.06

RISKY GLASSH

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。朝はザァッと降ってきそうな空でしたが、今すっかり晴れています。
明日から1泊で友人達と出かけるので、週末は晴れてもらいたいものです。

今でも売っているとは思うのですが、私が買ったのは、もう10年以上前になります。
ご存知でしょうか?「リスキーグラッシュ」というバランスゲームです。

glassh.jpg

ルールが簡単でわかりやすいので、ずいぶん前に子どもと一緒に遊んだのですが、覚えていて、昨日突然「やりたい」と言い出したので、再び出してきたのです。
材質は、プラスチックと紙という安っぽさですが、グラスがちょっときれいで、おしゃれな感じがするのでした。
子どもも4歳にもなると、かなり上手に積んでいけて、大人ともいい勝負をしていました。ただ、集中力が続かないので、結局途中で「もう止める~」となってしまい、最後は、私と夫の勝負に。
写真は、勝負付かずで、最後まで積み上がったところです。


★★★今日読んでいる本★★★
「スサノオ 第1号-特集 鬼と日本人」勉誠出版

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.04

無謀な挑戦<実践編>

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
昨日、久々に会った職場の人に、9月頭に沖縄へ行くと話したら、派手に
「えええーーーっ台風平気なの〜!?」と言われてしまいました。
言わないでよ〜〜!気にしてるんだから!

さて、シミ抜きの続きです。っても大した話でもないのですが。
昨日書いた物を用意します。油性汚れの時は、水じゃなくて、ベンジンとかを用意するのですね。
まず、シミの近くの縫い合わせてある所をほどきます。で、帯地の下に折ったタオルを入れます。
最初これをしないでやっていたら、芯に色が移ってしまいました(当たり前か)。
次に、少し濡らした歯ブラシで(小さなシミなら、綿棒で)、ひたすらシミを叩く!タオルにシミが移ったら、タオルのきれいな部分を当てて、さらに叩く!付ける水は周りに広がらないように、なるべく少なく。汚れが取れたら、少し濡らしたタオルで、周りに広げるような気持ちで軽くこする(輪染みの心配がないなら必要ないです)。
石けんはできれば使いたくないのですが、水だけでは落ちなかったので、今回は使いました。やり方は水だけの時と同じ。石けんは付けすぎない(歯ブラシでチョンと固形石けんの表面をこする程度)。で、汚れを落とした後、石けんを落とすために、ちょっと多めの水で叩く。という作業を入れます。
ちょっと根気がいるけれど、これでかなりきれいになりました。
で、最後にほどいた所を縫い直して、ヲワリ。

でも、やっぱ「よい子はマネしないでね」なのかな?
今回は、あくまでもアンティーク物で、他にもくすみや汚れがあったので、ちょっとくらいシミが残ってもほとんど目立たない、という状態の物であった。という事と、地の色が白だったので、扱いが気楽だった。のだと思って下さいな。
それに実のところ、やっぱり輪染みは少し出てしまったのですよ。

ただ、「絹」というだけで、必要以上に扱いにビクビクする必要はないと思うのですね。
以前読んだ着物のエッセイの本に「半襟も、絹だと家で洗えないので」と堂々と書いてあるのを読んで、のけぞった事があります。少し気を付ければ、簡単に洗えるよ~~。
でも、着物歴30年の職場の先輩も、長襦袢をクリーニングに出す時に、くっつけておいて、一緒に洗ってもらうそうです。まぁこの先輩は、半襟も自分では付けられないそうですが・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「スサノオ 第1号-特集 鬼と日本人」勉誠出版

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.03

無謀な挑戦

みなさんこんにちは。
今日はちょっと曇っていますね。少し雨も降りました。

さて・・・私は、あまり気が長くありません。思い立ったらすぐやりたいって人です。
で、やってしまいましたよ。また・・・
それは、帯のシミ抜き。
先日、金魚の帯に浴衣の色が移ってしまった話を書きましたが、洗いに出すかどうか悩んで、結局丸洗いに出すことに決めました。
ところが、そこで、私は考えたのです。どうせ洗いに出すのだから、ついでに、話に聞いたシミ抜きの方法を試してみようかな~っと。失敗してもその後きれいにしてもらっちゃうんだから、まっいいかな~っと。
・・・実は、一度失敗しているのです。
まだ、着物を着始めたばかりの頃、お端折の所に濃いシミがあるので、格安だった古着の訪問着。隠れる場所だったのですが、気にしだしたら気になってしまい、酔った勢い(バカ)で、市販のシミ抜き剤でこすって(!)しまったのです。シミは取れない上に、輪染みが出ちゃって、翌日ソッコーで悉皆屋さんへ持ち込みました。
その頃は、シミの種類によって取り方が違う、なんてことも知らなかったのですね。
ちなみに、そのシミはきれいさっぱり取れましたが、私がこすった部分の染めが少し薄くなってしまいました。

そんな失敗をしていながら、今回、またもや自分でシミ抜きをする。
なぜそんな気になったのかというと、同じ色が移った肌襦袢が、家での洗濯でキレーになってしまったので、
「ふつーの水洗いでも落ちるんだな~」と・・なんか、思ってしまって。
siminuki.jpg

で、結果ですが、
きれいになってしまったのです!わはは。
で、洗いに出すのはやめましたわぁ。
やり方は、長くなりそうなので、後日アップします。


★★★今日読んでいる本★★★
「異端の数ゼロ−数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念」チャールズ・サイフェ/早川書房

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.08.02

落ち着かない休日

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。朝は本当にさわやかで・・今年の夏はめっちゃくちゃ暑いけれど、子供の時にあった、夏らしい夏が帰ってきたようで、ちょっと嬉しいです。
元々夏が好きっていうのはありますけど、それでも今年の夏はよい感じです。

昨日は、結局お祭へは行けませんでした。
お祭は夕方からなので、「それまでどうしようかね〜」と朝話しているうちに、久々に娘の自転車練習も兼ねて、近所をポタしようということになりました。
が、色々家の中のことなどして、出かけたのは結局午後。
ooi.jpg
子どもの走りなので、遠くへ行けるわけでもなく、近所の公園まで自転車で行って、そこでお弁当のお昼を食べて、かくれんぼなどして遊びました。
まだまだ、坂道になると怖がってしまうのだけれど、ブレーキも自分の判断でけっこう効かせられるようになってきているし、スピードも出せるようになってきていて、
・・・まぁ、だんだんと上手くなってきているようです。
その後は、自転車で出たついでで、駅前まで行って買い物をして帰ってきたのですが、
「ちょっと」のつもりが、お店に入ると「あれもこれも」になってしまい、意外と時間をかけてしまったのでした。
よいお天気だったので、ポタリングはとても気持ちよかったですが、家に帰ってくる時にはかなりクタクタで、休んでいるうちにお祭へ行く気が失せてしまいましたとさ。
って、実はクタクタゴロゴロしていたのは、私だけで、夫と娘は、その後さらに車でホームセンターへでかけていましたが・・・。まぁそんなのもあって、お祭の時間は終わってしまったのだよ。

う〜・・お祭はともかく、盆踊りへは行きたかったな〜。
私が子供の頃は、夏の間、毎日のようにどこかからお囃子が聞こえてきていたのだけれど、この辺りへ越してきてからは、聞かなくなってしまった。
それが、最近はやっていないのか、この辺りではやっていないのか、実はやっているのだけれど、私が知らないだけなのかはわからないけど、ちょっとつまらないな〜。


★★★今日読んでいる本★★★
「異端の数ゼロ−数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念」チャールズ・サイフェ/早川書房

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.01

隅田川花火大会

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。昼間はめちゃくちゃ暑いけれど、朝晩はよい風が吹いてちょっと気持ちいいです。
昨日は隅田川の花火大会でした。雨が心配されたけれど、ほんとよいお天気でよかったです。
私たち家族は、夫のお友達のご好意で、合羽橋にあるビルの屋上から花火見物ができました。

hanabi.jpg

私と娘は浴衣を着ていきました。
以前、姫さんのブログで話題になっていた、ステテコを履いていったのですが、脚がサラサラして快適でした。
ところで、私はひとつ大きな失敗をしてしまい、ちょっと落ち込み気味です。
というのは、昨日は「大谷さらさ」さんの所で買った、金魚の帯を初めて締めたのですが、先日ネットオークションで落札した、絞りの浴衣に合わせたら、この浴衣から色移りしてしまったのです。半幅部分と、お太鼓の上に。
藍染めなので、充分予想できたはずなのに、古着ってことで油断していたかも。
不幸中の幸(?)は、汗での色移りで、体に当たる部分なので、締めれば隠れてしまうということ。つーか、自分では最初そんなに気にしていなかったのですが、「こんなになっちゃたよ〜」と夫に見せたら、即答で「これはひどいね!」と意外と驚かれちゃって、「えっ?そんなに?」と、それでショックを受けてしまったかも・・・・。
浴衣は、ソッコーで水通ししたけれど、まだ何回かやらないと安心して着られないよ〜。今日のお祭へも着ていくつもりだったのになぁ。

(で、昨日はこう合わせていました。)
kingyo.jpg


★★★今日読んでいる本★★★
「異端の数ゼロ−数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念」チャールズ・サイフェ/早川書房

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »