« サイクリングと自転車と | Main | 「傾斜」by中島みゆき »

2004.08.23

着物を洗ってみました

みなさんこんにちは。
今日の東京は曇りです。かなり涼しく、半袖で家を出たら、ちょっと寒いくらいでした。
職場の隣の席では、暑いのが苦手な後輩が「もう夏も終わりかな〜。やったーーっ」と喜んでいるけれど、夏大好きな私は、これで終わっちゃうとかなり寂しい!もっともっと、ガンガン暑くなってくれィ!

先日、汚れていたので着るのを止めた、と書いた着物ですが、前に白州の骨董市で格安で買った絽の着物です。
どうも帯を締めた時に、汗で着物の色が移ったり、汗染みが出てしまった感じで、けっこう広い範囲に汚れているので、長襦袢にしようと思って買ったのですが、汚れのほとんどが着れば隠れる部分だし、色がきれいで仕立てもしっかりしているので、普通に着てみようと思ったのでした。
ですが、合わせたい帯が、先日色移りで失敗した金魚の帯同様、白地の物だったので、また色移りしてもイヤだな〜と思い、少し気になる所を水に漬けてみたのですね(マネしないように)。
結果は・・色は落ちなかったのですが、かなりきつい輪染みが出ました。まぁそれは、古い物なので覚悟はしていたのです。

そんなわけで当日は着ていけなかった着物ですが、その後どうなったかと言いますと、
洗いましたとも。うちのお風呂場で。
時々覗いている遠藤瓔子さんのHPに、単衣の着物の洗い方が書いてあったので、参考にしました。(単衣の着物はけっこう家で洗っている方も多いようで、着物のエッセイとノウハウ・・みたいな本に時々出ていますね)
んで、干す時なのですが、前に1度失敗したことがあって(骨董市で、お店の人も「ダメもとで」と言って売っていたくらい汚い帯。家で試しに洗ってみたら、すごい色移りをさせてしまった上に、ほとんどきれいにならなかったので、そのまま捨ててしまったのでした。でも洗濯の練習にはなった)、それを教訓に、布はなるべく重ならないように干します。
私は、ハンガーにバスタオルをかけて、その上から着物をかけます。袖の所も、中にタオルを入れて、布が触れ合わないようにします。裾の方はベランダの手すりに広げて・・うちのせっまーいベランダでも、充分に干せました。
で、まぁ本当は、生乾きの時にアイロンをかけるといいらしいのですが、私は外出があったので、そのまま乾かしてしまいました(で、やっぱりちょっと縮んだかも)。
古い汚れはもちろん落ちる物でもないのですが、埃っぽさが取れて、かなりすっきりしました。あっ洗っている時に、ナフタリンとホコリの臭いがすごかったです。換気を忘れずに〜。

さて、「大谷さらさ」さんの着物展ですが、今回は、この夏けっこう色々買わせていただいていたので、「着物は買わない!」と決めて出かけたのでした。
ああっでもやっぱり銘仙が〜〜っ!!すっごくキッチュでサイケでかわいいのがいっぱいだったのです〜〜!!!
でも買わなかった!も〜う、見ているうちに頭がグルグルしちゃって大変でした。で、前に他のお店で買った、骸骨模様の着物に合わせる帯を買いました。格安コーナーから。
(※骸骨柄の着物・・よく思い出してみたら、前回の中目黒での「大谷さらさ」さんの着物展で買った物でした。ごめんなさい)

dokuro1.jpg


★★★今日読んでいる本★★★
「異端の数ゼロ−数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念」チャールズ・サイフェ/早川書房

|

« サイクリングと自転車と | Main | 「傾斜」by中島みゆき »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/1254650

Listed below are links to weblogs that reference 着物を洗ってみました:

« サイクリングと自転車と | Main | 「傾斜」by中島みゆき »