« そろそろ夏休み | Main | 太陽がまぶしすぎ! »

2004.07.16

骨董ジャンボリー

みなさんこんにちは。
今日もいい天気でしたね。東京は夕立がありましたが、あまり涼しくもならず、なんだか湿度だけが上がったようになってしまい、夕方になってもけっこう暑かったです。

行ってきました「骨董ジャンボリー」
2年くらい前から行き始めたのですが、今回初めてアーリーバイヤーデーに行きました。
バイヤーデーなんていうので、どんな感じなのかとちょっとドキドキしていたのですが、休日に行くのとそんなに変わりませんでした。むしろ平日で空いていて、落ち着いて会場を回ることができました。
でも、開場の3時間以上も前から並んでいる人もいたそうです。で、「明日はもっと早く来なくちゃ」と言っている人もいました。気合い入ってるな〜〜!
私と夫は、開場ちょうどくらいに着いて、列に並ぶのと列が動き出すのが同時くらいでした。
出店している人のお話では、例年2日目が一番混むようです。もしかして、掘り出し物もその日の方があるのかな?でも、今回のアーリーバイヤーデーはお客さんの入りが今いちだったようです。そこかしこで、そんなような会話が聞こえていました。景気は回復傾向だってことですけど、骨董の人気に翳りが?ちょっと複雑な気持ちです。

今回もまた「大谷さらさ」さんへおジャマしました。
縮みとか銘仙のかわいい物がたくさん出ていました。が、今回の私の目的は、ひたすら「帯」。
よけいな物を買いすぎないように、着物はあまり見ないようにしました。
し・・しかしっ・・・目的の帯は「こういうのっ」というイメージはかなりはっきりしていて、それにぴったりな物が、すぐに見つかったのですが・・・・他の物を見ていたら、も〜う、どれもこれもかわいくてステキで、目移りしまくりでした。とほほ。
で、ですねぇ、いきなり全然違う物を買ってしまいましたとさ。
しかも、会場を一通り見て回った後、やっぱり最初に考えていたイメージの物もほしくて(当然と言えば当然ですが・・・)、それも買ってしまいましたとさ。しかも、も一度お店へ行った時も、また他の物を見て迷ってるし・・・。

(そしてこれが、最初に考えていたイメージで、やっと買った帯)
ayameobi2.jpg

「大谷さらさ」さんのお話では、やはりいい物は関西の方が残っているのだそうです。というのは、東京は空襲があったから。それを言うなら関東大震災とかも関係あるのかな?幸田文の「きもの」にも震災の時の着物事情が出てきたなぁ。
関西の方では、まだ蔵の中とかにけっこう古いいい物が残っていたりするそうです。うう、うらやましい。
あっあと、今回買えてよかった物。
裁ちばさみと糸切りばさみ。今使っているのが、小学生の時買った裁縫セットの物で、全然切れないので、ずっといい物がほしいと思っていたのでした。
夫の趣味で前回も伺った「萬屋」さんで、きちんと研いで、かみ合わせなど調整してもらった物を買うことができました。今までの裁ちばさみは重くて堅かったのですが、今回のは、持った時からすごく手に馴染んで、切れ味もしゃきしゃきした気持ちのよい物です。

今回は、夫婦だけで見て回れたので、落ち着いてゆっくり見ることができ楽しかったです。
いつもは行かない、西洋骨董スペースまで全部回ることができました。で、今回は買えませんでしたけど、アンティークの、アクリル(?)のバッグがかわいくて、メロメロでございました。
はああ・・物欲は尽きぬ・・・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「百鬼徒然袋−風」京極夏彦/講談社ノベルス

|

« そろそろ夏休み | Main | 太陽がまぶしすぎ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38232/987014

Listed below are links to weblogs that reference 骨董ジャンボリー:

» 骨董ジャンボリー [Return of the まにあな日記]
東京ビッグサイトで実施中の骨董ジャンボリーに足を運んでみた。まぁ、毎回来ているんだけど、ここの難点はフリマと違って、どれもこれもそれなりの値段だってこと。これは... [Read More]

Tracked on 2004.07.17 at 23:23

« そろそろ夏休み | Main | 太陽がまぶしすぎ! »