Main | July 2004 »

2004.06.30

選ぶ楽しみ?頭痛の種?

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。
朝はザンザン降ってくるような雰囲気だったのに、お昼過ぎにはびっくりするようなまぶしいお天気になってしまいました。ちょっといい加減、悪い天気ももう少しあった方がいいのではないか?って気になってきました。

今日は久しぶりに仕事がかなり忙しかったです。
実はここ2年ほど、すっご~~い暇な日々が続いていて、たま~に今日のように忙しい日がある程度なのでした。仕事のカンが狂って困ります。今日もなんか調子がでなくて、前にやった仕事を手本に書類を作ろうと思ったのに、その仕事が思い出せず、頭を抱えてしまいました。まだ思い出せません。ふ~。

さて、今浴衣を買おうと思っているのですが、選びすぎて選べない泥沼にはまりつつあります。
私はここの所ネットオークションでの購入ばかりで、そのせいもあるかも・・・。ちょっと「いいかな?」と思う商品でも、値段が上がってくると、今ひとつ踏み切れないで、買い逃してしまうのです。まぁこういうのは慎重になった方が失敗も少なくてよいのかもしれませんが、逆に、ある程度のリスクを覚悟して思い切らないと、いつまでも手に入らないということもありますね。
あ~・・どうしよう。悩む・・・。
絞りの・・着物代わりに着られる、ちょっとしっかりした物が欲しいのだけれど、絞りがいい物はサイズが合わなかったり、仕立てがちょっと気に入らなかったり。しっかりしてそうな物は柄が今いちだったりで・・。
まぁ、まだ夏はこれからなので、もう少し悩むのもよいかな?


★★★今日読んでいる本★★★
「幽 vol.1/ダ・ヴィンチ7月号増刊」メディアファクトリー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.29

忙しい週末

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。空気がすっかり「夏」って感じですね。

ブログは3日もさぼってしまいました。
土日は部屋の片づけをしていたのでした。
も~う、各方面から「いい加減に片づけをしろ!」と非難されまくっての大掃除でした。しかしの~・・趣味の違う家族と幼子を抱えていると、片づけと言っても、なかなか大変なんですよね・・。私がどんなに「こんな物いらないっ」と思っていても、夫には大切な物だったり、逆もまた然り。2人ともコレクター入ってるし。
集中して片付けたくても、子どももすぐに飽きてしまって「遊んで遊んで」攻撃が始まるしサ。
そしてひたすら片付けにいそしんだ結果が月曜に出て、朝っぱらから子どもに大いにすねられて、「保育園へ行きたくない」「気持ち悪い」「頭が痛い」と訴えられ、結局私は仕事を休んで子どもの相手をするハメになったのでした。
これってどうなんでしょう?本当は具合など悪くないのは明らかなのだけれど、私は、ここでフォローしておかねば後に問題を残すような気がするので、仕事を休んでも子どもの相手を優先してしまうのですが、逆の考えというのもあるのではないかと思うのですね。
もうひとつ言うなら、私は実のところ、子どもと一緒に1日過ごすよりは、仕事に出ていた方がいいと思っていて、普段は仕事優先で、もうこれ以上はほっておけないってくらいまで放っておいてしまっているのかもしれません。正直言って「何をさしおいても子どもが大事!」という程の気持ちはありません。
本当はそこの所を、毎日きちんとフォローできていれば、いいのかもしれませんが、今はこれが精一杯って感じです。とほほ。
あっこういう事を書くと、たまに「あなたの子どもがかわいそう」とか似非慈悲をかけて下さる方がいるのですが、かわいそがってもらっている子どもを育てるのは、かわいそがってくれている人ではなく、こんな半端な「わたし」ですので(ちょっと過去のことを思い出して怒ってます)。

さて、夫と共に、土日かけて部屋の片づけをしていたわけですが、なんとか片づいたのは玄関と、私たちがタンス部屋と呼んでいる半物置だけでした。って玄関も、結局捨てる予定の物を積んでしまったので、今のところあまり片づいた感じがないかも~~。
まだまだ他の部屋も片付けねばと思うと、クラクラします。しかし、毎回よくまぁこれだけゴミが出るってくらい、すごい数のゴミ袋になるのですが、部屋はあまり広くならないんだよね~。なぞ。

さて、私が今回「絶対捨てる!」と心に誓っていた物があります。
それは、「旅行パンフレット」
行った土地のパンフレットも色々あるのですが、全然まったく足を踏み入れたことのない土地のパンフレットが、段ボール箱いっぱいに詰まっていたのでした。
よく東京駅を通っていたのですが、時々観光イベントをやっていて、その度にいろ~んなパンフレットをもらってきていたのでした。もうほとんど趣味。だって、まだ見ぬ土地のきれいな写真とか観光情報とか、楽しいじゃないですか?地図とかももらえたりすると、けっこう役に立ったりするし。
しかし、もうさすがにいい加減にしとけってくらいの量でしたし・・・情報も古いし、だいたい何時そこへ行くんだ?ってことで、残念にも処分することにしたのでした。
それにしても・・集めている時はあんなに楽しかったのに、処分するのはけっこう大変なのね・・。


★★★今日読んでいる本★★★
「幽 vol.1/ダ・ヴィンチ7月号増刊」メディアファクトリー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.25

懐かしのホラー

みなさんこんにちは。
天気予報では「一時雨」と言っていたので、大した降りはないだろうと傘も持たずに家を出たら、けっこうな降りに遭ってしまい、職場に着いた時にはびっしょりでした。
午後はすごい蒸し暑さですね。

ブログを始めて2週間ほどになりますが、その間着物のことや、ポタリングのことなどをぽつぽつ書いてきました。
でも、このふたつ以上に長いこと、私の趣味の大きな部分を占めていたことがあります。
それは、「オカルト」です。厳密な意味でのオカルトではなく、なんとなく怪しい事全般だと思って下さい。
子どもの頃から「妖怪」が好きだったのですが、そういう物を調べたりすることが「民俗学」という学問に入ると知り、宮田登や井上円了を読んで、読んでいるうちに「怪談」に興味を持ち、友人からの話を収集したりして、そんなこんなから「オカルト」にも興味を持って、オカルトを理解するには「自然科学」も必要だな~とつくづく思い、「数学」や「物理」の簡単な本を読みながらも、ほとんど理解できず、奥の深さにため息をつくのでした。

最近は「陰陽道」や「錬金術」が流行っているのだそうですね。オカルトですね。
「怪談」もまだ、ちょっとばかりは流行っているのでしょうか?それ系の本はよく目にするのですが、それが流行っているからなのか、自分が好きなため目に付くのかは、よくわかりません。
「錬金術」はマンガからの流行だそうですね。何年か前に流行った某アニメのカバラなども影響しているのでしょうか?今そういうマンガに熱中している小学生などの中から、まじめに魔術師を目指す子とか出るかも知れませんね。楽しいですね。

そんな事を考えながら、自分が子どもの頃読んだ、ホラーマンガの事など思い出していました。
その中で堀泉下さんという方の作品を思い出したので、少し書かせていただきます。ホラーというよりメルヘンをよく描いてらしたと思います。
私が初めて読んだのは「裏屋敷の住人達」という作品ですが、デビュー作だったようですね。リリックなきれいな絵の不思議なお話で、ずっと印象に残っています。
あまり作品は多くないように思いますが、ホラーでは「全部で四人」が代表作になるのでしょうか?これもなんとも言えない不思議なオチで、コミカルな展開が、最後にズーーーンと怖くさせられます。学校怪談の王道って感じです。
他に私が覚えているのは、発表された作品の最後期になるのではないかと思うのですが、雑誌で読んだだけで、作品名も覚えていないのですが、妖精の取り替え子をテーマにしたお話で、残酷で怖かったです。
派手ではありませんが、印象に残るお話を描いていますね。もちろんホラー以外にも、ステキな作品をたくさん描いていらっしゃるのですが、今日の話題とは関係ないので、ここではしませんね。

ふと、最近の作家の方では、TONOさんがこういう傾向の作家さんかもしれない、と思いました。
ストーリーも雰囲気も全然違いますが、少女の頃読んで、大人になってから懐かしく思い出せる作品、ということで。


★★★今日読んでいる本★★★
「新耳袋 第9夜」木原 浩勝 ・ 中山 市朗 /メディアファクトリー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.24

夏の匂い

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。週末はまた梅雨空だそうですが、水不足は大丈夫なのでしょうか?
こういう空を見ていると、海へ行きたい気持ちがむくむくと湧いてきます。今年の夏は絶対海へ行きたい!ここ数年、海へ行くタイミングがはずれまくって、全然よい天気に恵まれていないのです。今年はどうかしら?
でも、夏休みをもらう予定が9月なので、フツーの週末で行くのはちょっとやだなー。最近ヘタレ・・・。

今朝の通勤電車の中で、おつきあいのある事務所の方と会いました。聞けばこの路線沿いに住んでいるというお話なので、今までにも同じ電車に乗っていたかもね。
しかし私は、破滅的に人の顔を覚えられない人で、今日声をかけていただいた時も、
「知ってるような顔・・」と思っただけで、ちっとも気が付きませんでしたよ。
どれくらい覚えていられないかというと、前に電車の中で、ジロジロ私を見ている人がいて「変なオヤジ」と思っていたら、自分の実の兄だった。という・・・こうなるともう、障碍の一歩手前かも・・・。

一年半ほど前、子どもの送迎用に買ったペアバイクが、壊れてしまいました。ハンドルのセッション部分の金具がパッキリと。夫が言うのには、ここが壊れる折りたたみ自転車は、けっこうあるってことですが、こういう自転車に慣れていない私には、こんな風に自転車が壊れるというのに、ビックリです。ちょっと困りました。
まだまだ使っていきたいので、部品取り寄せで直せればいいんですけど、修理にあまりお金がかかるようなら、新しい物を買わなければなりません。最近生活の出費が嵩んでいるので、ちょっと辛い。とほほ。

あっそうそう、昨日は無事、夫の浴衣も見に行けました(その代わり、娘の水泳道具のことをすっかり忘れてしまいましたが・・・)。
まぁ昨日は本当に見るだけで、吊しの物を合わせてもらうと、おおっと感動するくらいLサイズがピッタリでした。つか腹出過ぎなのではーーー!?夫も好きなアンティーク物だと、この体型をカバーできる物はほぼないのであった。
どうせならいい生地の物がいいし。作るしかない?


★★★今日読んでいる本★★★
「幽 vol.1/ダ・ヴィンチ7月号増刊」メディアファクトリー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.23

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。暑くて、すっかり真夏のようです。

今週は、なんだかすごく寝不足です。睡眠時間は取っているはずなのに、眠くて眠くて、あくびばかりしています。ふわ~~・・・。
あっでも昨日は、久しぶりにすごい夜更かしをしたのだった。なんだか気持ちが沈んでしまって、一人で夜中ウイスキーを飲みながら、パソコンでゲームをしたり、絵を描いたりしていたのであった。・・・実は、以前HPに載せていたCGを、そのうちこちらにも載せたいと思っているのです。
それにしても、今よりいっぱい描いていたはずなのに、その頃のを改めて見ると、ほんと下手くそで、凹みます。ってゆーか、もう何年もまともに描いてなくて・・フォトショップの使い方も忘れ切っているしで、以前より確実に今の方が下手になっているわけで・・・。とほほ。
付き合ってくれると思った夫も、サッサと寝てしまうし・・・。かなりブルーになったのでした。
ウイスキーを飲んでいたら、なんだかキャンプは行きたくなりました。考えてみると、キャンプの時って、よくたき火をしながらウイスキーを飲むものなぁ。条件反射だ。夏だし。

本格的に暑くなる前に、部屋の片づけもしなければなぁ。ああ・・・・。
色々やらなければならない事を考えると、ドキドキして悲しくなってくる。
今日はなんか、ダメダメな日です。眠いし。早く仕事終わってくれないかな~~。
帰りに大掃除用に、収納家具を見に行く予定。週末は大掃除です。少しは過ごしやすい部屋になってくれるのでしょうか?
家具を見に行く前に、夫の浴衣を少し見ておきたい。


★★★今日読んでいる本★★★
「幽 vol.1/ダ・ヴィンチ7月号増刊」メディアファクトリー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.22

繕いの魅力

みなさんこんにちは。
台風一過。よいお天気ですね。でも、私が住んでいる町は前を見て歩けない程の強風です。周り中そうなのかと思っていたら、職場の方々のおうちの方は、それ程でもないという話です。うちは海が近いせいでしょうか?
家からの途中に、なぜか眼鏡が落ちていて、この強風で、ポケットから落ちたのに気付かずに行ってしまったのかしら?と思いながら、少し行くと、なんと、もうひとつ眼鏡が落ちているのでした。ひとつでも珍しい落とし物なのに、ふたつも・・。ミステリー。

一昨年買った娘の浴衣が小さくなってしまったので、先日ネットオークションで古着の浴衣を買いました。
サッカー地に朝顔柄の、懐かしいような、涼しげな浴衣です。
どれくらい古い物なのか、前の持ち主がどうやって手に入れた物なのか、まったくわからないのですが、これがとてもステキな物でした。
私は、自分で裄や身丈くらいは直すのですが、手縫いというのは、ほどいて見ると、それぞれ縫い方の癖のような物があって、おもしろいですね。
今回の浴衣は、衿や揚げなどがとても丁寧に始末してあって、感激してしまいました。もしかして、おばあちゃんの手作り?な~んて想像してしまいます。
身揚げについては、私はちょっと苦手なので、せっかくきれいにしてあるのをほどくのが忍びない程でした。が、これを直しておかないと、せっかくのよい物もきちんと着られないので、惜しみながらほどきました。
あっでも、「こうやるときれいに始末できるんだ」ってゆーお手本になりました。
古い着物を買うと、繕いがあることもありますが、上手い繕いは、芸術作品のように感じます。
まぁ、ボロってことなんですけど。
実際、気に入って買ったはいいが、とても着られないような物もあります(身丈90cmくらいの子ども用なのに、墨染めで裏は紅絹という味のある物。すごいボロなのに、なぜか夫が気に入って買ってしまった)。
私は、物を見る目もないので、「やっぱり戦前の物は、染めが違うのよっ」な~んて言うことも出来ないし、飾って楽しむような優雅な趣味もありません。それでも、ただ眺めているだけで幸せな気持ちになれるような物が、確かにあるのですね。
子ども用だからボロでもいいや、と買った古い長襦袢が、繕いの見本市のようなのですが、あんまり雰囲気がステキなので、子どもに着せるのがもったいなくなってしまったこともあります。

娘に着せるように、初めて買った着物は、洗い晒した感じがとてもステキな、綿の綿入れでした。
小さな子どもに、そんな得体の知れない古物をっ!ってゆーのもよくわかるのですが・・・、これが、ずっと頬ずりしていたいような、サイコーの気持ちよさなんです!絶対に新品には出せないよさ。
もうすっかり小さくなってしまったけど、冬になったら、半纏代わりに着せてみようかなぁ?

こうやって見ると、なぜだか子ども物の話ばかりですね。なぜだろう?たまたま?それとも、子ども物のアンティークは、もともと数が少ないので、残っている物は必然的によい物ばかり、という事なのかなぁ?


★★★今日読んでいる本★★★
「暦と占いの科学」永田久/新潮選書

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.21

ドライブ

みなさんこんにちは。
とうとう台風が来ましたね。でも時々陽が射したり、変な空模様です。

週末富士宮の別荘もどきへ行ってきました。
なんだか必要以上に用意に手間取って、忘れ物を途中で思い出したりもして、遅い出発になってしまいました。
到着した時には、少しは手伝うはずだった畑仕事も、ほとんど終わってしまっていて、結局子どもが楽しみにしていたじゃがいも掘りを少ししただけでした。
ちょっと掘るだけで、ゴロゴロ出てくるじゃがいもに、子どもは大喜びでした。一ヵ所掘り終わって次のスペースへ移動しようしても、
「まだだよ。もっとあるよ!」とずんずん掘って、はしゃいでいました。
imohori.jpg

その後は、私の両親たちと、富士宮市ひばりが丘に去年できた「富嶽温泉花の湯」へ行きました。入場料2,000円で、ちょっと高め?という感じもしますが、施設の充実ぶりがすごくて、半日くらい居て、のんびりするつもりで行くのなら、ぜったいお得です!
先月初めて行って、大お気に入りになりました。キッズルームも広いし、無料で使えるトレーニングマシーンやゲーム機も楽しめます。
お風呂の種類も豊富で、ぬるめのお風呂や、女湯には、一人で温度調節をしながら入れる猫足バスなどもあって、子連れにはマジ嬉しいです。

翌日は、夫の友達と、久々の自動車の走行会で、御殿場へ。待ち合わせ時間を聞くと、けっこう早めで、ちょっと焦りました。
正直に言って、今回この集まりに参加したのは、自分的には失敗でした。
私も久しぶりに会う人たちだったので、ぜひ、と思って行ったのですが、
私自身、「3日間ゆっくり眠らせて欲しいっ」と言っているような疲れもあって、気持ちは全然乗らないし。子どもも、こんな山道で車に揺られるのはすごい久しぶりで・・・最近車に乗っても、あまり嫌がらなくなっていたので、うっかりしてしまっていたら、ゲボしてしまったのでした。
薬も持っていたのに、ほんとうっかりしてました。泣き声で「ほんと、車大嫌い!」と言っているのを聞いて、苦しい思いをした上に、服を汚してしまい、どんなに辛かったろう、と思い、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

どうも、私は夫に対する依存心が強くて、彼がどこかへ出かけると言うと、すぐについて行きたくなってしまうのです。独身の時は、なんでも一人でできていたはずなのに、結婚した途端、すごい甘ったれになってしまったようです。
今回も、
「子どもは連れて行くから、一人でのんびりしていればいい」と言ってもらっていたのに、それはイヤで、ついてきたのでした。
そうではなくて、子どもだって車に長時間乗るのが嫌いなことはわかっているのだし、子どもと二人、家で過ごしていたってよかったのに。予定のない休日を、きちんと過ごせるようにならなければいけないなぁ。
子どもといると、自分がまだまだ大人になりきれていない所を、思い知らされたりするのですね。

ただ、ドライブインの芝生で編んであげた、レンゲの腕輪を嬉しそうにはめていたり、食事に寄ったお店の、生け簀の魚を見て大喜びしたり、子どもにとって、イヤな思い出ばかりにならなかった、というのが、少しの救いでした。


★★★今日読んでいる本★★★
「暮らしのきもの歳時記」鳥羽亜弓/インデックス出版

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.19

いってきます

みなさんおはようございます。
今日もよいお天気です。梅雨はいったいどこへ行ってしまったのでしょう。
今日はこれから富士宮へ行きます。
どんなかっこうで行こうかな〜。
明日お友達に会うので、着物?って思ったけど、今日は畑仕事の手伝いだし、いきなり
「何しに来たの」って言われそうなので、着物は持っていくことにしようかな?

で、ペンタブレットで書き初めです。
natsukimono.jpg

どんなでしょう?
ああっあんまり、マウスで描いたのと、変わりないかも〜〜〜っ。ガーーン
でも描きやすさが全然違うの。


★★★今日読んでいる本★★★
「暮らしのきもの歳時記」鳥羽亜弓/インデックス出版

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.18

ウズラとダチョウ

みなさんこんにちは。
今日もいいお天気です。
天気予報では、梅雨の空が戻ってくるような話をしていましたが、今の所その気配なしです。
週末は富士宮へ行く予定です。日曜日に、夫の車のお友達と御殿場で走行会があるので、実家の別荘(?)に前泊です。
週末の天気は悪いのかな?雨なら雨でも、畑仕事の手伝いをしないで済むので、みんなで温泉センターへ行ってもよいかも・・・。あっでもそれでは走行会がダメか。

遅刻常習犯の私ですが、今日は「大丈夫!」なはずが、またまた大遅刻をしてしまいました。・・・自分が悪いんですけど・・・。
朝の食卓の会話で、ウズラの話が出て、そこから流れ流れてダチョウの話題が出たのです。ダチョウと聞いて、私は小学校低学年の時、担任の先生が好きでよく読んでくれた絵本・・「片足ダチョウのエルフ」を思い出し・・・
泣ける話なんだよ~とあらすじを話しながら、ウルウルしてしまったのでした。マジまいりました。ウルウルはボロボロになり。我ながら呆れるほどに涙が止まらないのです。そしてどうしても結末が語れなかったのでした。いくら感動ったって、そこまでじゃないだろ?って自分突っ込みしたい!!
そんなこんなで、なんかわけもなくっつか、わけはあるのだけど・・無闇に盛り上がってしまい、その後のあれこれがガタガタになってしまったのでした。
でもサ、ウズラの雛って、ほんっとーーーーーっにかわいいですよねっ!

さて、昨日待望のペンタブレットが届きました。
今朝セットしたのですが、使用感が、前に使っていたのと全然違う!!!
あの、その・・なんかすっごく違和感があって使いづらいのです。うへ~~・・慣れるまで大変そう。きちんと設定とかするといいみたいだけれど、画像の大きさとかに合わせていちいちするのは、とりあえず、ちょこちょこっと描きたいだけの私には「めんどくさい」というのが本音。
しばらくは苦労しそうです。


★★★今日読んでいる本★★★
「暮らしのきもの歳時記」鳥羽亜弓/インデックス出版
いい加減読み終わってやれ
 ↓
「暦と占いの科学」永田久/新潮選書
でも、実はこの本を読むのは2回目。すっごく面白くて、内容を暗記したいくらいなのです。
だから読み終わっても、近いうちにまた読み返すつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.17

毎日着たい!

みなさんこんにちは。
今日は、朝はけっこう「寒っ」ってくらいだったのですが、お昼近くなって暑くなってきました。
梅雨の中休み・・いつまで続くのか?

「新版 浴衣の次に着るきもの」
文章はかなり素人っぽくて、わかりづらい所もあったりなのですが、目から鱗が落ちるお話がいっぱいあって、とても勉強になりました。こういう事を伝えられる方は、かなり貴重かも。

で、突然ウールの着物に注目ですっ!
誠に無知というか、頭の回転悪くて恥ずかしいのですが、私はこの本を読んで、初めて
「ウールの着物って、そういう物だったんだ~~!」
と納得。ってゆーか、私が一番最初に買うべき着物はこれだったんじゃないか?
着物に関する本は、それなりに読んでいると思うのだけれど、「普段着にはウール」なんて書いてなかったよ?「普段着は紬か小紋」くらいしか書かれてなかった(と思う)。こういう所で独学の弱さが出るな~。でも着付け教室でも、そういう事は教えてくれないのかな?
前に、職場の先輩に、ウールの着物がたくさん余っているので、いらない?って聞かれて、ウールってのは、なんとなく野暮ったいイメージだけがあったので「いりません」と即答してしまったのでした。あの時断っていなければ、今頃着物長者だったのに~~。
で、今回「普段着に着るのは、ウールなんですね」って話をしたら「そうよ~。前にそう言ったじゃない」って言われてしまいました。しまった。何か耳に蓋していたようです。

元々私が着物を着たかったのは、「普段着で着物着てます」なんて言えたら、ちょっとカッコイイじゃん?ってゆー、しょーもない野望があったからなんですけど、結局それは最初だけで、最近はすっかり「おしゃれ着」になっていたのです。
というのも・・言い訳っぽいですが、やっぱり着物を着ながら家事をしたりするのは、色々不便があったのですね。
その筆頭が、なんと言っても「汚しても簡単には洗えない。濡らしてはいけない」だったのです。だから、着物姿の時には、お皿洗うのにも気を遣ってしまったりしていたのです。
木綿や化繊は知っていたのに、なぜか、ウールは「無視」してしまっていたのでした。
でも、でも、いいじゃん?ウール。「気軽に着る」「日常に着る」。これですよ、これっ!安いしサ。それによく見れば、ウールも野暮ったい柄ばかりではないのですね。ってしごく当然な事に、やっと気が付いたのでした。
今まで誤解してて、ごめんウール。

な、わけで、ウールで再び「普段着和服」に挑戦します!

さて・・ってことで、今までなかなかきちんと言う機会がなかったことを、ここで書いておきます。
私がしたい着物生活とは。
洋服を着るのと同じ気持ちで、和服を着たい。
なのです。
えっと、洋服を着る時にも、「今日はパンツをはきたい」とか「今日はワンピース」ってのがあります。もちろん特別にいい洋服を着る日もありますけど、ほぼ毎日が特別な事なんてない日なわけです。でも服を着ない日はない。
そんな、特別じゃない日も含めた毎日に着る服の、単なる選択肢のひとつとして、
「今日は洋服より、和服って気分」って感じに、着たいのです。私はそんな、「特別じゃない」着物生活をしたいのです。


★★★今日読んでいる本★★★
「暦と占いの科学」永田久/新潮選書

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.16

ノロノロ

みなさんこんにちは。
今日もいいお天気ですね。
今日は自転車通勤の日です。家を出た瞬間「寒い!」と思ってしまうほど、涼しかったですが、走っているうちには汗が出てきて、涼しい風が、かえって気持ちよくなってきました。風邪をひかないように気をつけねば。
実は、家を出るのがすっごく遅くなってしまって、理想時間より20分、ギリギリ時間より10分も遅れて、大遅刻でした。
けっこう早くこげるようにはなってきたのですが、出発が遅くなれば、道路も混む時間になるので、結局しゃかりきにこいでも早くは着けないのですね。

このブログを始めるに当たって、雑記にちょっとしたカットを入れようと計画していました。
で、マウスで描いてみたのが、ご覧の物です。
・・・・・ひどい。
いえ、元々すっばらしい絵が描けるわけではちっともないのですが、それにしてもこれはひどい。というわけで、ペンタブレットを買うことにしました。以前も使っていたのですが、パソコンを新しくした時に使えなくなってしまい、そのままになっていたのでした。
で、ブログに視覚的にアピールする要素を加えたいので、さんざん渋っていたけど導入します。ネットで注文してもらって、もうすぐ来るので、楽しみ。
って、使うのは私だ。きちんと活用できるのでしょうか?

話はガラッと変わってしまいますが、今日、健康診断の結果が来ました。まぁ概ね良好。
概ねというのは、ランクは「B」だったのですが、なぜ「B」だったのかというのが、体重と血圧が引っかかっていて、両方とも数値的に低すぎという結果だったからです。
でも、血圧なんて低いからと言っても高くしようもないし、
女として気になる体重に関しては・・・・去年に比べて、2Kgほど増えているのでした~~~~!!!
出産しても以前の体型をキープし続けていた身としては、かなりショック!いわゆる
ちゅ・う・ね・ん 太り
ってやつでしょうか~~~っ!がーんっ・・・・・。
そして、いわゆる標準体重というのが、私がいっちばん太っていた頃の体重と同じ!なのですが、その頃の写真ときたら、丸まるのパツパツのアンパンマンなのでしたっ!
これはやっぱ、これで標準体重を目指せってのは、かなり惨いですよっ。
な、わけで、
たとえ不健康と言われても、あと2Kgは体重を減らしたいと強く願うのでした(マル)


★★★今日読んでいる本★★★
「新版 浴衣の次に着るきもの」鳥羽亜弓/インデックス出版
でも、「暦と占いの科学」永田久/新潮選書
もまだ途中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.15

新しい出来事

みなさんこんにちは。
今日もよいお天気ですね。陽射しがかなりまぶしいです。紫外線なんて普段はほとんど気にしていない私も、昨日今日は日傘を持っての外出です。

自転車に乗るようになって、なぜか雑誌に載せていただく事が続いています。
前回は「家族でサイクリング」みたいな割と大き目の記事で、日時も前もって決めて、インタビューがあって、色々準備してからの「取材」でした。
今回は小さなワクですが、自転車のイベントに参加した時の物を載せて頂きました。でも、内容はあまり自転車とは関係ないかも。
正直恥ずかしいので、なんの雑誌だかはヒミツ。気が付いた人だけ気付いておいて下さい。だってサぁ。いきなり街頭インタビューみたいなので、焦っちゃって、質問の答えとかウソだしサ。
でも、写真を撮ってもらう時、通行人に止まってもらったりして、ポーズとか決めてもらったりで
「わ~いいのかな~。そんなにしてもらっちゃって~」な感じで、けっこうドキドキでした。
そう言えば、自転車通勤を始めたばかりの頃、某巨大掲示板に、なぜか私の事が書いてあって(書いたのは、まったくの通りすがりの見知らぬ人)、ちょっと恐かった事があります。
自転車通勤もやや流行っぽいですが、まだ女性でやっている人は、少ないってことなんでしょうかね?

まぁ今までしなかったような経験をしている、のは確かですね。雑誌に写真が載るのは、かなり恥ずかしいですけど、ちょっとワクワクもします。

★★★今日読んでいる本★★★
「新版 浴衣の次に着るきもの」鳥羽亜弓/インデックス出版

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.14

はじまりはじまり

こんにちは。
ホームページの更新に挫折して、ウェブログへやってきました。
旅行のことや着物のことや散歩のことや、日々思うあれこれ・・・ってつまり雑記ですけど、そういう事をたらたらと書いて行こうと思っています。

ほんとは昨日から始めるつもりが、いきなりできてませんっ!
画像編集ソフトを半年ぶりくらいに立ち上げようとしたら、風車がくるくる回り続けて、立ち上がってくれませんでした。チクショーーーーで、凹んだのでやめました。

で、今日が初日です。おとといの土曜日のはなし。
「大谷さらさ」さんのアンティーク着物展へ行ってきました。若いお嬢さんが店長さんだからか?ポップな商品が揃っています。
着物を着ていこうと思っていたのですが、あんまりよいお天気だったので、家族でポタリングがてら行くことにしました。自転車は、いつものペアバイクと、久々にウルトラミニを出しました。
夫がチューンしているウルトラミニを、久々に使わせてもらったのだけれど、すっごい快調!通勤に使っているストライダも楽しいけれど、これもメチャクチャ気持ちEッス。目黒川沿いをチャリチャリ楽しく上って行きました。

中目黒駅近くの、住宅街にあるギャラリーが会場です。
着物をザッと見させて頂いた時は、ピンと来る物がなくて、正直「買う物はないかも」と思ったのですが、帯の中に、これはっ!な物が!!!
絽にちーいさな桜を小紋に染めた、パッと見かわいいだけの藍色の帯なのですが、よく見るとお太鼓に、地と同色で、カワセミのような鳥の刺繍が入っているのです。引き抜き帯は結んだことがないので、どうかな〜とは思ったのだけれど、あんまりステキだったので、これは絶対買い!です。結び方は練習すればいいんだしサ。
hikinukiobi.jpg
調子づいて、再度着物ウォッチング。
ガイコツ模様の物がいくつかあって、よく見ると、袷の着物も1枚ありました。本当に欲しいのは、絵羽柄なのだけれど、これは型染めの続き柄。
正直織りも今いち、染めムラもあるし、虫食いやスレも少しあるし・・・きれいにはなってるけど、う〜ん、どうしようかな〜。
でもっここで買わなかったら、すっごく後悔しそうっ!ってわけで、これも買い。
って、実は前にネットオークションで、すっごくステキな野ざらしの長襦袢があったのだけれど、実物を見ないで競る度胸がなくて、すっごく後悔してしまったのです。ああ、未だに思い出すと悔しい!
着物はもう1枚、小千谷縮のオーソドックスな物を買いました。
・・・って、最初の目的は「明るい色の夏着物」だったのだけれど、買ってないじゃん。明るい色。

午後は、娘の自転車練習のため、近所のスポーツ公園へ行きました。
初めて家の周りで乗った時に、ちょっとの傾斜やデコボコにびびってしまい、買ったばかりの時は大喜びだったのが「自転車に乗る?」と聞くだけで、顔色が変わる程になってしまっていたのです。
で、アップダウンのない所で練習です。
最初は「恐い恐い」と泣きそうだったのが、慣れてくるにしたがって笑顔も出て、自ら「坂道へ行く!」とチャレンジャーな発言。乗り降りも一人で上手にできるようになって、結局2時間近く走っていたのでした。
私の方がクタクタです。でも、自転車を少しでも楽しいと思ってくれるようになって、よかったぁ。

夜、うつらうつらする中で、今日買った着物や帯を、どうコーディネートするか想像してワクワクしました。


★★★今読んでいる本★★★
「暦と占いの科学」永田久/新潮選書

| | Comments (1) | TrackBack (2)

Main | July 2004 »